2013年1月30日 (水)

ネット上のトラブルと保護者の認識

高校生の6割がネット上のトラブルを経験…内閣府調べ

内閣府は1月28日、2012年度 青少年のインターネット利用環境実態調査の結果を発表した。携帯電話またはパソコンでインターネットを利用している高校生のうち63.1%がトラブルを経験しており、保護者の認識との間にギャップがあることが明らかになった。(略)
インターネット上のトラブルについて、青少年の実態は、小学生の7.6%、中学生の34.9%、高校生の63.1%がトラブルや問題行動に関連する行為の経験があるのに対し、保護者の認識は、小学生の12.0%、中学生の35.5%、高校生の52.8%であった。高校生では、保護者の認識が青少年の実態を下回る傾向がみられた。(後略)
(Yahoo!ニュース-リセマム 1月29日(火)12時9分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130129-00000005-resemom-life

年齢が上がるにつれてネット上のトラブルが増えていくのは当然だとしても、それを保護者が知らない、気がつかない状態だというのは問題ですね。
どういったトラブルなのかが示されていないのでよくわかりませんが、いわゆる詐欺などのような犯罪というよりは、いじめも含めてネット上の人間関係なのではないでしょうか。そうだとしたら保護者はなかなか気がつかないと思います。

私がネット上のトラブルという言葉から想像するのは意思の疎通の問題です。私もこうしてブログで色々なネタを基に感想などを書いているわけですが、文字というのはなかなか書き手の本当の気持ちをうまく表すことができません。
もちろん、文章力が無いのが最大の原因ですが、それを差し引いても、文字だけですべてを伝えようとするのは難しいです。

掲示板などでの経験ですが、昔、私が書き込んだコメントに対して思いがけない反応がありました。例えて言えば、冗談のつもりで書いた表現を真に受けて、私の意図とは逆に正反対の意見を書き込まれたことがあります。
その時は本当に慌てて、つくづくネットは難しいと思いました。

ネットではうっかり冗談も書けないし、書くならば
「ヾ(゚Д゚;)ォィォィ冗談なんだよ」ということまではっきり分かるように書かないと思わぬ反応を引き起こしてしまいます。

一つの言葉が人間関係を壊してしまうこともありますから、ネットでは現実の人間関係以上に気を配らないと難しいですね。
顔を突き合わせて話せばその場に流れる空気で分かり合えることであっても、文字だけで表されるネット空間はある意味恐ろしい所だと感じます。
ネット上には、こうした微妙な人間関係がありますから、モニターの中のトラブルまで保護者が見抜けないのは仕方がない面もあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

蓮舫氏はIT音痴?

スパコン仕分け人は「IT音痴」だった? 蓮舫氏、ツイッターで写真紹介できず

  「2位じゃダメなんですか?」の名台詞で次世代スーパーコンピューターを事業仕分けにかけた民主党の蓮舫行政刷新担当相が実は「IT音痴」だったのではないかと、話題になっている。
   2011年10月20日現在34万人にフォローされていて、ツイッターで大人気の蓮舫氏。普段は政界での出来事や、家族のことなどを投稿しているのだが、19日、ちょっとした事件があった。
「蓮舫さん、画像がアップロードされてません!」
   家で何匹も猫を飼っているのだそうで、その写真をフォロワーに見せようとしたのだが、紹介したURLが「/Users/renho_office/Desktop/mail.jpeg」と、蓮舫氏のPC内のローカルパスだった。
   残念ながら、もちろんこれでは他の人は閲覧できない。ツイッターで写真を紹介する際は写真共有サイトに写真をアップしてそこのURLを紹介するなどの方法が一般的だ。
   すぐさまフォロワーから「蓮舫さん、画像がアップロードされてません!そのアドレスは蓮舫さんのPC内でしか使えません」と突っ込まれ、「すみません!やり直します」。しばらくして、仲良く身を寄せて寝る2匹の白猫の写真を無事紹介した。
「この国大丈夫か?」「うちの親父もここまで酷くない」
   これだけだったら、政治家がツイッターで少し手こずったというだけなのだが、蓮舫氏は、2009年秋の事業仕分けで、文部科学省所管の次世代スパコン「京(けい)」の開発の仕分けを担当。「1位になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」と厳しく詰め寄り、約270億円の予算を事実上の凍結とした過去がある。
   そのため、今回のツイッターでの出来事は2ちゃんねるで「蓮舫さん、ツイッターに画像も上げられない情弱なのにスパコン仕分けしていたことが判明」と話題となり、ツイッターなどにも、「こんなのに仕分けされた側は無念だろうなぁ」「こんな奴がスパコンの仕分けを。この国大丈夫か?」「うちの親父(69)でもここまで酷くはない」などという書き込みが殺到した。
   「評論家がその道の一流である必要はない」と擁護する声もあったが、「仕分け人は画像が添付できなくても人の気持ちが理解出来ない冷酷ささえあれば大丈夫です」という皮肉も。以前からiPhoneとツイッターを駆使するなど、先進的な政治家だと思われていた蓮舫氏が意外と簡単なことが出来なかったという点も面白かったようだ。
   ちなみに、科学者らの批判を受けスパコン開発予算は後に復活。2011年6月には毎秒8162兆回という計算速度で世界一に認定されている。
(J-CASTニュース2011/10/20 18:50)
http://www.j-cast.com/2011/10/20110648.html?p=all

