« 確認 | トップページ | 4年は長いか短いか »

2020年10月 6日 (火)

某先生から学んだこと

日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題ですが、私は当初あまり関心がなく、新聞も真剣に読んでいませんでした。

ところが、昨日ぼんやりテレビを見ていたら、当該ニュースで昔授業を受けたことのある某先生が映っているではありませんか。

『そうだったのか。あの先生、官邸から拒否されたのか・・・』
と、懐かしさと同時になんだか複雑な気持ちになりました。

しかし、
『まあ、安倍政権以降、こういう思想の先生は嫌われていただろうな』
と、ある意味『当然かな』とも思いました。

私にとって先生の思想はほとんど受け入れられないものでしたが、
一人の人間としては、とても優しくて思いやりのある方という印象を持っています。

今回の任命拒否については、現在の日本学術会議が左に偏りすぎているということらしいので、安倍政権時代からそれを是正したいという思いがあったのでしょう。
そうなら、管首相もはっきりそう言えば良かったのではないでしょうか。
『バランスをとりました』と。

色々な意見を聞くことは必要ですし、そのためには政府と逆の意見を持つ会員もいて当然だと思います。
私も左系の先生の授業を色々受けて、様々なことを学びました。

ネットの世界では、自分に心地よい意見だけ選んで完結することが可能です。
しかし、嫌なものを見ないよりも、見て知った上で反論する方がよほど良いと思います。
私が朝日新聞を嫌でも読んでいるのがそのひとつ。
それに気づかせてくれたのが某先生でした。
意見は違っても、官邸に拒否されても頑張って下さい。

 

|

« 確認 | トップページ | 4年は長いか短いか »