« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月26日 (日)

ご飯を半分にすると痩せます

移民大国スウェーデン、暴動で露呈した「寛容政策」のひずみ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE94P00820130526?sp=true

少子化日本では、経済成長を持続させるため将来移民を受け入れざるを得なくなるだろうとの意見も見られますが、うまくいくとは思えないんですよね。
すでに国内には在日韓国、朝鮮人が大勢いて、その多くが日本人の払った税金から生活保護を受けているという状態。こういう状態が加速すれば、いずれおとなしい日本人も爆発するのでは・・・
スウェーデンが理想の国家であるかのように主張していた方々はどう言い訳するのだろう。

骨太成長戦略で「クロダノミクス」脱却を
http://jp.reuters.com/article/jp_blog/idJPTYE94M00U20130523

「黒田のみクス」か「黒田頼みクス」か。
どちらにしても、そうならないように安倍さんには頑張ってもらいたいものです。

ご飯1杯を半分にすると1年で約5kgの体重減も可能と専門家
http://www.news-postseven.com/archives/20130525_190225.html

これは本当です。というのも私自身実践して半年で10㎏減量したからです。主食を半分に減らしてその分おかずと野菜は結構食べていました。最近はやりの糖質カットダイエットですね。
ところが、先日人間ドックで医者から「痩せすぎ」と怒られてしまいました。元々見た目は太っていなかったのにBMIが18になってしまったので当然ですが・・・
ダイエットの本当の目的は、痩せることと同時に筋力をつけることだったのですが、筋トレしてもなかなか筋肉はついてくれないんですよ。地道にやるしかないのですが、難しいですね。
人間ドックで、あちらこちらに再検診マークをつけられてしまい、今月に入ってから医者ばかり通っています。予定外の怪我もしてしまって外科通いも。来月も検査ばかりでうんざりです。
そんな感じであまりブログも書けない状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

慰安婦問題と日米関係

慰安婦問題のしつこい質問にブチ切れ寸前?
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130519/stt13051907010001-n1.htm

この問題については、極力スルーするのがベストですね。お父様からのアドバイスもあると思いますが、進次郎議員はその点よくわかっているのだと思います。

橋下徹大阪市長の発言の何が問題なのは、彼がしっかりした歴史の知識に基づいた発言ではなく、言ってみればその場その場の思い付きで述べている点です。だから、突っ込まれるとあっさり前言を翻す。これは日本国民にとって迷惑極まりないことです。逆に彼は韓国が送り込んだスパイなんじゃないかとさえ思ってしまいます。

橋下さんが反論するならばここに書いてあるような歴史の事実を突き付けるべき。自民党を中心とした日本の政治家たちが、韓国を甘やかし、長い間隠蔽してきたこうした事実を明らかにしない限り韓国を黙らせることはできないでしょう。

でも、それをやってしまうと米国も困るということで見て見ぬふりをしてきたわけです。(ベトナム戦争における韓国の悪行(ライダイハン問題等)を突っ込めば、当然当時の米兵の悪行も取り上げられてしまうなど)
相当な覚悟をもって米国と戦う用意が無いならば、進次郎議員のように極力スルーするしかないです。
それにしても、記者たちはしつこい。

「強制連行」 米で進む既成事実化
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130518/amr13051823420011-n1.htm

小泉元首相は「日米関係が良ければ、他の国々との関係も良くなる。日米が基本」「日米同盟さえしっかりしておけば、大抵の外交はうまくいく」とよく言っていました。
私も、憲法の制約を考えるとそれが一番良いと思っていました。

しかし、近年の米国の動向を見ていると(特に米国が民主党政権になってから)私の中でその考えが揺らぎ始めました。元々、日本は米国が共和党政権時の方が同盟関係がうまくいっていたと思いますし、日本も民主党という未熟な政党に政権交代していた時期が重なったといういろいろな要因が重なって同盟関係が揺らいでしまったと思います。

そうだとしても、米国も国家として自国の利益を最大限に考える国ですから、国益のためなら日米同盟を後回しにすることだってあるわけです。米国にとっては、日本も自由に動かせる駒の一つに過ぎず、利用するだけ利用して用がなくなれば捨てられる・・・まあそこまで極端ではないにしろ、そういうことも頭の片隅に置いたうえでの同盟なんだということを常に覚悟しておかなければいけないと思うのです。

そんな当たり前のことを考えると、日米同盟至上主義は危険だと考えるようになってきました。小泉首相の時はブッシュ大統領と個人的な信頼関係もあって日米関係は最高の状態でしたが、後継の安倍首相に変わった時のブッシュ大統領との関係は少し微妙だったように、安定的な同盟関係を継続するのは難しいのです。

