« 参院選勝利のためには過去の反省が必要 | トップページ | 2012年大晦日 »

2012年12月28日 (金)

左翼メディアは下品ですね

「ネトウヨ内閣」「国防軍オタク内閣」… 東京・中日新聞新内閣記事に苦情電話が殺到

 東京新聞と中日新聞が2012年12月27日付朝刊に掲載した安倍内閣に関する特集記事が、「最低すぎる」「便所の落書きレベルだ」と読者やネットユーザーから厳しい批判を浴びている。

 各界有識者に新内閣の印象を閣僚人事などから語ってもらうという内容だが、「ネトウヨ内閣」「厚化粧内閣」など紙面の大半を否定的な評価で埋めてしまったからだ。中日新聞名古屋本社には27日だけで100本近くの電話が殺到し、担当者は頭の下げっぱなしだったという。

■「『敗者復活』の『逆戻り』」「『改憲』狙いの『厚化粧』」

 「安倍新内閣 名付けるなら」というメーン見出しの特集記事にコメントを寄せた識者は、慶応大教授の金子勝さん、エッセイストの北原みのりさん、作家の宮崎学さんら計10人。それぞれのネーミングを紹介すると、「戦争ごっこで遊びたい『ネトウヨ内閣』」と名付けたのは北原みのりさん。宮崎学さんは「国防軍オタク内閣」と評し、政治評論家の森田実さんは、閣僚メンバーに極右が目立つとして「極右はしゃぎすぎ内閣」と名付けた。

 慶応大の金子勝教授は甘利明氏を経済再生担当相に起用したことを問題視し、脱原発に逆行する「逆戻り内閣」とネーミングした。高崎経済大の國分功一教授は、憲法改正や日銀法改正に絡む安倍首相の発言などから「学力低下内閣」と命名し、元沖縄県知事の大田昌秀さんは「新内閣は『改憲内閣』になりかねない」。人材育成コンサルタントの辛淑玉さんは、党役員に女性を起用してタカ派の素顔を隠す「厚化粧内閣」と指摘した。

 このほか、作家の高村薫さんはそこそこの優等生を集めた点で「そつなくまとめてみました内閣」、脱原発デモ主催者の松本哉さんは「まぐれ敗者復活内閣」「期待度ゼロ内閣」、市民団体「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」世話人の椎名千恵子さんは「福島圧殺内閣」と名付けている。

 ちなみに東京新聞のサブの見出しは、太い黒文字で「『敗者復活』の『逆戻り』」「『改憲』狙いの『厚化粧』。中日新聞のレイアウトは、右手を挙げて官邸入りする安倍首相の全身写真の周りを「ネトウヨ」「改憲」「学力低下」などのネーミングが取り囲んでいた。

「記事擁護の電話は皆無だった」
 東京新聞(中日新聞東京本社発行)と中日新聞によると、物議を醸したこの特集記事は、東京新聞特報部が取材・執筆した。特報部の記事は東京新聞だけでなく、中日新聞にもレイアウトや一部見出しを変えて掲載されており、発行部数270万部を誇る中日新聞の名古屋本社には掲載日の27日早朝から抗議の電話が殺到した。

 名古屋本社読者センターによると、電話は27日だけで100本近くになり、数は減ったとはいえ28日も相次いでいるという。ほぼすべてが怒りの電話で、「よく書いた」という声はほとんどなかった。「余りにも偏った記事」「評価する声を敢えて無視したのか」といった意見が多かったという。

 発行部数約55万部の東京新聞への苦情電話は27、28日を合わせて10本程度だった。東京新聞特報部に「なぜ否定意見ばかり載せたのか」と質問したところ、「他にも多くの人に依頼したが断られるなどしてこの10人になった」と回答した。「結果として『バランスを欠いている』と指摘されれば否定はできないし、もう少し(表現について)オブラートに包むべきだったかもしれない」とも答えた。

 一方、この記事を巡っては当然のようにネットユーザーも燃え上がった。

  「便所の落書きレベル」「ユーモアに昇華させるセンスも無いのか」「マスゴミ…さすがに品がなさすぎるぞ」「中日新聞を命名するとお下劣新聞だ」「赤旗のほうがなんぼかマシだ」「中日新聞、徹底的に叩くぞ」。