これは蓮舫さんがIT音痴というわけではなくてうっかりミスだったと思います。そこを突っ込むつもりは全然ありません。私もパソコンを初めて触った頃のことを考えると、今では考えられないようなミスの連発でしたから。

フォルダを作成してファイルを管理することもできなかったようなレベルだったので、ネット上に画像をアップロードするなんて恐ろしく難しいことだと思っていました。そもそも、それ以前にネット上の画像を自分のパソコンに取り込む方法さえ知らなかったのです。

しかし、当時は周りのみんながパソコン初心者といってもいい状態でしたので、私一人がIT音痴、情報弱者(情弱)というわけではなかったのが救いでした。それに比べると今は大変ですね。パソコン操作はできるのが当たり前という前提で物事が進んでいくので、仕事などで誰か一人でも基本知識が無い人がいると面倒なことになります。

私の職場でも一人IT音痴の男性がいます。彼は最低限のレベルにも達していないと言ってもよいかもしれません。特に困るのは「メールにファイルを添付して送る方法を知らないこと」です。

単に書類の内容を確認するだけの場合はFAXで送ってもらうのですが、書類を加工しなければならない場合、電子データでないと困ります。結局最初から作り直す羽目になるのですが、とにかくすべてがアナログ対応で、よくリストラされないものだと不思議に思っています。

彼の場合、Windows95時代にみんなが初心者だった頃、職場で行われたパソコン講習をさぼりまくっていたのですね。それに事務職ではなかったので営業担当ならパソコンなんて関係ないとずっと思っていたようです。そもそもパソコンが嫌いで職場以外では一切使っていませんでした。そんなことで、気がついたら自分だけIT音痴になっていたという訳。

こういう人が職場に一人でもいると本当に困ってしまうのですが、別に仕事でパソコンを使わなくても趣味で使っている人だと自然といろいろ覚えますよね。私はネットの掲示板に参加していたことで様々な技を覚えました。というか、やらざるを得なくなったという感じです。未だに新しい技を習得する機会があり面白いなと思います。つい先日も『おおっ!』という技を一つ覚えました。

蓮舫さんのローカルパスの話はうっかりミスですが、彼女の場合、他に突っ込みどころ満載なので情弱認定されてしまったのでしょう。逆に私は彼女のようにiPhoneとツイッターはやっていないのでネット住民に言わせればIT音痴なのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

Windows 8は、およそ2年後に登場

Windows 8は2012年にリリースか

Microsoftの次期版OS「Windows 8」は、およそ2年後に登場するようだ。
 同社のオランダ支社スタッフは10月22日、Windows 7発売1周年記念とWindowsの今後の展開についてコメントした。その中で「Microsoftは次のバージョンのWindowsに取り組んでいる。しかし、『Windows 8』が市場に出るまでには2年ほどかかるだろう」と述べている。
 Windows 8については、以前から2012年にリリースされるとのうわさがあり、オランダ支社のコメントはうわさに合致する。また同OSに関しては流出資料とされているものがネットで出回っている。それによると、同OSは超高速で起動し、アプリをダウンロードできる「Windows Store」を備え、クラウドとの統合が強化されているという。顔認識ログインなどの機能も搭載されるとうわさされている。
(Yahoo!ニュース-ITmedia News10月25日(月)15時6分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000031-zdn_n-inet

え~っ、もうWindows 8のリリースの話ですか。7を使い始めたばかりなのでちょっと待って欲しいなぁ・・・

今年の夏、長年メインパソコンとして使ってきたWindows XPパソコンの調子が悪くなったので急いでWindows 7パソコンを買ったのですが、これがものすごく良くて気に入ってます。

使い始めてまだ二ヶ月程なので、新しいということもあるのでしょうが、とにかく何をするにもサクサク動きが早いところがいいです。特に起動と終了の速さはすさまじく早く感じます。起動は1分くらいかな。もしかしたら1分弱かもしれない。シャットダウンは測ったら15秒くらいでした。

