2013年3月10日 (日)

ストレスの発散方法は、いい人をやめること

「女性の日」、ピローファイトでストレス発散

国連(UN)が定める3月8日の「国際女性の日(International Womens Day)」を記念して、中国湖南(Hunan) 省長沙(Changsha)で7日、枕で互いをたたき合う「ピローファイト」が行われた。主催者によると、人びとが日頃のストレスを思い切り発散できるようにと計画したイベントで、男女を問わず参加を呼び掛けたという。
(Yahoo!ニュース-AFP=時事3月8日(金)20時2分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000044-jij_afp-int

「楽しそうだけど、これで本当にストレス解消になるわけないよね。後の掃除が大変だし、それが逆にストレスになるんじゃないの?」と真面目に思ってしまう私はストレス人間なんですかね・・・

皆さん大なり小なりストレスを抱えていると思うのですが、そのストレスはどんな種類のものですか?
人間関係、仕事、健康・・・いろいろありますよね。中でも一番厄介なのが人間関係ではないでしょうか。

「いやいや、そんなことないよ。私は仕事が忙しいのが一番の悩み」という方もいると思います。
しかし、そういう方の悩みを聞いてみると、単なる物理的な仕事量から来るストレスだけではなく、職場の人間関係がそれに加わっていることがほとんどです。

例えば、毎日毎日遅くまで残業しなければ終わらない仕事がある上に、嫌な上司、先輩、同僚がいる状態は最悪で、こんな状態の人がピローファイトをやったくらいでストレス解消できるわけがありません。

仕事の悩みに加えて「嫁姑問題」「恋愛の悩み」「ご近所トラブル」等々が加わることもストレスを倍増させますよね。
ストレスは、このように大抵の場合複合的で、メインの悩み事に人間関係が加わっているのでやっかいです。

私の場合、過去最高のストレスを抱えていた時は
1.仕事量が多い
2.パワハラ上司
3.自己愛性人格障害の年上の後輩
の三点セットの状態で、さすがに精神的に追い込まれました。

仕事量が多いことについては物理的なものなので、「いつかは終わる」という見通しが立ちます。しかし、職場の人間関係は、自分と相手のどちらかが異動しない限り同じ関係が続くところがやっかいです。
私の場合、パワハラ上司は数年で左遷させられたのですが、年上の後輩についてはその方がリストラされるまで長い間戦いが続きました。

その時のストレスから得た教訓は「いい人をやめること」です。
今思うとバカみたいなのですが、昔はみんなからいい人に思われたくて、嫌いな人に対しても摩擦を避けようとものすごく気を使っていました。

ストレスの原因は相手方にあるというよりも、自分自身のこうした矛盾した行為にあったのですね。いい人を演じるのはすごく疲れることなのです。
何年かしてそれに気がついてからは、自分のことを理解してくれる人が一人でもいれば良いと思うように割り切りました。それからは精神的にすごく楽になりましたね。

世の中の悩み事相談を読んでいると、特に女性の場合はトラブルの原因となっている相手に対し、「相手に嫌われないで、トラブルを解決する方法」を求めているようにみえます。
そんな上手い解決方法なんて無いことに早く気がついてほしいですね。

最近お気に入りなのがテレビドラマ「泣くな、はらちゃん」

だからお願い~関わらないで♪
私のことはほっといて♪

と、嫌なことを言われたら、サラッと歌って煙に巻いちゃいましょう。

「貴女が笑ってくれれば僕は幸せです」
と微笑んでくれる、はらちゃんのような人が一人でもいればいいじゃないですか。

Pillow_fight

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

肥満大国:アメリカ人は揚げ物大好き

男女問わずダイエットに取り組んでいらっしゃる方は多いと思います。私自身、見た目は痩せているのですが、体脂肪値がすごいことに・・・数値は恥ずかしくて言えません(泣)
そのため、重い腰を上げて運動を始めました。体重を減らさずに体脂肪だけ下げるのは結構大変です。脂肪を筋肉に変えるには、まだまだ時間がかかりそうです。

しかし、日本人の肥満は可愛いもの。アメリカ人の肥満は半端じゃないですからね。
そんな記事が今朝の朝日新聞に載っていました。取材したのはニューヨーク駐在の真鍋弘樹さんという記者さんです。ネット上にはほんの一部しか掲載されていないので、紙面から少し引用させてもらいます。詳しくは紙面をご覧下さい。

