« 外交デビューした主席夫人 | トップページ | 理解できない車の運転やこだわり »

2013年3月29日 (金)

「官邸・公邸見学ツアー」を試験的に実施

30日「官邸・公邸見学ツアー」千代田区の児童・生徒80人招待

安倍官邸にようこそ-。政府は30日に首相官邸近くの東京・千代田区立麹町小学校と麹町中学校の児童・生徒を対象に、官邸と公邸の見学ツアーを実施する。菅義偉官房長官が28日の記者会見で発表した。

 政府と国民との距離を近づける「開かれた行政」の一環として安倍晋三首相が発案。菅氏は会見で「将来を担う子どもたちに学びの機会を提供したい」と述べた。

 官邸事務所によると、官邸、公邸ともに一般見学は初めて。政府は夏休みを利用した児童・生徒の見学を計画しており、今回は試験的に実施する。

 当日は麹町小中学校の児童・生徒計約80人を招待し、官邸職員が官邸内の会議室や組閣時に閣僚が写真撮影するのに使う階段などを案内する。
(Yahoo!ニュース-産経新聞3月28日(木)18時47分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130328-00000598-san-pol

千代田区の児童・生徒さんたちいいなあ~
うらやましいです。
皇居の宮殿の中と官邸の中は一度でいいから入ってみたいですね。
皇居は一般参賀で広場までは入ったことがありますが、宮殿の中までというとこれは相当ハードルが高いです。
う~む、ノーベル賞でも取れば確実に入れるんですけどね。あはは

それに比べれば官邸の方が少しはハードルが低いイメージです。
民主党時代に左翼の人たちも含めて色々な一般人を沢山入れてしまったので、昔ほど閉ざされているイメージは無くなってしまいました。
それでも、一般人はなかなか入ることはできませんよね。

昔、小泉内閣の頃、メルマガ100号記念企画「らいおんミーティングin官邸」という企画がありました。2003年6月のことです。
当時のメルマガ編集長は内閣官房副長官の安倍晋三(現首相)だったんですよ。
この頃は官邸への一般人の出入りは激しく制限されていたので、官邸の中に入ることのできるというこの企画に私は当然応募しました。

しかし、何と20名しか当選できないのに3000名も応募があったんですよ。
「私は絶対に当選して官邸の中に入ることができる!」と妙な自信を持って応募はがきを送ったのですが、見事に落選・・・
官邸に行く時の服装まで何にしようかとものすごく具体的に考えていたのにぃ・・・
今思うとバカみたいですね。
はがきは一人一通しか出してはいけないというルールだったのですが、後になって当選者の中に複数枚出した方がいたことを知り「ずるいよ~」と怒ったことを思い出しました。
まあ、そんなことも今では懐かしい思い出です。

開かれた官邸については小泉内閣当時官邸へお願いメールを送ったところ、内閣からきちんとした回答メールを頂きました。普通は「ご意見ありがとうございました」といった定型文の返事しか来ないので、うれしかったですね。しかし、内容は「警備の都合上、開かれた官邸はなかなか難しい」といったものでした。

今回の「官邸・公邸見学ツアー」は対象が子供ということなので許可が出たのでしょう。私も入ってはみたいですが、一般人が気楽に入ることができることが果たして良いことなのかどうか・・・
それを考えると、今では厳しく制限した方が良いのではないかと思っています。

|

« 外交デビューした主席夫人 | トップページ | 理解できない車の運転やこだわり »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/57055940

この記事へのトラックバック一覧です: 「官邸・公邸見学ツアー」を試験的に実施:

« 外交デビューした主席夫人 | トップページ | 理解できない車の運転やこだわり »