XPは起動してからもハードディスクのランプがつきっぱなしで、何とか使えるようになるまで10分~15分はかかります。シャットダウンもトイレに行って戻ってもまだ切れていないくらい遅いです。

XPは7年くらい使っていたので、不要ファイルのゴミがたまりにたまって遅くて重くなっています。そもそもメモリーが少ないのに重いソフトを沢山動かしているのが悪いんですけどね。

それに比べると7の軽さは夢のようです。本当はXPに慣れていたので新しいOSを使うのは抵抗があり、『できればXPをこのまま使いたい』という気持ちは強かったです。

しかし、7の快適さを知ってしまったのでもうXPには戻れません。そのうちフリーソフトを使ってXPのHDDの大掃除をしようとは思っているのですが、元々大事なデータはすべて外付けHDDに入れてあるのでそれほど緊急性も感じませんし、時間がある時にやるつもりです。

実は家にはVistaパソコンもあります。XPの予備機兼モバイル用として買ったのですが、ほとんど使っていません。Meのサポートが切れたためにVistaを買ったという意味もあるのですが、何かVistaってMeと同じような運命ですよね。人気OSの谷間に出た日陰の存在って感じです。

7が出て8のリリースの話まで出ていますが、今現在、何といってもXPユーザーが一番多いのではないでしょうか。しかし、XPの延長サポートは2014年4月までです。調子の悪いXPパソコンを使っていらっしゃる方は、無理やり使い続けるより7か8に乗り換えた方がいいかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

PCが調子悪い

この季節になるといつもパソコンの調子が悪くなります。
過去には熱暴走してハードディスクが壊れちゃいましたし、今年はハードディスクのランプがつきっぱなしで重い重い・・・
ついに寿命がきたかもしれません。
これでは記事をUPするのは無理なので、別のパソコンにデータを移動しないと・・・
夏休みはまたパソコンと格闘することになりそうです。
政治ネタもないので丁度良い機会かも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

不安定なUSBメモリ

世間ではWindows7が発売されて話題になっていますが、パソコンも次から次へOSが変わって大変。いずれ7は買おうとは思っているのですが、昨日はパソコン本体のことよりもUSBメモリでちょっと青ざめたことがありました。

ちょっとしたデータを持ち歩くのに便利なUSBメモリ。昨日もいつものようにデータを入れたUSBメモリを持ち帰り家のパソコンで使おうとしたら、ドライブ上は表示されているのに開きません。色々なことを試したのですがダメでした。

ネットで調べるとどうもこういう現象はよくあるということ。要は、USBメモリという記憶媒体は思ったほど安定した装置では無いということのようです。

そういえば、以前自分でもDVDやUSBメモリには寿命があるというエントリを書いていました。引用した記事の中にこんな記述があります。

―――USBメモリについても、「寿命」の問題はある。USBメモリには半導体素子が使われており、これに書き込める回数に限界があるのだ。書き込めなくなった段階で「寿命」という訳だ。―――

今回動作がおかしくなったUSBメモリも、よく考えてみれば結構何回も使っていたものでした。恐らく気がつかないうちに書き込み回数の限度を超えていたのかもしれません。もちろん、他の原因も考えられますが・・・

大事なデータを残すには何種類かのバックアップを取っておくことが必要ですね。

~関連エントリ~
DVD、USBメモリの寿命

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

フロッピーの時代が終わる

FDDメーカー各社、生産撤退の動き加速-四半世紀の歴史に幕

フロッピーディスク駆動装置(FDD)メーカー主要3社が生産撤退に動き始めた。ティアックは2010年4月に生産を終了する。ワイ・イー・データも終了の方向で供給先と協議に入った。ソニーは10年4月以降の計画は未定だが、他社と足並みをそろえる模様。記憶媒体が光ディスクなどに移行しフロッピーディスクの市場規模は09年にピーク時の30分の1以下にまで縮小。需要の減少が著しいため、生産を打ち切る。
 ティアックはFDDをマレーシア工場(マラッカ)で生産。08年度の出荷台数は245万台で、直近は月16―17万台を出荷する。年20%以上のペースで数が減っており、生産の最低水準を切ったと判断。供給責任を果たす前提で、顧客と協議しながら生産をやめる。
(日刊工業新聞-2009年07月27日)

フロッピーと聞くと麻生首相を思い浮かべるので、ちょっとご本人に感想をお聞きしたいです(笑)
まぁそれは冗談ですが、ひとつの時代が終わったと言う感じです。最近のパソコンにはFDDがついていないものがほとんどですものね。