別に、私が親米保守から反米保守に変わったわけではありませんが、日本は自主独立国家であるという意識を持つべき。慰安婦問題を巡る米国の言動を見ていると、こういうことは常に意識していた方が良いと思うのです。

国家は、国際法や国際組織に訴えて自らの政策を正統化し、他国の政策を非正統化しようとします。
はっきり言って今日本と韓国はそういう意味では戦争状態ですね。戦争は単に物理的暴力をめぐる争いだけではなく、正統性をめぐる争いでもあるのです。そして、そこに軍事力の存在が大きく影響していることを忘れてはいけないと思います。

0増5減、参院で駆け引き=民主、歴史認識追及へ-国会
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013051800197

>首相と全閣僚が出席する20日の参院決算委員会では、従軍慰安婦問題をめぐる日本維新の会の橋下徹共同代表の発言を踏まえ、首相の認識をただす。「歴史認識が酷似している」(細野豪志民主党幹事長)として、自民党を維新に重ね合わせてイメージダウンを狙う戦術だ。

やってることが韓国と同じ。
細野さんのような過去に女性問題のある方に慰安婦問題を言われたくないんですけど。
それに、これをやると韓国と一緒に日本人を貶めることに加担することになるから、多くの一般日本人は引いちゃうと思いますが。
民主党って全然成長してない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

安倍首相、歴史・憲法で軌道修正

実は反省なし? の民主党「大反省会」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130511/stt13051121480012-n1.htm

この記事を読むと、菅直人元首相は「首相はやりたくない」と言いつつも、再登板のチャンスがあればもう一度首相をやりたいようです。

そもそも、もう一度チャンスがあるのかというところが問題ですが・・・
菅さん、先の総選挙でギリギリ比例復活当選できたという現実を忘れちゃったんでしょうか。
頭の中がお花畑なんでしょうね。

参院選、年金改革を争点化=民主が全国幹事長会議
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013051001024

『夢よもう一度!』って感じなのかな。
6年前の参院選で安倍内閣を壊滅させた時は、年金問題を争点化させることに成功して民主党が勝利しましたからね。
しかし、国民もバカじゃないからこの6年間で学習しているでしょう。

そもそも、年金問題を含む社会保障問題は与野党関係なくどの政党が政権党になったとしても安定、継続していく政策ですから選挙で争点化することには反対です。そのために昨年、民主、自民、公明の三党間による社会保障と税の一体改革に関する合意(三党合意)をしたではありませんか。

確かに、年金問題は常に国民、特に確実に選挙に行くとされる高齢の有権者にとって常に関心のある争点です。そのため、政府の足を引っ張ってでも争点化して民主党に有利になるような展開に持ち込みたいのかもしれません。

しかし、これでは民主党政権時代に自分たちが持ちかけて合意した三党合意を無視する行為となります。
自分たちの出した法案や提言を平気で反対するのが民主党のお家芸。それをわかっていながらやらざるを得ない状況にまで追い込まれているのかもしれませんね。

歴史・憲法で軌道修正=参院選にらみ慎重対応へ-安倍政権
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013051200101

>普通にやれば参院選に勝てるのに、自分で難しい状況にしている」(ベテラン議員)と苦言が漏れる。

その通りだと思います。確か安倍首相は、参院選までは歴史認識問題に対する持論は封印する意向だったはず。それが4月に入ってからどうして踏み込んだ発言をするようになったのでしょうか。

確かに、中国、韓国のいつもの言いがかりには腹が立ちますが、靖国参拝を繰り返した小泉元首相でさえ、歴史認識問題に踏み込むことには慎重でした。小泉さんは村山、河野両談話を引き継ぐことで、これ以上この問題に踏み込ませないという考えがあったと思います。結局、それが一番賢いやり方で、第二次世界大戦の戦勝国側の代表である米国もそれで良しとしていたはずです。

嘘八百の河野談話など破棄したい気持は私も同じですが、中国、韓国の米国を巻き込んだ巧妙なロビー活動に勝つ見込みが無いのなら、逆に村山、河野談話を盾にして新たな要求を一切断ち切る方法がベストです。

安倍さんの悪い所は、中途半端に歴史認識問題を提起して、米国からの外圧がかかるとへたれて軌道修正してしまうこと。安倍さんに相当な覚悟があれば私も応援したいと思いますが、どうもそうでもないように見えます。

それならば最初から触れない方が良い。ベテラン議員のおっしゃるように、まさに『自分で難しい状況にしている』のではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

韓国はスルーでOK

安倍首相、排外的デモを非難=フェイスブックで呼び掛けへ
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013050700791

