« スパイ大作戦と時代劇 | トップページ | 鳩山元首相のお騒がせ発言 »

2013年1月15日 (火)

選挙制度改革も忘れないで下さい

中選挙区制復活も検討?…3党意見集約は不透明

自民、公明両党は近く衆院選挙制度改革を巡る論議を開始する。民主党を交えた3党は、選挙制度の抜本改革を検討したうえで、通常国会会期末までに定数削減に必要な法改正を行うことで合意している。しかし、各党内の意見集約もできておらず、抜本改革への道筋は不透明だ。(以下略)
(Yahoo!ニュース-読売新聞1月15日(火)16時0分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00000757-yom-pol

政治のニュースというと、最近は景気対策の話ばかりでそれ以外の話題についてあまり語られていないような気がします。
その中で、選挙制度改革は地味な話題ながら大変重要な問題ではないでしょうか。
今回の衆院選前に、小選挙区定数を「0増5減」とする法改正を成立させていますが、区割り作業が間に合わず、違憲状態の区割りのまま衆院選が実施されていることが問題です。
いくら「0増5減」の法改正を成立させていると言っても、裁判所から選挙が無効であるとの判断が絶対に下されないという保証はありません。仮にそうなったら大混乱になります。
私はさすがに裁判所はそこまでの判断はしないと思っているのですが、この問題をいつまでも放置してよいはずがありません。早急に改革すべきです。
しかし、単純に中選挙区に戻すのも難しいようですね。私は憲法違反の恐れもある連用制の導入だけは絶対反対なので、比例定数を削減するのが現実的かなと思います。
各党の利害が絡んでくるので調整は難しいとは思いますが、通常国会期間中に成立させるべき問題だと思います。

|

« スパイ大作戦と時代劇 | トップページ | 鳩山元首相のお騒がせ発言 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56550380

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙制度改革も忘れないで下さい:

« スパイ大作戦と時代劇 | トップページ | 鳩山元首相のお騒がせ発言 »