2012年11月24日 (土)

よこすか能2012

昨日は「よこすか能」で「茨木童子」という新作能を観ました。シテ・叔母真柴/茨木童子は観世喜正師、ワキ・渡辺綱は福王和幸師です。
これは蝋燭能にふさわしいとても素晴らしい演目でした。あまり上演されないようですが、またぜひ観たい能です。

私は以前から、能でもオペラでも新作ものや新しい演出はあまり好きではなく、古典を古典的な演出で行う形が好きでした。
しかし、昨年の「よこすか能」で創作狂言『彦一ばなし』を観て大変面白かったことから、もっと素直な気持ちで観ようと思うようになりました。

考えてみれば、今古典と言われている作品も、初演時は新作だったわけで、それが何百年も受け継がれて古典になっていったのです。そう考えると、この「茨木童子」という作品は、これから先、必ず素晴らしい古典作品になると思いました。

津の国から渡辺綱の叔母真柴が訊ねてくる場面は、しみじみ、しっとりとした雰囲気、そこから後半へ向かっての舞の場面、戦いの場面などはダイナミックな展開で観るものを飽きさせません。新作能「茨木童子」は、能の持つ様々な魅力を全体にちりばめたような素晴らしい作品です。

見どころは沢山あるのですが、叔母が、唐櫃の中から切り落とされた鬼の腕を奪い取る場面はやはり一番の見どころではないでしょうか。すごい迫力でありドキドキしました。その時の地謡がなんとも良いですね。

その時叔母は彼の腕を。ためつ。すがめつしげしげと。
眺め眺めていたりしが。次第次第に顔色かわり。隙を伺い彼の腕を。取るよと見えしがたちまちに。鬼神となって飛び上れば。

「ためつ。すがめつしげしげと。」という表現の通り、叔母の姿に身を変じている茨木童子の表情は瞬く間に変わっていきます。一流の能楽師が演じれば、能面は恐ろしいくらい表情が変わりますが、その豹変ぶりは怖いほど迫力がありました。

中入後に茨木童子が登場する場面は舞台中央から。大きく浮かび上がる茨木童子の巨大な影が迫力を感じさせます。
能舞台の場合、橋掛かりから登場するのが普通ですが、こうしたダイナミックな演出ができるのもよこすか芸術劇場という大舞台ならではのもの。舞台上を取り囲む和蝋燭の神秘的なゆらめきが幻想的で、視覚的にも大変楽しめる演出でした。

そういえば、土地柄、外国の方もいらっしゃったのですが、この舞台を観て日本文化の奥深さを感じられたのではないかと思います。日本に能楽という文化があって良かったなと思いました。

他に、狂言「蝸牛」シテ・野村萬斎師など上演。

~新作能「茨木童子」あらすじ~
源頼光の家臣・渡辺源次綱は、羅生門での件の後、陰陽師・安倍清明より七日以内に鬼が仇討に現れるので門を閉ざして潔斎するよう教えを受ける。六日目の夜、津の国から綱の叔母が訪れ、綱は一旦体面を断るが、涙を流す叔母の後姿を見て門を開き招き入れる二人が昔を懐かしみ対面の祝いの舞を舞う中、謡に鬼の詞章が出ると叔母は綱が切り落としたという鬼の腕が見たいと頼み、大恩ある叔母の頼みに綱は鬼の腕を封じた唐櫃を開くと、叔母はその腕を奪い取り鬼神となって飛び去る。綱が後を追い羅生門にたどり着くと、そこに茨木童子が本来の姿を現し、叔母に化けて切られた腕を取り返したと語る。怒る綱は再び討ち取ろうと挑みかかるが、やがて暗雲に覆われて茨木童子は姿を消す。
(2012年11月23日(金)横須賀芸術劇場、新作能「茨木童子」パンフレットより引用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