当たり前ですが、総理大臣という立場でこの人たちの行動を容認するわけにはいかないでしょう。(たとえ心の中で同調する部分があったとしても)
一部の過激な人たちの言動が問題であることには同意しますが、なぜこういう行動が起こったのかという背景をマスコミや政治家がことあるごとに説明しないのがもっと悪いと思います。
同時に韓国が捏造された歴史教育を行っている現実や日本の国旗を踏みつけ燃やして暴れる行為も同じように糾弾すべき。日本における韓国人の報道は公平でないことが問題なのです。いい加減韓国を甘やかすのを止めなければいけません。
歴史問題と反日意識を棚に上げた友好ほど危険なものはありません。隠蔽された事実は時限爆弾になり、いつか日本国民の不満が爆発する可能性があります。

韓国、「日本に悪印象」が7割超 民間の世論調査で
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013050701001577.html

公平な報道をしないからこういう結果が出るわけです。日本側は韓国を嫌いじゃないのに韓国側は日本が大嫌いという結果はいつも同じ。そして、「仲良くしようね♪」という訳です。
この手の調査は先に出したい結論があり、その結果が出るように質問等を操作している可能性が高いので真剣に考える必要は無いです。

北陸新幹線:呼び名に「長野」残す? 自治体間でバトル
http://mainichi.jp/select/news/20130508k0000m020046000c.html

こういうのはもめますよね。特に長野新幹線という名前が定着しているから厄介です。
妥協案は「北陸長野新幹線」らしいけれど、利用する側からしたらなるべく短い名前の方がいいな。
両方の名前をつなげただけというのは、会社の合併でもよくありますが、『なぜ全く新しい名前にしないのだろう?』と思います。アルプス新幹線とか日本海新幹線とかじゃダメかなあ…信越新幹線あたりが妥協点のようにも思えますが難しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

日本共産党は護憲政党ではない

「自民党案、読めば背筋ぞくっと」 志位・共産党委員長
http://www.asahi.com/politics/update/0503/TKY201305030295.html

そうですか。それならば、1946年(昭和21年)に日本共産党が出した『日本人民共和国憲法(草案)』を読んだ国民は背筋が凍るどころかショック死してしまうかもしれませんね。

あまり知られていないようですが、日本共産党は、このように自らの憲法改正案を持っている政党です。この草案では、天皇制を廃止して人民共和制国家の樹立を主張しています。

「いや、これは古すぎるから関係ないでしょ」と思ってはいけません。
日本共産党は未だにこの草案を否定していませんし、それどころか平成5年に日本共産党委員会付属・社会科学研究所編の『憲法の原点』でこの草案の歴史的意義が再確認されています。

したがって、日本共産党は現在の憲法を護りたい『護憲政党』ではなく、『日本人民共和国憲法改正政党』と言った方が良いでしょう。党として筋を通すならば、共和制を主張しなければならないのです。

リンク先の条文を読んでいただければわかりますが、この『日本人民共和国憲法(草案)』の憲法改正要件は『国会代議員の三分の二以上の出席によつて開会される国会において、三分の二以上の多数をもつて採択されねばならない』となっているだけで、国民投票はその要件となっていないため、現在の日本国憲法と比べれば軟性憲法といえます。

但し、最後の第百条で『日本人民共和国の共和政体の破棄および特権的身分制度の復活は憲法改正の対象となりえない』と厳しい縛りをかけていますので、君主制の復活はありえず、違う次元での硬性憲法といえるかもしれません。

ところで、毎年憲法記念日になると9条の話ばかりですが、今年は96条の改正が焦点になっていますね。
私は護憲派と言われる方たちに「9条の論理と精神に自覚して忠実であり続けることは具体的にはどういうことなのか、また、9条を守るためにあなた方護憲派は今日まで何をしてきたのですか」と問いたいです。

憲法は平常時だけではなく、緊急時に真価が発揮できるようでなければなりません。昔に比べて改憲派の国民が増えてしまった現実を見れば、護憲派の人たちが現実の国際政治の中で国民に対し説得力のある行動を取ってこなかったことが原因だと思います。
『9条があるにもかかわらずなすべきことをしてこなかった』それがすべてではないでしょうか。

日本とASEANが金融協力強化で合意、日系企業の現地通貨調達支援
http://jp.reuters.com/article/domesticJPNews/idJPTJE94201K20130503

>併せてASEANプラス3の財務相・中央銀行総裁会議も開かれたが、中国と韓国の財務相は欠席した。靖国神社の問題などで緊張関係が高まっていることもあり、両国と日本との間での会合も開かれなかった。こうした中、日本はASEANとの協力関係を強めたい考えで、幅広い分野での協議を始めることにしている。

中国(韓国)包囲網って感じですかね。
日韓スワップ協定については昨年韓国の方から延長を断ってきたので、中国・韓国のスワップ協定だけで仲良くやって下さいね~ということで良いのでは。

