« 古い壺や甕の魅力 | トップページ | 尖閣諸島沖で麻雀バトル »

2012年12月 3日 (月)

なぜ外交・安保問題より原発問題が争点になるのか

総選挙で投票したい政党がない! そのとき、有権者の心得は?

民主、自民への対抗勢力を掲げる「第三極」の動きが活発化している。“卒原発”を主張し、12月2日に「10年以内の原発完全廃炉」などの衆院選公約を発表した滋賀県の嘉田由紀子知事を中心とした「日本未来の党」には、「国民の生活が第一」「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」が合流。その一方、「日本維新の会」と「みんなの党」は合流の見送りが決まった。

これら「第三極」は政権与党にならなくとも、衆院選後の勢力に応じて、さまざまに連立・提携する可能性が高い。となれば、その組み合わせによって実現できる政策、実現できない政策のメニューも大きく変わってくる。積極的に支持したい政党がない有権者にとっては、ますますどこに投票すべきかわからなくなってしまう。

テレビ朝日コメンテーターの川村晃司氏は、こうアドバイスする。

「自分が最も優先する政策をひとつだけ絞ればいいんです。例えば、憲法改正にだけは反対したいと思ったら、同じ意見の候補を見つけ、投票する。その場合、党にこだわることはありません。憲法改正に賛成の党でもその中には必ず慎重派はいるものです。そうした議員を当選させることによって、憲法改正に歯止めをかけることができます」

しかし、今や政党が平気で政策をホゴにする時代。政策を信じられない場合はどうすればいいのか。政治評論家の有馬晴海氏が答える。

「確かに民主の公約破りで、誰もマニフェストを信じなくなりました。おまけに期待の維新も石原・太陽の党と数合わせに走ってしまった。当選のためならなんでもありという状況です。こんなときは政策よりも人物で選ぶしかありません」

地域に密着して政治活動をしてきた候補を探し、その生演説を聴きに行くことを有馬氏は勧める。

「その話し方、表情、所作に意外と人柄や資質がにじみ出るものなんです。それをじっくり観察し、これなら大丈夫と思える候補者に票を投じればいいんです」

もっと前向きに、「今回の衆院選をチャンスととらえるべき」というアドバイスも。ジャーナリストの青木理氏が言う。

「少子高齢化になり、経済は右肩下がり。だからこそ、これからの日本はどうあるべきか、低成長時代の豊かさ、生き方とはなんなのか、国民一人ひとりが問い直さないといけないでしょう。ひとりの政治家、人気者のヒーローにその作業を任すべきではないんです。原発、TPP、9条改正など、すぐに答えの出ない争点と向き合うことになる今回の選挙は、その問い直し作業のまたとないチャンスになるはずです」

自分の一票を“死に票”にしないためにも、政策重視で16日の投票所へ向かいたいものだ。
(Yahoo!ニュース-週プレNEWS12月3日(月)19時10分)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121203-00000783-playboyz-pol

衆院選は明日公示だというのに、政党は沢山あるし、それぞれの主張もよくわからないしと、争点が沢山あって有権者の判断も迷いますね。急に原発問題がクローズアップされたりして、テレビ、新聞はそのことばかり言っています。確かに重要な問題ではあるけれど、そうした動きが何だか腑に落ちないんですよね。

しかし、こちらのブログ記事を読んで「なるほど!」と思いました。外交安保、領土、憲法を争点にさせないために、マスコミはここへきて突然原発問題を争点化させようとしているのでしょう。

私は、民主党政権時代に日本の安全保障がガタガタに壊されてしまったと思っているので、私の中での争点は「外交・安保」です。これらに関して、しっかりとした考えを持つ政党に一票を投じたいと思っています。

国民の関心が高い年金や社会保障問題は、どの政党が政権に就くことになっても、与野党協力してより良いものを作り上げていくべきで、過去民主党が行ったように、選挙に利用してはいけないものです。そのために国民会議で議論するのですから。

年金や社会保障問題を選挙に利用できないとなると、他に国民の関心が高い分野では経済対策があります。しかし、現政権下でガタガタになったのは外交、安保だけではなく日本経済も同じなので、民主党はこれも争点化したくないでしょう。

そうなると、原発とTPP問題を争点化しておけば、有権者は焦点がぼやけて民主党の失策から多少目を逸らすことができると考えたのかもしれません。マスコミが突然、原発やTPPのことばかり言いだしたのは何だかおかしいと思ったんですよね。

しかし、国民もこの3年間で学習していますし、単純にマスコミの言いなりになるとも思えません。有権者の皆さんは、ご自分の大事な一票の重みをよく考えて投票していただきたいと思います。

|

« 古い壺や甕の魅力 | トップページ | 尖閣諸島沖で麻雀バトル »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56246350

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ外交・安保問題より原発問題が争点になるのか:

« 古い壺や甕の魅力 | トップページ | 尖閣諸島沖で麻雀バトル »