フロッピー全盛の頃にデータのバックアップとしてとっておいたものがかなりあるのですが、外付けHDDかUSBメモリか何かにデータをコピーし直した方がいいかなぁ・・・
もちろん、CD-Rには同じデータをとってあるのですが、CDってデータの書き込みでトラブルが多いので何となく不安定な感じがするのです。
それに別の記憶媒体にとっておかないと何となく安心できないんですよね。

それにしても、あまり急にFDDが無くなってしまうと困る人も多いと思います。
ちょっとしたデータなら、まだフロッピーを使っている方も案外いらっしゃるのではないでしょうか。
実際私も今年になってから、仕事の相手方の指定でフロッピーでデータを提出したことがあります。

駆動装置が無くなるということは、今使える装置が壊れたらデータを読み込めなくなるってことですよね。それは困ります・・・
今のうちにバックアップを取っておかねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

半日PCをいじる

いつもメインで使っているパソコンはWindows XPで、予備機としてvistaパソコンを使っているのですが、予備機といってもウイルス対策ソフトのアップデートをするくらいで普段はほとんど使っていません。
Windowsのアップデートも時々はやっていたのですが、SP2が配布されていたんですね。そこで軽い気持ちでアップデートしたのですが、なぜかアップデートした後インターネット接続設定がおかしくなってしまって、半日ほどパソコンをいじっていました。
なんとか解決できたのですが、パソコンのトラブルって結構時間食うんですよね。そのせいで他にやりたかったことができなくなってしまいました。
パソコンというのは、こうしてトラブルをひとつひとつ解決していくことによって知識も増えていくものなので仕方ないですね。今回もまたいろいろ勉強させてもらいました。トラブルを恐れていてはパソコンとは付き合えないです。
知人で極度にパソコン嫌いの方がいるのですが、ソフトのインストールができないのでいつも勤務先では同僚にやってもらっているようです。わけのわからない画面が次から次へと出てくるのが怖いみたい。
う~ん、その気持ちはわかりますが、パソコンなんてめったなことでは壊れないんですから『エイヤッ!』と実行しちゃえばいいんですけどね。OSの再インストールとかいくらでもやり直せるし。
私なんかハードディスクが壊れちゃってデータが全部消失とか、何度やっても起動しないので修理に出したら部品の保管年限切れで修理不能になったとか、何度もひどい目にもあいましたが懲りずに使ってます。
パソコンやってると時々そういう血の気が引く場面に遭遇することもありますが、今思うとひとつひとつが良い勉強になったと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

マウスの買い替え

最近、文章をドラッグしようとするとマウスが変な動きをするようになってしまい困っていました。恐らくマウスが古いからだろうとは思っていたのですが、買いに行くのが面倒でイライラしながら使っていました。しかし、もう耐えられないくらいおかしな動きをするようになってしまったので、今日、新しいマウスを買いました。

非常に快適です!shine

う~ん、やはりマウスも劣化するんですね~
よく考えてみたらパソコンはグレードアップしているのに、マウスは古いものを使い続けていたのです。手にフィットして疲れにくいマウスだったのでついつい長いこと使っていたのですが、マウスといえども時々は買い換えないといけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

主流はやはりXP

Vista普及率が23%に 1年半で17%増も主流はやはりXP

 動画配信サービスのJストリームは5月7日、インターネット利用者のPCに搭載されているOSの割合を調査し、結果を発表した。Windows Vistaの普及率は23%で2007年の調査から約17%増えたが、依然としてWindows XPがOSの主流になっている。Webブラウザと映像再生用のWebブラウザアプリケーションの普及率も調査した。
 調査によるとWindows Vistaの普及率は23%で、2007年9月に集計した6%から約17%増えた。一方Windows XPの普及率は67%。依然としてOSの主流はWindows XPであることが明らかになった。Macintoshの利用者は6.02%で、前回調査時の3.9%から微増した。
 利用しているWebブラウザを聞いたところ、Internet Explorer(IE) 7.0が42.44%でトップ。IE 6.0の23%とIE 8の0.9%を加えると、ユーザー全体の約3分の2がIEを利用している。IE以外のブラウザでは、Firefoxが18%と最多。前回の5%から大幅に増加するなど、躍進がうかがえる。Google Chrome、Sleipnir、Operaといったブラウザの割合も増えているという。(以下略)
(Yahoo!ニュース-ITmediaエンタープライズ5月8日11時45分)