原因は靖国神社の問題とありますが、これは日本が逆にカードとして利用できそうです。
中国や韓国が日本にすり寄ってきた場合、首相や大臣が靖国参拝をすればいい。
中国、韓国はこれまでの経緯やメンツもあり、怒って首脳会談は破棄せざるを得なくなるので日本は何もしなくても圧力をかけることができます。
『首脳会談したければ靖国参拝に文句言うな!』と言ってやりましょう。

この状況に特に困っているのは韓国ではないでしょうか。
中国と韓国は2008年に260億ドル規模の通貨スワップ協定を締結。その後2011年に規模を570億ドルにまで拡大しており協定の期限は2014年までとなっています。

円安などの影響もあり、急激に経済状況が悪化している韓国にとって、この中韓スワップ協定は最後の頼みの綱。来年度以降の保証が無いので本当は日本とのスワップ協定を復活させたいところ。
それでもメンツがあって日本に頭を下げられないのでしょう。
中国も韓国もメンツというくだらないものにこだわって自分の首を絞めているように見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年5月 1日 (水)

民主党と約束しても裏切られる?

安倍首相:公邸へ引っ越し遅れる 就任から最長記録更新
http://mainichi.jp/select/news/20130501k0000m010068000c.html

体調問題もあるので、無理に引越ししないで自宅から通っても良いと思います。

猪瀬氏発言:JOC会長「不適切表現あった」 招致は継続
http://mainichi.jp/select/news/20130501k0000m010036000c.html

知事に油断、慢心、驕りがあったのかなと。日本人は宗教に関する発言に無頓着というか、あまり深い意味も考えずに発言してしまうところがあるけれど、外国ではそれは通用しない。そもそも、反日で有名なニューヨークタイムズのインタビューを受けるべきではなかったか、受けるにしても相当な警戒心を持って臨むべきだったと思う。相手のひっかけ質問に思わず調子に乗ってしゃべってしまったのかもしれないが、それは知事の油断でしょう。

菅官房長官「真意説明していく」=韓国国会決議
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_date1&k=2013043000477

説明するのは構わないけれど、相手が理解するつもりが無いのだから無視すれば良い。韓国人にとって反日は元気の素なのだからやめる気なんて無いでしょう。アメリカが仲よくしろと言ってくるのも、別に日本や韓国のためを思って言っているのではなく自国の利益のため。今、朝鮮半島でもめ事を起こしてもらっては困るということ。仮に将来、アメリカが韓国と日本のどちらかを見捨てなければならない状況に追い込まれたなら、間違いなく韓国の方を切るでしょう。

「安倍首相は大きな間違い」=民主・野田氏、定数削減の履行迫る
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013043001059

>「安倍晋三首相は2012年11月の党首討論で私と約束したと言っているが、大きな間違いだ。0増5減だけを約束したのではなく、政界も身を切る覚悟を示さなければいけない」

と野田さんは述べたそうですが、「身を切る覚悟」という部分が定数削減に触れている部分だと言いたいのでしょうか。何か曖昧ですよね。もちろん、それはそれで実現すべきことだと思いますので、0増5減を成立させた後、必ず定数削減も実現するための協議に入る旨の覚書なり念書なりを衆議院議長の立会いの下取り交わしたらどうでしょうか。でも、サインしても民主党の方が裏切るかもしれません。

年金に関する2004年5月の自民・公明・民主「三党合意」を皆さん覚えていらっしゃいますか?もう何年も前のことなので忘れている方も多いでしょう。
これは、年金の一元化問題を含めた社会保障制度全般の一体的見直しのための協議会設置等について、3党幹事長が署名、合意したものです(ちなみに当時の民主党代表は菅直人氏)。当時民主党幹事長だった岡田氏はこの文書にサインしています。ところが、民主党はなかなか協議に応じようとしません。

翌年2月、当時の小泉首相は、民主党代表になった岡田氏に対し「あなたがサインしたでしょう」と協議のテーブルにつくよう求めたのですが、岡田氏は小泉首相に対して、
「小泉純一郎首相は三党合意とかいう『古証文』を何回も取り出しているが、相当カビが生えている」
と批判しました。自分がサインした文書を『古証文』『カビが生えている』と言ってバカにしたのですよ。三党合意から1年も経っていないのにです。

公党の幹事長が自らサインした文書を勝手に反故にする。民主党がいかに信用ならない政党であるか、こういう経緯を見れば明らかなのですが、野田さんはそういうことも忘れているんですかね。

皇太子ご夫妻、新国王即位式に=雅子さまも笑顔で参列-オランダ
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013043000964

雅子妃は本当に華のある方だと思います。妃殿下がいらっしゃっただけでその場がパッと明るくなるような感じ。色々批判があることは承知しているけれど、それでも笑顔で参列されているお姿を拝見していると、少しずつでよいので健康を取り戻していただきたいと心から願わずにはいられません。

Masako1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »