« 肥満大国:アメリカ人は揚げ物大好き | トップページ | 安倍首相、「ぶら下がり取材」に応じない考え示す »

2013年1月 8日 (火)

維新・みんな、民主を敬遠

維新・みんな、民主を敬遠…野党選挙協力に暗雲

 夏の参院選をめぐり、民主党が意欲を見せる改選定数1の「1人区」を中心とした野党選挙協力に早くも暗雲が立ちこめている。

 日本維新の会の松井幹事長が7日、民主党との選挙協力に否定的な見解を示し、みんなの党からも民主党を敬遠する声が出た。政策面で違いが大きく、野合批判を浴びかねないと懸念しているためで、民主党は近く、野党各党に幹事長会談を呼びかけるものの、協議は難航しそうだ。

 民主党の海江田代表は7日の役員会で、「参院選にあたっては、他の野党との協力も必須だ」と強調した。

 同党の細野幹事長は7日の記者会見で、「参院選の勝敗ラインは、自公両党で過半数を確保するか、それを(野党が)阻止できるかだ。維新の会と全く選挙協力できないなら、おのずと自民党を利することになる」と語り、維新の会との連携にこだわりを見せた。

 これに対し、松井氏は7日、記者団に対し、日本教職員組合(日教組)出身の輿石東参院議員会長を名指しし、「協議は絶対に無理だ」と言い切った。維新の会は、公立学校の校長公募など日教組が反発している教育改革を進めている。みんなの党幹部も「選挙協力は維新の会とだけにして、民主党とは戦う」と語る。
(Yahoo!ニュース-読売新聞1月8日(火)8時45分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130108-00000213-yom-pol

みんなの党も日本維新の会も、さすがに民主党と組んだらおしまいだと悟ったようですね。
民主党は参院選でも負けそうなので焦っているようですが、どうしても野党連合を実現したければ、民主党が保守系と革新系の二つに分かれて保守系議員だけがみんなや維新と一緒になるしかないです。

民主党に政権を取らせてみて、この政党が非常に左翼的な思想を持った政党であることが多くの国民に理解されたと思います。マスコミは盛んに「自民も民主も同じ」といった表現をしますが、中身は全く異なります。保守系を支持する有権者は今の民主党には絶対に投票しないでしょう。

歴史的に長い間、自民党が与党時代、これまで保守系の野党というものが存在しなかったのが不幸でした。自民党が巨大すぎて自党の中に革新系議員まで抱え込んでいたことが結果として保守系野党を育てることができなかったのだと思います。
そのため、自民党に不満があっても批判票を入れる政党が社会党や共産党しかなかったということです。

その意味では、みんなの党や維新の会は保守系野党と言い切って良いかどうかはわかりませんが、少なくとも民主党よりも自民党と協力する方が上手くいくでしょう。
これまで、自民党に投票したくない有権者は仕方なく民主党に入れていた可能性がありますが、これからはみんなの党や維新の会にその票が流れると思います。

それでは、みんな・維新から敬遠されている民主党はどうすれば良いのでしょうか。
民主党は、野田前首相や前原氏らが民主党を出ていくか、逆に輿石さんや菅元首相らを追い出すかして一方が穏健保守政党とならなければどの政党とも組めないと思います。
自民党にとっても、革新系野党と組んで思い通りの政策が実現できなければ意味がありませんから、民主党が分裂して右左のカラーが鮮明になってくれれば更にありがたいのではないでしょうか。

|

« 肥満大国:アメリカ人は揚げ物大好き | トップページ | 安倍首相、「ぶら下がり取材」に応じない考え示す »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56499833

この記事へのトラックバック一覧です: 維新・みんな、民主を敬遠:

« 肥満大国:アメリカ人は揚げ物大好き | トップページ | 安倍首相、「ぶら下がり取材」に応じない考え示す »