« 韓国は中国との通貨スワップ協定があるから全然困らないらしい | トップページ | 中国はいつまでたっても成熟できない国 »

2012年10月 5日 (金)

橋下代表VS維新国会議員

橋下代表と維新国会議員、深い溝あらわに

新党「日本維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)所属の国会議員9人(衆院5人、参院4人)は3日、国会内で初の両院議員総会を開き、民主党出身の松野頼久元官房副長官を国会議員団の代表に選出した。
 幹事長には自民党出身の松浪健太衆院議員、政調会長には、みんなの党出身の桜内文城参院議員が就任する。松野氏は記者会見で、「国会のことは国会議員団で決める」と強調。橋下氏は3日、大阪市役所で記者団に「国会議員団には『変なパフォーマンスに走らないでくれ』と言っている」と語り、両者の溝の深さを改めて露呈した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞10月4日(木)8時54分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121004-00000270-yom-pol

こうして党内でもめるのも、新党「日本維新の会」は、政党要件である「所属する国会議員(衆議院議員又は参議院議員)を5人以上有するもの」という条件を満たすために国会議員を寄せ集めただけで、本当の意味で政党として団結した組織では無かったということでしょうね。

国会議員側は日本維新の会の人気にすがって選挙を戦いたいし、橋下さんは、とにかく政党要件を満たすためなら国会議員の質とか条件にこだわっているわけにはいかなかったということだと思います。

お互いに不満を持ちつつも妥協したというのが本当のところなので、これからも色々な場面で両者の溝が表れてくるでしょう。

そもそも、国会議員ではない人物が党の代表を務め、大阪から永田町の国会議員に指令を出すというスタイルに無理があるのだと思います。しかし、橋下さんは、このスタイルを止めるつもりは無いでしょう。

彼には、『党の人気=代表個人の人気』との自信があるので、橋下さんにしてみれば、「文句のあるやつは日本維新の会から出ていけばいい」と思っているのでしょう。

しかし、最近党の人気に陰りが出てきました。やはり、自民党総裁に安倍晋三氏が決まり本格的に動き出すと、自民党に比べてどうしても日本維新の会の未熟さが目立ちます。

橋下さんは、あくまで強気で独裁的なスタイルを貫こうとしていますが、彼の破壊力には魅力を感じるものの、最近の彼の発言を聞いていると危うさの方が心配になってきました。

橋下さんは否定していますが、最終的にはご自身が国会議員になるということで党首としての求心力を高めていく方向に向かって行くのではないでしょうか。

|

« 韓国は中国との通貨スワップ協定があるから全然困らないらしい | トップページ | 中国はいつまでたっても成熟できない国 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/55815207

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下代表VS維新国会議員:

« 韓国は中国との通貨スワップ協定があるから全然困らないらしい | トップページ | 中国はいつまでたっても成熟できない国 »