まだまだ上り坂

「まだまだ上り坂」=狂言師の野村万作さん―春の叙勲・旭日小綬章

 「狂言の地位を上げ、少しでも隆盛になるようにやってきました。また頑張ろうという気持ちになりますね」。狂言師の野村万作さん(80)は、柔和な笑顔で旭日小綬章受章の喜びを語った。
 3歳で初舞台を踏み、父の六世野村万蔵の下で厳しい修業を重ねる一方、「子午線の祀(まつ)り」などの現代劇に出演。「違いがわかる男」のCM出演でも狂言への関心を高めた。2007年に人間国宝に認定され、今も元気に舞台に立つ。
 今後演じたい曲として真っ先に挙げたのは名曲「釣狐(つりぎつね)」。1956年以来、26回も演じて磨き上げ、近年は面や装束なしの袴(はかま)狂言の形式で取り組んでいる。
 「中身が狐になれば、顔までも狐になっていく。狐の姿を借りて人間の心を表しているということを描きたい。行き止まりはありません。まだまだ上り坂です」。 
(Yahoo!ニュース-時事通信4月29日(日)8時53分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000012-jij-pol

野村万作さん、受章おめでとうございます。
万作さんの舞台はいつも瑞々しい生気に溢れていて、観客である私たちにエネルギーを送って下さいます。
演者、観客いずれにとっても片時も気を抜けない「釣狐」の舞台を拝見した時は、初めて狂言の奥深さを感じました。
人間国宝としての万作さんの舞台は、単に伝統文化の保護継承だけではなく、日本人の倫理観、自然観、また哲学といった深い精神性を感じさせるものがあります。
このところ何となく意気消沈気味の日本ですが、「まだまだ上り坂」とおっしゃる万作さんのパワーに引っ張って行ってもらいたい気持ちです。
これからもお元気で・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 1日 (日)

蛸の精に遭遇

震災以降引きこもりがちだったのですが、昨日は久しぶりに能楽堂に行きました。
野村萬斎師の「狂言ござる乃座」46回目の公演で、大変珍しい演目「蛸(たこ)」を観ました。
後半、蛸の精が出てくるのですが、その扮装(特に頭の部分)が、何と、まさにリアル蛸。
蛸が頭の上に載っているといったらよいでしょうか。
頭が蛸なのではなくて、頭の上にさらに蛸の頭が載っているという、奇妙な蛸の作り物です。その蛸の頭が照明でテカテカ光っているところが何ともユーモラスな光景でした。
パンフレットの解説によると、この作り物はお父上の万作師の工夫だそうです。
以前、狂言の解説書で「蛸頭巾」を被った写真を見たことがありますが、今回の物は全く違うものです。これはすごい発想だなと思いました。
正直、幕が上がって蛸の精が登場した時は、あまりに奇妙な形に思わず笑いが・・・
ところが、狂言ですから笑ってもいいはずなのに、なぜか皆さん笑わない。「口真似」であれだけゲラゲラ笑っていた両隣の方たちも全く笑わない。う~む、一人笑いをこらえるのが大変でした。
後半、生前の蛸の苦しみを萬斎師考案の「吐墨」という小書で表現されたのですが、非常にリアルで面白いアイデアでした。まだご覧になっていらっしゃらない方のために、その種明かしはしないでおきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

私の好きな能面

三井記念美術館で行われている「能面と能装束」展を見に行ってきました。
こういう展覧会はもう何度も見ていますし、何よりも実際の能を観ているので、今回は説明文をほとんど読まず、面を感じるままに見ました。

やはり惹きつけられた面は伝日氷(氷見)宗忠作の老女、痩男、痩女でした。
死者の顔から写し取ったとされる表情は、面とは思えないほど生々しく、ガラスケースの中の面がまるでどこかの博物館に展示されているミイラのようにも見えました。

龍右衛門作とされる小面(花の小面)は大変美しく魅力的な女性ですが、私はこうした美女よりも泥眼や怪士(あやかし)といった金泥や金環が施された霊的で怪しげな雰囲気を醸し出している面が好きです。曲見(しゃくみ)や深井といった憂いを含んだ中年女性の面も魅力的ですね。

男性の面では他に喝食(かつしき)が好きです。怪しげな美少年といったところが何とも言えない魅力です。実際、喝食は女性禁止の僧院で給仕や僧侶の身の回りの世話をするのが仕事の有髪の少年のことをいいますからどことなく怪しげな雰囲気が漂っています。

他にも囃子の楽器と謡本、能装束も展示されていますので興味のある方は見に行かれてはいかがでしょうか。

<関連記事>
能楽堂で死者の声を聞く
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_17a2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