米国なのに肉の国
揚げ物大好き、3人に1人太りすぎ

(前略)米国では3人に1人が太りすぎだとされ、肥満は国家的課題だ。以前、息子を託児所に預けた時、耳を疑った。毎週金曜は「ピザの日」で、離乳したての1歳児もピザを食べるという。そりゃ太るわけだわ。(略)
 肥満を探し求め、ディープサウス(深南部)と呼ばれるミシシッピ州の郡部を訪ねた。この州は全米でも肥満率が高く、米疾病センター(CDC)によると、約35%が肥満(BMI30以上)だとされる。(略)
 「安価な食品ほど脂肪分とカロリーが高い。貧困が肥満を招くんだよ」
 実はミシシッピ州は貧困率も約22%と全米一だ。貧しいと太るというのは、ちょっと飲み込みにくいが。
 同州の肥満問題に取り組むNGOの専務理事、サンドラ・シェルソンさんは「肥満は飢えの裏返し」とまで断言する。「いつも空腹に悩まされていたら、カロリーの高いものを選ぶのは当然でしょう」
 その上、「塩、砂糖、脂肪を大量に含む食品には中毒性がある」と言う。太るのは自制心に欠けるからではと思っていたが、決してそうではないようなのだ。
 そして、もう一つの問題が「距離」である。
「この一帯はフードデザートです」。栄養士のウィル・ローランドさんは耳慣れない言葉を口にした。近くにファストフード店しかなく、生鮮食料を売る店まで40キロ以上離れている。だから「食品砂漠」だ。日本の「買い物難民」に近い。(略)
 それにしても、なぜ、みんなフライドチキンばかり食べているのだろう。この地区で私も買ってみた。一切れ1ドル39セント、たぶん300キロカロリー以上はある。(略)
 奴隷制の昔、白人が食べない部位をディープフライして食べたのがフライドチキンの始まりだ。だから、ソウルフードと呼ばれる。(後略)
(朝日新聞2013年1月6日(日) 「なぜ」を訪ねて:5より引用)

記事には貧困、人種間格差、大量生産、大量消費、極端な車社会といった米国の負の部分を煮詰めると肥満問題になるとも書かれています。自分の努力だけでは解決できないほど難しい問題なんですね。

ところで、記事の中に出てくる「ディープフライ」という言葉。これは「たっぷりの油で揚げた」という意味ですが、ディープフライするとカロリーは倍になるそうです。揚げ物はダイエットの大敵ですね。
ダイエット中の皆さん、揚げ物の食べ過ぎには気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

心身共に美しい人

「心身共に美しい政治家」は小泉元首相

 「心身共に美しい」と思うタレントの1位は女優の藤原紀香さん(37)だったことが、発毛サービス「リーブ21」(大阪市中央区)の調べで分かった。歌手では絢香さん(21)が1位だった。
 調査は4月1~30日、10~60代の男女2032人を対象にインターネットで実施。「心身共に美しい」タレントは、2位がベッキーさん(25)、3位が吉永小百合さん(64)。歌手では、絢香さんと1票差で2位が安室奈美恵さん(31)、3位が浜崎あゆみさん(30)だった。なお、スポーツ選手は、大リーグ「マリナーズ」のイチロー選手(35)、政治家は小泉純一郎元首相(67)だった。(以下略)
(Yahoo!ニュース-毎日新聞6月26日21時15分)

これ小泉さん嫌いな人が知ったら怒るでしょうね~
未だに国民からの支持率が高い上に、心身共に美しいんですから。

小泉さんが首相に就任した時に言われたことなんですが、彼が普通のおじさんと違うところは「太っていないところ」。

Koizumi42_2 確かにスリムですよね。
というかちょっと細すぎるくらいだと思うんですけど。

それから「脂ぎっていない」、「髪の毛が素敵」というのもポイントかも。

もしも、彼が脂ぎったメタボおじさんで髪の毛がフサフサじゃなかったら、これほど人気は出なかったのでは。

とにかく外国の首脳と一緒にいても絵になる方でしたね。

ちなみに麻生首相はオバマ米大統領と並んで6位でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

不思議な世界

Magicaleye 「マジカル・アイ」ってご存知ですか?
ある絵をじっと見つめていると、絵の中からあるものが浮かび上がってきて、絵全体が立体的に見える摩訶不思議なものです。
何年も前から評判になっていたらしいのですが、初めて挑戦しました。

