« 復活当選の是非 | トップページ | 参議院選勝利は竹島の日式典に優先する »

2012年12月20日 (木)

「ぶら下がり取材無し」も政権交代の効果

「ぶら下がり取材」は応ぜず=安倍氏、首相就任後

 自民党の安倍晋三総裁は26日の首相就任後、首相官邸で記者団の毎日の「ぶら下がり」取材には応じない意向を固めた。安倍氏周辺は「(毎日の取材対応に)神経を使うのはよくない」とし、首相官邸からの情報発信は節目に記者会見を行うとしている。 
(Yahoo!ニュース-時事通信12月19日(水)18時5分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121219-00000112-jij-pol

民主党に一度政権を取らせてみて良かったなと思うのは、民主党がやっていたこと、やらなかったこと、どちらにおいても、これからは自民党に対していちいち批判できなくなったことではないでしょうか。

首相のぶらさがり会見もそのひとつ。菅さんも野田さんもやっていなかったので、今さら安倍さんにだけやって欲しいともマスコミは要求できないでしょうから。

これからも様々な場面で、こういうことが起こってくるかと思いますが、民主党がいろいろな前例を作ってくれているので、安倍さんも嫌なことは「民主党政権時代はやっていなかったでしょ?」と、きっぱり断れば良いと思います。
やはり、色々な意味で政権交代があって良かったと思います。

|

« 復活当選の是非 | トップページ | 参議院選勝利は竹島の日式典に優先する »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56354207

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぶら下がり取材無し」も政権交代の効果:

« 復活当選の是非 | トップページ | 参議院選勝利は竹島の日式典に優先する »