 こうした意見がネットの掲示板やツイッターに途切れることなく書き込まれた。

  「思想の左右は置いておくとして、いくらなんでもこれは報道ではないだろう」「この新聞壊れてしまったの?」「さすがにこれは言論の自由を履き違えてはいないか」

と言論機関としての基本姿勢に疑問符をつけるコメントも多かった。

 記事を評価する意見はないかと目を凝らして探したものの、見つけることはできなかった。
(Yahoo!ニュース-J-CASTニュース12月28日(金)18時57分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121228-00000007-jct-soci&p=2

自民党が政権に復帰したら、マスコミからの批判はある程度予想はしていましたが、現実は私が想像していた状況よりはるかにひどいです。

その中でも、この東京新聞と中日新聞の記事は最低レベルですね。到底一流の新聞が書いたものとは思えません。(元々一流じゃないけど)

人に不快感を与えるレベルにも色々あって、皮肉・嫌味・悪口などと言われますが、この記事のレベルは単なる下品な悪口でしょう。言葉の端々に自分たちの思うようにならなかった悔しさがにじみ出ています。これでは、私が普段読んでいる左翼のブロガーの下品な叫びと変わりません。

それにしても、金子勝氏、北原みのり氏、辛淑玉氏など、日本が大嫌いな左翼の方々をよくもまあ集めて言わせたものだと呆れてしまいます。

左翼の方々は、『反権力』を語ることがインテリであり、自分自身も頭が良いと思っているようですが、具体的な問題に直面した時、問題解決能力がありません。議論することは好きだけれど、実行力が無いのです。彼らが大好きだった民主党政権が良い例でしょう。
その大好きな民主党が政権の座から転げ落ちたことが、左の人たちにとっては悔しくて悔しくてたまらないわけです。

今日のテレビ朝日のワイドスクランブルも歴史に残るほどひどかったですね。
美輪明宏氏と茂木敏充経済産業相のやり取りは凄まじい偏向番組でした。

原発問題について、誠意を持って、順を追って説明している茂木大臣に、ひたすらヒステリックな暴言と謝罪要求をする美輪氏。
美輪氏が自民党大嫌いなのはわかりますが、茂木氏に対してあまりにも非礼で非常識。それを止めようともしないテレビ朝日の司会者。見ていて気分が悪くなって思わずチャンネルを変えようと思ったほどです。

ここまで罵倒されても茂木さんは最後まで冷静でいらっしゃったことに驚きです。普通の人ならキレてますよ。
ああいう番組構成をするテレビ朝日は確信犯なんでしょう。大臣がキレればしめたものだなんて思っていたのではないでしょうか。

TBSラジオの金曜朝の森本毅郎氏と小沢遼子氏の番組も左の電波がすごいです。不愉快になるから聞かなければ良いのですが、自分と正反対の思想の方々はどんなことを考えているのだろうかと、怖いもの見たさならぬ、怖いもの聞きたさで聞いてしまいます。しかし、聞き終わった後いつも『聞かなきゃよかった・・・』と思います。

家では長年朝日新聞をとっていますが、朝日新聞も安倍政権になったのがよほど悔しいらしくて、夕刊の「素粒子」は昔に比べて非常に下品になりました。昔は、皮肉の言葉も山椒のように小粒でぴりりと効いて味があったものですが。

「声」欄は一般人の名を借りた左の電波全開のページなので、何年も真剣に読んだことがありません。経済や生活欄はまともなのでそちらを中心に読むようにしているのですが、さすがに最近は他紙に変えることを考えるようになりました。

中道から右寄りの方でも、私のように結構左系のメディアを見たり聞いたりしている方は多いと思います。考えの違いを知ることは必要ですし、また、知らなければ反論もできませんから。

しかし、選挙で自民党が大勝してから、左翼メディア、ブロガーを問わず自民党へのなりふり構わない攻撃がひどすぎます。恐らく、彼らは参院選で自民党を勝たせたらこの世の終わりだと思っているからでしょう。

私は、今の自民党を全面的に支持していませんが、左翼に対する対立軸としての自民党が勝たなければ日本が大混乱に陥ると思っています。
その意味では、次の参院選が最終決戦であるくらいの覚悟で自民党は戦わなければならないと思います。選挙に勝つためには、左翼メディアとの戦いに勝つことも重要ですね。

|

« 参院選勝利のためには過去の反省が必要 | トップページ | 2012年大晦日 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56414092

この記事へのトラックバック一覧です: 左翼メディアは下品ですね:

« 参院選勝利のためには過去の反省が必要 | トップページ | 2012年大晦日 »