これは視力回復に役立つそうです。
なぜ視力が低下するのかというと、毛様体筋という目の筋肉が、柔軟性を失って凝り固まった状態になり、うまくピントが調節できなくなるからだそうです。

友人からやり方を教えてもらったのですが、なかなかコツがつかめません。
「見えたら驚くから、頑張ってやってみて」と言われて15分くらい試行錯誤していました。
う~ん、何も変わらない、何も見えないよぉ・・・

と、あきらめかけた次の瞬間、みるみるうちに絵が立体的に見えたかと思うと、美しい桜の花がまるで目の前で咲いているかのように浮かび上がってきたのです。
手を伸ばせば花びらに触れることができそうなリアル感。

しかも、その光景は一瞬にして消え去るのではなく、持続するところがまた驚きです。
不思議なくらいのみずみずしい透明感といいますか、万華鏡の中に体ごと入り込んでしまったかのような、次元の違う世界に引き込まれてしまいました。
当分、この不思議な世界にハマりそうです。

この本、宝島社から「マジカル・アイ シリーズ」としてすでに何冊も出ています。
本のご紹介も兼ねてサイトを貼っておきますが、ここにマジカル・アイの見本が出ているので興味のある方は挑戦して下さい。といってもこれはちょっと難しいかも。実際に本に載っている事例の方が綺麗でわかりやすいと思います。
http://tkj.jp/book/book_12468001.html

本に載っているものよりも単純ですが、パソコン上でできるものもあります。
私のオススメは、googleで「マジカル・アイ」と検索すると最初に出てくるサイトです。
一度コツを覚えると面白いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

週末は情報断食

「情報断食」という新語があります。これはYahoo!辞書によると、
『世の中に溢れている、新聞、雑誌、テレビ、インターネット、携帯電話などからの情報を、一時的に遮断すること。これらの情報は際限なく増え続けて、一体どの情報を信じればいいのかわからなくなることも多い。そこで、そうした情報機器に接する時間を意識的に減らし、自分自身を取り戻そうという考え』
ということです。

いつもはリゾート地に行ってもパソコンを持ち歩くなど、情報の処理に追われた生活をしておりましたので、この週末はパソコンもTVもまったく見ずに過ごしました。
いわゆる「情報断食」です。

最初は不安で禁断症状が出ますが、美しい景色を見たり、ヒーリングミュージックを聴いたり、おいしいお食事を頂いたり、露天風呂に入ったりしているうちに、体中がリフレッシュされていくのがわかりました。
日頃情報に振り回されていらっしゃる皆様には是非お勧めしたいと思います。

今回の「情報断食」の場所は箱根です。
先月25日リニューアルオープンしたばかりのこのホテルに行きました。
Hakone3 リニューアル前には何度も行っていたので、今回どのように変貌したのか楽しみでした。
何しろ「The」がつきましたからね。。。

いつもここに行くと一番楽しみなのは「トリアノン」というレストランでのお食事です。
以前の雰囲気がとても気に入っていたのでちょっと心配でしたが、少し照明が明るくなったなど、そこここに変化が感じられましたが、基本的なイメージは変わっていなくて安心しました。
特にお気に入りだったユニークなシャンデリアがそのままだったのがうれしかったです。
この女性の顔からはいつも「トゥーランドット姫」を連想してしまいます。
(写真はお店の方の許可を得て撮影させていただきました)
Hakone2

ホテルのサービスや設備はいろいろ変化していて、お話もいろいろさせていただきましたが、経営者や従業員の方たちの新しいホテルに賭ける意気込みを感じました。
これまでいろいろありましたが頑張って欲しいですね。       本館と前庭は昔のままです。
一階のカーテンがかかっているところがトリアノン。    
Hakone1

ここでは

                                                                                               こんなこととかHakoneblair

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             こんなこともありました・・・
Hakonejun

                                                                                                                                                               ベランダからの景色

Hakone4_4 晴れていれば真正面に富士山が見えるのですが・・・残念

また明日から情報の海の中へ入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)