Vistaの普及率、やっと23%ですか・・・
少ないですね。やはり次のOS Windows7まで待つ人が多いのかな。
特に企業はXPが主流なので、Vistaを飛ばしてWindows7が出るのを待っているところが多いそうですね。Vistaは高スペックのCPUや大量のメモリが必要なので嫌われているとか。
確かにXPの満足度が高いのに、あえてVistaに変える必要はないのかもしれませんね。
しかも、来年にはWindows7が出るようなのであわてる必要もないです。
VistaってなんだかMeの運命に似てるなぁ・・・
短い命ですた。・゚・(ノД`)ヽ

私、以前はMeをモバイルパソコンとして使っていたのですが、壊れちゃったのでモバイル用にVistaを買いました。メインに使っているPCはXPです。Vistaは使わないと壊れてしまうかもしれないと思って時々使っていますが、どうも慣れないです。
ところが・・・
最近XPの液晶画面の調子が怪しくなってまいりました(;゚д゚)ァ....
何とかWindows7が発売になるまで動いていて欲しいのですが、もしも壊れてしまったとしてももうVistaを買うつもりはないです。
とりあえず、いつ壊れてもいいようにデータのバックアップだけはしておかないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

4人に1人はフロッピー使用

4人に1人が「今もフロッピー使ってます」

Blu-ray Discや小型メモリカードの普及が進み、記録メディアの世代交代が加速している──という2008年。だが実は4人に1人が今もフロッピーディスクを利用している、という。
 アイシェアが無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員423人に記録メディアについて聞いたところ、「普段利用している外部記録媒体」(複数回答)として3.5インチフロッピーを挙げた人が26.7%といた。特に40代では29.5%と高かった。フロッピーディスクを知らないという人は0.9%で、さすがにかなりの少数派。67.6%は今もフロッピーディスクを持っているという。
 普段利用している外部記憶媒体の最多はCD-R。約8割が使っていた。2位は、DVD-R(71.4%)、3位は外付けHDD(60.1%)。上位3つからは利用率がかなり下がるが、3.5インチフロッピーは4位に入っている。5.25インチフロッピー(1.2%)、8インチフロッピー(1.0%)という回答も、少数ながらあるのだが……
 ただ、フロッピーディスクの利用頻度は「今年は利用していない」が70.4%で最も多かったが、「年に数回利用する」という人は22.7%と5人に1人程度いた。「1カ月に1度は利用する」は4.3%、「頻繁に利用する」は2.6%だった。PCの起動ディスクやBIOS更新といったセットアップ用ディスク、容量の少ないデータの保存や、ソフトのインストールに利用する人が多かったという。
 「1Mバイト程度のデータ交換に何を使うか」聞いたところ、最も多いのは「USBメモリ」で68.5%。次いでメール(48.4%)、ファイルアップロード(23.9%)、CD-R(19.3%)、フロッピーディスク(5.3%)だった。
 調査は11月5日から7日にかけて実施。回答者のPC利用歴は、10年以上が79%、8年以上10年未満が14.9%、8年未満が6.1%だった。
(Yahoo!ニュース-ITmediaニュース11月20日13時49分)

フロッピーといえば思い出すこと。
今ほどパソコンが普及していなくてフロッピー(FD)が主役の頃、3.5インチFDにデータを入れたものを持ち歩き、出先で借りたパソコンにFDを差込み、ダダダ~ッとキーボードを打って書類を作成している男性を、ものすごく仕事のできるかっこいい人だと思っていました。

そして麻生首相。2003年の総務大臣就任記者会見の場で、ITの発達で役所から書類がなくなり、「地方自治体を含め中央官庁をIT、いわゆるフロッピーで(コンピュータ同士を)繋ぐ」「フロッピー1枚で全部できるようになる」という要旨の発言を行いましたね~

FDでコンピュータ同士を繋いじゃうってすごい!?
確かに2003年頃の記録メディアはCD-Rと共にまだまだFDも使われていたと思いますが、FD一枚でせいぜい1MBですから、さすがにFD一枚で全部できるようにはならないかと・・・

ところで、今でも4人に1人はFDを使っているという今回の記事ですが、いろいろな理由があるんでしょうね。
USBメモリは最近安くなりましたが、少し前までは結構高かったのも理由のひとつかも知れません。また役所など、今でもFDにデータを入れて提出させるところがあると知人から聞いたことがあります。

最近のパソコンはFDドライブ自体がついていないものが多いので、必然的に他の記録メディアを使うことになり、今後FDを使っている人たちも徐々に減っていくものと思われます。

以前、DVDやUSBメモリにも寿命があるのだ、というエントリを書いたことがあるのですが、デジタルといっても永遠にデータが消えないという保証はありません。FDだからダメで、USBメモリなら安心というわけではないのです。どんな記録メディアを使っていても、常にバックアップのデータをとっておく習慣をつけないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)