« 鳩山元首相、『我慢して民主党から出馬します』 | トップページ | よこすか能2012 »

2012年11月20日 (火)

安倍総裁への不安

<安倍総裁>「冗舌」を懸念 「首相のつもり?」批判も

金融政策やデフレ対策などをめぐり自民党の安倍晋三総裁が積極的な発言を繰り返していることに、懸念が広がり始めた。安倍氏が「無制限の金融緩和」論をぶつと、円安が進むなど市場は敏感に反応するが、17、18両日の毎日新聞の世論調査で同党の支持率はダウン。公明党から「首相に返り咲いたつもりでいるのでは」(幹部)と、「慢心」を警戒する声が上がっている。

「大胆な金融緩和を行って、2、3%のインフレ目標を設定し、無制限に金融緩和を行う」。安倍氏は19日の党本部での会合で、政権復帰後の「無制限な金融緩和」を改めてアピール。17日には熊本市で、デフレ脱却策として日銀による建設国債の全額引き受けを検討するとも表明した。

 15日には東京都内での講演で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加についても前向きな姿勢を見せた。交渉参加に反対の加藤紘一元幹事長らは翌日、真意を確認しようと党本部を訪れ、安倍氏が「今までと違うことを言ったつもりはない」と釈明する一幕もあった。

 報道各社の世論調査で支持率が下落傾向にあることにも、党内に不安が広がる。前職の党中堅は「07年の『政権投げ出し』批判もあり、謙虚な姿勢でいるべきだ」。石破茂幹事長は、記者団に「慢心が片りんでも見えれば、この選挙は負けだ」と、緩みを警戒する。

 一方、民主党は「党首力」を問う選挙戦にしたい考え。毎日新聞の世論調査で「首相にふさわしい」が野田佳彦首相20%、安倍氏22%で拮抗(きっこう)したこともあり、リーダーの資質を争点の一つにする方針だ。

 「強い外交、と言葉だけ踊っても意味がない。タフな相手と渡り合って首脳外交を担っていけるのは誰なのか」。首相は16日の記者会見で、安倍氏を念頭にこう訴えた。

 さらに、こう指摘し、安倍氏の「政権投げ出し」を暗に批判してみせた。「判断したら逃げずに決断する政治が求められる。それがリーダーの姿だ」
(Yahoo!ニュース-毎日新聞11月19日(月)22時40分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121119-00000114-mai-pol

この記事の内容は、私が安倍さんに対して思っていることを的確に指摘しています。この間から書こうと思っていたのですが、やはり色々な人が私と同じことを考えているのですね。安倍さんが自民党総裁に立候補した時から懸念していたことが現実になってしまいました。特に気になった部分はこちら。

>公明党から「首相に返り咲いたつもりでいるのでは」(幹部)と、「慢心」を警戒する声が上がっている。

>報道各社の世論調査で支持率が下落傾向にあることにも、党内に不安が広がる。

>前職の党中堅は「07年の『政権投げ出し』批判もあり、謙虚な姿勢でいるべきだ」。

>石破茂幹事長は、記者団に「慢心が片りんでも見えれば、この選挙は負けだ」と、緩みを警戒する。

>「強い外交、と言葉だけ踊っても意味がない。タフな相手と渡り合って首脳外交を担っていけるのは誰なのか」。首相は16日の記者会見で、安倍氏を念頭にこう訴えた。

最近の安倍さんは、自分では気がついていないのかもしれませんが、浮かれまくっているように見えます。『選挙に勝つ→総理大臣になる』という姿が見えているからでしょう。本当に望み通りの結果になるのでしょうか。

野田首相が民主党を割るのを覚悟で解散を決意した気迫と比べると、安倍さんはあまりに軽い。党首討論で解散を突き付けられた時に一瞬怯んだ姿は、不安を感じさせられました。

野田首相が首相として素晴らしいわけではないのに、毎日新聞の世論調査で「首相にふさわしい」が野田佳彦首相20%、安倍氏22%で拮抗しているのは、やはりこうした安倍さんの姿勢を有権者は敏感に感じ取っているからではないかと思われます。

安倍さんの演説で気になるのは『日本を取り戻す』という言葉。これは自民党の新しいポスターに書かれている言葉ですが、これを選挙戦で連呼されるのはあまり良いとは思いません。抽象的で、具体的に何をしたいのかよくわからないからです。

自民党によれば、『民主党政権によって壊されてしまったこの日本を、自民党が1日も早く再生する』という意味だそうです。
確かに民主党にこの国は壊されてしまったのはその通りですし、民主党に対抗して保守色を前面に打ち出したい気持ちはわかります。

しかし、安倍政権時代の『美しい国づくり』もそうだったように、抽象的でイメージが先行する言葉は選挙戦では迫力に欠けます。
それに比べると、郵政選挙の時の『改革を止めるな』(自民党)や前回衆院選の『政権交代』(民主党)は、何をやりたいのか具体像が見えて言葉に力がありました。

早速、野田首相から『強い外交、と言葉だけ踊っても意味がない』と突っ込まれてしまいましたね。国民は、『私が総理になったら○○をやる』といった具体的な言葉を聞きたいのではないでしょうか。

『慢心が片りんでも見えれば、この選挙は負けだ』という石破幹事長の言葉は、彼が選挙の責任者という立場だけではなく、安倍さんを総裁として身近に見てきた実感が表れていると思います。

自民党の総裁に安倍さんが選ばれた時、民主党の方々の言葉が気になりました。
「一番人気の石破さんでなくてよかった」「一度は政権を投げ出した人。新鮮味がなく、少しホッとした」
今の安倍さんを見ていると、この民主党の方たちの読みは当たっていたと思います。衆院選挙は安倍さんが考えているほど楽観できないでしょう。

|

« 鳩山元首相、『我慢して民主党から出馬します』 | トップページ | よこすか能2012 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/56151265

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総裁への不安:

« 鳩山元首相、『我慢して民主党から出馬します』 | トップページ | よこすか能2012 »