« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月31日 (火)

2013年大晦日

ブログをお休みしている間に、今年も今日で終わりとなりました。以前のようにニュースを細かく追いかけるということはしていませんが、大晦日くらいは何か書いてみたいと思います。やはり最近の話題といえば首相の靖国参拝でしょうか。

【首相の靖国参拝】
安倍さんは行かないと思っていたので、正直驚きました。
マスコミの反応もいつもの通り。大騒ぎしてバカみたい。
特に朝日新聞。
家は長年朝日新聞を取っているのですが、それは政治・社会の記事で左翼の考えを知るため、批判のために読んでいました。
普段から我慢して不愉快な記事に購読料を払って読んでいましたが、特定秘密保護法の成立のあたりからの狂ったような紙面を見て『もう我慢の限界だ!』とキレました。そして靖国参拝の記事でさらにぶちギレました。

そもそも、いわゆる従軍慰安婦問題や首相の靖国参拝問題がここまで大きな国際問題になってしまった原因を作ったのは、火の無い所にガソリンまいて放火しまくっている朝日新聞じゃないですか。
朝日新聞の放火記事のせいでこれまでどれだけ日本の国益を失ったことか。
来年は朝日の購読を真剣に止めようかと思っています。但し、私のように朝日を監視する人間も必要なのかもしれないとも思うのでちょっと迷っています。政治・社会面以外の記事は嫌いじゃないんですけどね。

安倍さんがこのタイミングで参拝したことの是非については、良いとも悪いとも言いません。
しかし、小泉元首相から政権を引き継いだ時に、安倍さんが中国、韓国との外交を優先したいがために参拝しなかったことが今日まで問題を大きくしてしまった原因であると思っています。小泉さんがせっかく無効化した靖国カードを安倍さんはみすみす手放してしまったのですから。

安倍さんが中国との『戦略的互恵関係』とか言う何だか訳のわからない外交戦略のために参拝を止めたのですが、それで中国との関係は良くなったどころか、その後中国は尖閣諸島で海保に船をぶつけてきました。

第一次安倍内閣で参拝を継続していれば今日違った展開になっていたことでしょう。安倍さんはあの時、アメリカのブッシュ政権との関係も悪化させてしまいました。一番の同盟国であるアメリカ訪問は就任から半年以上も経ってからでしたし、私は安倍さんの外交的センスの無さを感じました。

今回のアメリカの反応は民主党政権ならばこんなものでしょう。
オバマ政権や歴代の国務省幹部にはチャイナマネーがたっぷり入り込んでいるし、そういう人たちに『靖国神社の意味』とか『日本人の心情』とかいくら説明したってわかりませんよ。説明するだけ無駄です。
やるなら中国と同じように莫大な金をつぎ込んでロビー活動をするしかありません。

それよりも安倍さんははっきり言えば良いんです。「アメリカは尖閣諸島は日本の領土だと言え」と。他にも「戦闘機は欧州から買うよ」とか日本が使える手は色々あるでしょう。
日本は言うべきことは言わないといけません。今のアメリカはお金も無いし力も無いんです。これまでのように黙って安全保障を委ねられるような強大な国家ではないのです。
それにしても、日本もアメリカも「民主党」ってろくな政党じゃないですね。
あ、最後に、この問題について韓国は徹底無視で構いません。

【今年一年について】
前半は健康(と思っていて)でスポーツクラブへ行ったりウォーキングやジョギングなどしたりしてすごく元気でしたが、後半は病気治療のため正反対の生活へ。
病気治療をしていて変わったなと思うのは、欲が無くなってしまったというか、物事に対する姿勢が謙虚になったことでしょうか。元々それほどガツガツと欲のある人間ではないと思ってはいたけれど、お金では買えないものに対する価値をより感じるようになりました。

【ブログについて】
最近ブログを書く人が減っているそうですね。ツイッターやフェイスブックなどの短い文章で意見を表明する方の方が増えているようです。
私はどちらもやっていないので、このブログはこのまま残そうとは思っていますが、記事の更新はあまりできないと思います。
それでも、これまで書いてきた記事を見に来て下さる方もいらっしゃると思いますので、今後もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年3月 »