« ネット上のトラブルと保護者の認識 | トップページ | ロケット技術はコピーできない »

2013年2月 1日 (金)

河野談話は今後官房長官対応が適当

河野談話「官房長官が対応」=安倍首相

安倍晋三首相は31日の衆院本会議で、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話について「政治・外交問題化させるべきではない。当時の河野官房長官により表明されたものであり、官房長官による対応が適当だ」と述べた。共産党の志位和夫委員長への答弁。
(Yahoo!ニュース-時事通信1月31日(木)16時28分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130131-00000107-jij-pol

こういう対応を見ていると、安倍さんもずいぶん学習したなあと思います。第一次安倍内閣時にこの問題で失敗していますから、その点はしっかり反省したのでしょう。

恐らく、参議院選挙までは問題になりそうな外交問題はなるべくスルーするつもりなのだと思いますが、第一次安倍内閣時にもこの問題をこうして淡々と処理していれば、へたに韓国を刺激せずに済んだのに、今思うと残念なことをしました。

もう慰安婦の問題は、歴代内閣のように、河野談話を儀礼的にというか形式的に淡々と認めて終わりという態度を貫くしかないのではないでしょうか。

私自身、河野談話は最悪の談話だと思っていますし、破棄してもらいたいのが本音です。
しかし、安倍さんが下手にこの問題に拘ったがために韓国が外交カード化してしまったのも事実。今からこの問題をひっくり返すのは相当な覚悟が必要であり、それを安倍さんができる自信が無いのであれば、これ以上この問題にかかわるべきではないと思います。

その代り、これ以上韓国が何かを要求してきても一切認めてはいけません。法的に解決済み、人道的にも可能な限り取り組んだことを淡々と述べれば良いでしょう。
日本はこれ以上謝る必要もないし、補償する必要もありません。日本にはそれだけ歴史的正当性があるにもかかわらず、河野談話まで出して謝っているのですから。
その点今回、河野談話を官房長官対応としたのはなかなか良い判断だったと思います。

|

« ネット上のトラブルと保護者の認識 | トップページ | ロケット技術はコピーできない »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56669910

この記事へのトラックバック一覧です: 河野談話は今後官房長官対応が適当:

« ネット上のトラブルと保護者の認識 | トップページ | ロケット技術はコピーできない »