« 時代錯誤の相続制度 | トップページ | 投票したい政党が無い »

2021年12月12日 (日)

首相公邸の都市伝説

岸田首相が公邸に引っ越し、入居は野田氏以来9年ぶり…どうなる都市伝説

岸田首相は11日、東京・赤坂の衆院議員宿舎から首相官邸に隣接する首相公邸に引っ越した。危機管理対応に万全を期すため、就任から約2か月で転居を決めた。公邸入居は民主党政権の野田元首相以来、約9年ぶりだ。(中略)
首相周辺が気にするのは、公務とプライベートとの切り替えの難しさだ。首相の職務は常に緊張を強いられるため、いかに気分転換を図るかも重要となる。公邸に住んだ7人のうち、小泉元首相を除く6人は1年前後で退陣となったため、永田町では「公邸に入ると短命政権」との都市伝説もささやかれる。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2021年12月11日(土) 23:51)

公邸に入居する首相、本当に久しぶりですね。
都内に自宅があっても、危機管理上、また警備の都合上公邸に入っていただく方が何かと都合が良いですから良かったと思います。

それよりも私が気になったのは「都市伝説」の方。
記事では「公邸に入ると短命政権」とありますが、私はてっきり「幽霊」の話だと思いました。首相公邸は有名な事故物件と言われているとか。
森元首相は見える方だったらしく、公邸(旧官邸)で軍服姿の人物を見たらしいですね。
岸田首相はどうかしら・・・

 

|

« 時代錯誤の相続制度 | トップページ | 投票したい政党が無い »