« 故人の「デジタル遺産」の扱い | トップページ | テレビ、ドコモ、原発など »

2013年6月30日 (日)

安倍さん批判をするつもりはないけれど・・・

嫌煙VS愛煙 反目する厚労省職員
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130630/plc13063007000002-n1.htm

建前上、煙草は個人の嗜好品なので、禁煙者に対する配慮があれば吸えばいいと思います。
しかし、長年喫煙者の副流煙による受動喫煙に晒されてきた経験からすると、本音では喫煙者は嫌い。受動喫煙対策に絶対というものは無いし、喫煙者がそばに来ると臭いでしょう。それが嫌です。

以前、ヘビースモーカーの上司が脳出血で倒れたのですが、倒れる前は『煙草を止めるくらいなら死んだ方がまし!』と豪語していました。
彼は副流煙でオフィスに害をまき散らしていたのですが、倒れた後は一変。医者から『煙草止めますか?人間やめますか?』と厳しく言われ、以後煙草のにおいさえ大嫌いになりました。
よくもまあ、こんなに人格が変わるものだと周りは驚きましたが、彼は生きたかったんでしょうね。

喫煙が健康に害を及ぼすことは明らかなので、それを承知の上で喫煙するのであれば個人の自由にすれば良いと思います。
でも、厚労省は国民の健康を管理する役所ですから、役所自体基本的には禁煙を貫くべきでしょう。
厚労省の次期事務次官に村木厚子社会・援護局長が就任する予定だそうですが、記事にあるように受動喫煙防止対策が上手くいくのでしょうか。

記事とは関係ありませんが、私はこの事務次官人事、よくないと思います。安倍さんが独断で決めたようですが、村木さんは部下に公印を無断で使われたことに対する監督責任は免れないと思っているので、彼女が裁判で完全無罪になったことには今でも疑問を感じているからです。
安倍さんって、ワタミの渡辺さんを参院選候補者で公認したことといい、私の感覚からすると時々全く考えられない判断をする人だなと思います。私が昔から安倍さんを心の底から支持していないからかもしれませんが、大事なところで判断を誤る人だなという印象です。

参院選「ナンバー2」の憂鬱 石破氏、首相人気に埋没 細野氏、惨敗なら“共犯”
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130629/stt13062922460003-n1.htm

私は今でも石破さんや石破さんを支持した小泉進次郎議員の方を支持しています。ですから、今の安倍人気は本物ではないと思っていますし、麻生さんが後釜を狙っているというのであれば、それは絶対に止めて欲しいと願う立場です。(麻生さんは個人的には好きですが)
だから、今石破さんや進次郎さんはちょっと引いた立場にいるんだろうな~というのはわかります。でも、お二人とも賢いから、今は自分の主張を前面に出すべき時ではないと理解しているでしょう。
参院選で勝利した後に、自民党内で路線対立が出てくるのではないかと思っています。

民主党の細野さんは元々保守的な考えの方だから、左に傾いた民主党の中でこれからもやっていけるんだろうかと疑問に感じます。そもそも民主党が無くなってしまうかもしれないし、どうするんだろう・・・

>細野氏は身長180センチ超という抜群のスタイルと甘いルックスで、参院選の応援依頼は殺到しているという。

へ~そうなんですか・・・
私は遠慮したいタイプですけど・・・

政治いま:対立軸どこへ(その1) 「育休」首相のこだわり
http://mainichi.jp/select/news/20130522ddm001010040000c.html

>成長戦略に「育休3年」を盛り込んだのは首相の強い意向。
>昨年9月の自民党総裁選前には、地元山口県の党女性部幹部に「育休を延ばす」と伝えていた。
>「3年間だっこし放題」という殺し文句も首相の発案だ。

>ひとり親世帯も増え、政権が望む家族像は多様な家族形態の一部でしかない。
>病児保育などを行うNPO法人フローレンスの駒崎弘樹代表理事(33)は「中小、零細企業の人たちは育休自体から遠い。
>年数を延ばすよりそういう人たちへ幅を広げるべきだ」と指摘する。

女性を活用しようとする安倍さんの決意は支持したいですが、本当に実態をわかっていて言っているのかなと疑問に思います。それは、NPO法人フローレンスの駒崎さんがおっしゃっている意見にも表れていますが、そもそも、育休を取れない人の方が多いのではないでしょうか。
制度としてあっても、実際に取得できるかどうかは別問題ですから、いきなり3年という数字を出すのではなく、取得できない実態を調査して、その阻害原因を除去する法律を作る方が先だと思います。
日本では、有給休暇ですら満足に取得できないのですから、政治家は、単に目新しい法律を作るのではなく、今ある法律をどうやったら有効性のあるものに変えられるかを先に考えて欲しいです。
何か、結局安倍さん批判になってしまいました・・・

|

« 故人の「デジタル遺産」の扱い | トップページ | テレビ、ドコモ、原発など »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/57695551

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍さん批判をするつもりはないけれど・・・:

« 故人の「デジタル遺産」の扱い | トップページ | テレビ、ドコモ、原発など »