よこすか能2011

昨日は「よこすか能」に行ってきました。主な演目は蝋燭能『鉢木』(シテ佐野常世:観世喜正)、狂言による『彦一ばなし』(シテ彦一:野村萬斎)です。

『鉢木』は良く知られた作品なのでお話をご存知の方も多いでしょう。本当は身分の高い人が姿を変えて現れたり、武士道や忠誠心を称えたりといったような作りは、水戸黄門や忠臣蔵など日本人が好む物語だと思います。
しかし、今の日本人に佐野常世のような人がどれだけいるのかな、とも観ながら考えてしまいました。
この作品は、ワキが前後で扮装を変える(前ワキ:旅僧、後ワキ:最明寺入道北条時頼)のも珍しく、また、舞などもなく、あまり能という感じがしないところも特徴です。

『彦一ばなし』は大変面白かったです。これは熊本の昔話をもとにした木下順二氏の民話劇です。私は能でも狂言でも、いわゆる古典ものばかり観ていて、創作ものはめったに観ることはなかったので、この作品も今回初めて見ました。

この作品は初演は昭和30年とのことで、創作ものとはいえ結構歴史のあるものです。野村萬斎師のお父上の万作師が天狗の子を演じられたという話は聞いたことがありましたが、今回初めて観てこんなに楽しい作品だったのかと驚きました。
狂言ではありませんが、狂言の様式を非常にうまく生かした作品だと思います。

「よこすか能」は非常に歴史があるそうですが、蝋燭能となったのは割と近年だとか。私は、すべての作品を蝋燭能でやらなくてもいいのではないかと思います。「よこすか能」の始まりは三笠公園での薪能だったそうですから、室内で薪能の雰囲気が出せる蝋燭能に変わっていったとも思われます。

確かに、蝋燭能にふさわしい演目はありますが、薪能ではなくホール内で行われるものですから、わざわざ夕方開演にしなくてもいいのにな、と思うのです。できれば普通の能公演のように午後2時開演にしてもらえないかな・・・

ところで、横須賀の町は最近はほとんど訪れることが無くなってしまったのですが、久しぶりにスカレーちゃんのお店で食べたカレーは相変わらず激ウマでしたshine

ちょっと残念だったのは老舗百貨店「さいか屋横須賀店」。食品売り場に用事があって行ったのですが、表通りの本館は解体工事中で新館と南館だけになっちゃたのですね。
以前はそれなりに若者向けのファッションのブランドがいくつも入っていて華やかな百貨店らしい雰囲気でしたが、今はすっかりミセスの百貨店というイメージ。ちょっと寂しいです。
本館だったところはどうなるのでしょうか?人が賑わうような再開発ができると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

久々の能楽堂

今日は国立能楽堂で行われた「万作を観る会 傘寿記念公演」に行ってきました。東日本大震災以降能楽堂に行くのも控えていましたが、記念公演とのことでしたので久しぶりに出かけました。

詳しいことは他のブロガーさんたちが書いて下さると思うので略しますが、やはり注目は『翁』だったと思います。三番叟を萬斎師、千歳を万作師のお孫さんの裕基君という組み合わせはこうした特別公演でしか観られなかったと思います。しかも、裕基君は千歳の披き。裕基君はまだ12歳とのことですが、私はこれほど若い千歳を観るのは初めてでした。

裕基君の舞台は小さい頃から見ているので、何だか身内のような気持ちになってしまうのですよね。思わず『がんばって』と心の中で叫びたかったです。きっと他のお客さんたちも同じ気持ちだったのではないでしょうか。その気持ちが届いたのか裕基君は大役を立派に果たしました。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

萬斎師の三番叟を見ていたら、「萬斎襲名披露公演」の時の三番叟を思い出してしまいました。あの時はピリピリした緊張感がこちらにも伝わってきて、見ているこちらも体が硬直してしまうほどでしたが、今日の三番叟はさすがに貫禄がありました。

万作師の『火打袋風流』のシテ初演もめったに観ることができない演目でしたし、観世銕之丞師の舞囃子『高砂』など、今日は記念公演にふさわしい格調の高い演目を沢山観ることができ楽しめました。

会場にはドナルド・キーン氏がいらっしゃいました。パンフレット寄稿文を読むと、キーン氏と万作氏との交流は非常に古いことがわかり驚きました。京都に在住の頃には狂言も学んでいらっしゃったとか。日本文化が大好きなキーン氏ですが、今日の舞台を観てどんなことを感じたのでしょうか。私も久しぶりに伝統文化の世界に浸って日本の良さを再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

アズチェーナが好き

今日は新国立劇場でオペラ「イル・トロヴァトーレ」を観ました。ヴェルディの作品の中でも私はこの演目がかなり好きです。椿姫を好きな方が多いと思うのですが、私はなぜかイル・トロヴァトーレの方に惹かれるんですよね。なかでもアズチェーナが好き。謎めいて魅力的な人物です。そのため、この演目は色々な演出で何度も観ました。
今回は舞台装置と演出が独特でよかったと思います。「死の象徴」(あれは一種の死神でしょうか)を最初から最後まで舞台に登場させた演出は賛否両論あるかとは思いますが、話の流れを左右するほど強烈な印象ではなく、オペラとも調和していて違和感無く観ることが出来ました。衣装も羽のような衣だったせいか、文字通り象徴というかその場の空気のような存在として描かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

感動した!

ボローニャ歌劇場「清教徒」行ってきました。
キャスト変更続出については先日のエントリでかなり不満がある旨述べましたが、結果からすると今日の公演は良かったです。
特にアルトゥーロ役のセルソ・アルベロさんはフアン・ディエゴ・フローレスさんから変わったので、どうなんだろうかと心配していたのですが良かったです。問題があるとしたらフローレスさんファンの方にとってはルックスですかね・・・
ランカトーレさんはルックスも歌声も美しくて素晴らしいソプラノでした。
結果、今日の公演はブラボーの嵐。会場はかなり盛り上がっていたと思います。これは日本人の評価が甘いのではなくて、本当に素晴らしかったし、なにより放射能の心配がある中来日してくれて感動を与えてくれたことに感謝します。
ボローニャ歌劇場側もかなり気を使っていたみたいで、開演前に歌劇場総裁がステージで挨拶を行いましたし、豪華パンフレットも無料配布でした。
『もう来日オペラは観に行かないかも』とこの前までは思っていましたが、今日の公演を見てちょっと気が変わったところです。
会場には小泉元首相もいらっしゃっていました。盛んに拍手されていて、オペラ好きの小泉さんも『感動した!』って感じでしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

リチートラ氏死去

世界的テノール歌手リチートラ氏死去、バイク事故で頭部強打

 [ミラノ 5日 ロイター] 3大テノールの1人、パバロッティ氏の後継者と目されていた世界的テノール歌手のサルバトーレ・リチートラ氏が5日、イタリア南部シチリア島カターニアの病院で死去した。43歳だった。 リチートラ氏は8月27日、同島ラグーザ近郊でスクーターを運転中に事故に遭い、頭部を強打。ヘリコプターでカターニア市内の病院に搬送されたが、昏睡(こんすい)状態が続いていた。 同氏のウェブサイトには「サルバトーレ・リチートラは復活しなかった。医師は脳死と判定した」とする声明が掲載された。家族が脳死判定後に臓器提供に同意したという。 スイス生まれのリチートラ氏は1998年に歌手デビュー。2002年にニューヨークのメトロポリタン歌劇場でパバロッティ氏の代役を務め、その名を世界にとどろかせた。
(Yahoo!ニュース-ロイター9月6日(火)11時7分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110906-00000362-reu-ent

謹んで御冥福をお祈り致します。
リチートラ氏は近々来日公演を行うボローニャ歌劇場の「エルナーニ」に出演するはずだったのですが残念でした。

ところで、そのボローニャ歌劇場日本公演ですが、ひどいことになっています。
というのは、次々と出演者の変更があり、当初出演予定だった歌手目当てにチケットを購入した方はがっかりというか騙された気分です。

「カルメン」ドン・ホセ役に出演予定だったヨナス・カウフマン氏が胸部のリンパ節の切除手術を急遽受けることになりキャンセル。
同じく「カルメン」エスカミーリョ役に出演予定だったパウロ・ショット氏が「声帯に発声障害が生じている」との医師の診断によりキャンセル。
同じく「カルメン」ミカエラ役に出演予定だったアレッサンドラ・マリアネッリ氏が「熱をともなう重症の咽頭炎・扁桃炎で15日間の治療と完全な休養が必要」との医師の判断によりキャンセル。
「清教徒」のアルトゥーロ役で出演予定だった、フアン・ディエゴ・フローレス氏が、「声帯を支える軟骨付近に充血と肥大。3週間の声帯の休養が必要との医者の診断によりキャンセル。
同じく「清教徒」に出演予定だったアルベルト・ガザーレ氏が、重度の腎臓結石による痛みと発熱のため、医師より15日間の安静が必要との医者の診断によりキャンセル。
そして、とどめがサルバトーレ・リチートラ氏の死去。

ここまでキャンセルが続けばピンとくると思いますが、理由はズバリ福島原発の放射能汚染を恐れてのことでしょう。皆さんもっともらしい理由をつけていますが、それ以外考えられません。

実は私も「清教徒」のチケットを買ってしまっているので、フローレス氏が来日しないのはがっかりです。以前彼のオペラは見ているのでいいか、と諦めていますが、彼が放射能を恐れる理由もわかりますから仕方がないですね。しかし、変な理由をつけてキャンセルするよりも、「放射能汚染が心配だ」という理由で潔く来日を取り止めてくれればよかったのにと思います。

その点、主催のフジテレビはどう考えていたのだろうと思いますね。やはり取り止め、払い戻しとなると大変な損失になりますから、こういうことになってしまったのだと思いますが、ここまで出演者の入れ替えがあるならば中止するのが賢明だったと思います。

私は3.11の震災以来、舞台芸術を観に行くことをすべてキャンセルしており、未だに気が進まないのでボローニャ歌劇場公演も中止になることをずっと願ってきました。結局、こんな形で無理やり開催されるので、あまり気が進まないのですが行く予定です。
しかし、今後来日オペラ公演は当分遠慮して、新国立劇場だけにしようかなと考えています。

恐らく、放射能の件が完全終息するまで今回のようなことは起こるでしょうし、そもそも、日本にまともな形で来日してくれる歌劇場があるのかなと疑問に思います。
今回、主催者のフジテレビの判断に大変な怒りを感じているチケット購入者が大勢いると思います。日本人の気質として、恐らく公演自体は何とか無事に終えるでしょうけれど、その怒りは来日オペラ離れという形で現れるでしょう。

そもそも、来日オペラのチケットは高かったのに、フジテレビや朝日新聞といったマスコミが来日オペラを興行するようになって、さらにチケット代が値上がりしていき、有名歌劇場や有名歌手にとって「日本は高くて当たり前」の状況を作り出してしまったのは問題です。今回のことに懲りて、今後マスコミは来日オペラから手を引いてほしいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

思い出の能『安達原』

今日は世田谷パブリックシアターで『能楽現在形』を観ました。演目は能『安達原』、半能『絵馬』です。

私にとって『安達原』は能を観始めた頃一番印象に残っている思い出深い演目です。谷村一太郎師がシテを務められた舞台を観たのですが大変感動したことを覚えています。
また、若い頃の野村萬斎師がアビニョン演劇フェスティバルに出演した際、やはり『安達原』の能力の役を演じていました。これはNHKで放映されましたが、セリフや詞章を全部覚えてしまうくらいビデオを何度も何度も繰り返し見たものです。今日、久しぶりに萬斎師の能力を観て、アビニョンの映像が蘇ってくるようでした。

世田谷パブリックシアターの舞台は光と闇の演出が素晴らしいですね。人里離れた寂しい野原を表現するだけではなく、寂しげな一軒家に住む女の心理描写まで観る側の想像力を掻き立てます。
糸繰り車を繰る場面はどこか能『砧』に通じるものがあり、女性の哀しさ、寂しさ、恨みや怒りが複雑に混じった何とも物悲しい気持ちが伝わってきます。
後場で鬼女と山伏の対決場面があり、その部分が印象に残りやすいのですが、本来この能は心理劇なのでしょう。この能の作者は不明ですが、世阿弥、善竹説があり、そういうことからも内面を表現する能なのだと思いました。

鬼女役は観世喜正師。後場のダイナミックな登場場面は大変魅力的で、思わず『かっこいい!』と叫びたくなるほどでした。谷村師の鬼女もそうでしたが、流れるような切れの良さが素晴らしかったです。

『絵馬』は華やかさと神々しさが能舞台とは違う大空間に満ち溢れる演出であったと思います。現実の日本も舞台のように天下泰平だと良いのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