« 竹島巡る外交文書に開示命令 | トップページ | 日本はこれ以上韓国の言いがかりに付き合う必要は無い »

2012年10月14日 (日)

野党党首に横綱相撲を求める田中文科相

田中文科相「安倍氏は稚拙」

田中真紀子文部科学相は12日の記者会見で、自民党の安倍晋三総裁が野田佳彦首相から衆院の早期解散の確約が得られなければ特例公債法案の成立に協力できないとしていることについて「首相経験者にしては稚拙。もっと大人の横綱相撲をしてほしい」と批判した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞10月13日(土)20時35分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121013-00000555-san-pol

「横綱相撲」の意味を調べてみると・・・
・正面から相手を受け止めて圧倒的な力の差を見せつけて勝つこと。
・実力に勝る側が、正攻法で戦い、勝つべくして勝つこと。
とあります。

ということは、野党の党首である安倍総裁の方が民主党より実力で勝っているから、圧倒的な力の差を見せつけて民主党に勝って良いということですね。
そうすると、田中文科相は安倍総裁に「頑張れ!」と言っているようなものですが。

田中さん、文部科学大臣なのに何か言葉の使い方を間違えていませんか?
・そもそも横綱は野田首相でしょう
・野党に横綱相撲期待してもらっても困ります
・相撲を取るためには場所(国会)を開いてもらわないとね
・野田首相の方に「横綱らしく逃げるな!」と言って下さい

民主党は野党の時も与党になってからも、とにかく都合の悪いことから逃げてばかり。政権を取ってから今日まで「国会を開かないこと」が常態化しています。
しかも、それをすべて野党のせいにする。
「中日関係が極めて困難な局面にあるのは、すべて日本側に責任がある」と平然と言ってのける中国と同じです。

それでは、正しい野党とはどうあるべきなのでしょうか。
山口二郎・北大教授が主張していた「野党の在り方」は、『野党は反対するのが仕事だ』という非常にシンプルなものでした。

山口氏は、長年民主党のブレーンでしたが、最近は民主党と距離を置く発言が目立ちます。自分が政権交代を煽って、結果的に詐欺師の片棒を担いでしまったとの思いがあるようです。もちろん、自民党に対しては相変わらず厳しいですが、今でも『野党は反対するのが仕事だ』という考えは変わらないのでしょうか。

昔の記事で取り上げたものですが、山口氏が、ねじれ国会を生じた2007年夏の参院選後『なぜ(与党)自民党のやっていることに野党は反対するのか』『野党とはどうあるべきか』について朝日新聞で述べた発言を再度引用します。
今読むと、この言葉をそっくりそのまま与党になった民主党政権に言ってやりたいですね。

≪一部の新聞やテレビは国政が停滞していると非難しているが、国民が参院で与野党を逆転させたということは、法案を簡単には通さない状況を、国民がつくったということでもある。国家の現状は政権交代が可能な二大政党制への必要な過渡期で、意思決定が一時的に不全になるのはやむを得ないコストだと割り切るべきだ。

≪政府・与党を批判して追いつめると、国政が停滞するリスクがある。そのリスクをあえてかぶり、一時的に政治が停滞しても「おれがやったら良くなるぞ」という開き直りが必要だ。日本の政治論議の変なところは、野党にも妙に責任をかぶせようとすること。野党は反対するのが仕事だ。与党の片棒をかついで政策を実現する義理はない。政権担当能力というのは日本の特殊な言葉だ。ヨーロッパにはない。
(朝日新聞2007年11月11日(日):オピニオン 耕論 「政治は大丈夫か」より引用)

>野党は反対するのが仕事だ。与党の片棒をかついで政策を実現する義理はない。

山口氏は、こう言い切っていますね。この考えは今でも変わらないのでしょうか。
そうだとすれば、自民党の現在の立場を十分理解できると思いますが・・・

<関連記事>
小沢氏続投の賛否
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_8a02.html
早く国会開いて下さい
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-973c.html

|

« 竹島巡る外交文書に開示命令 | トップページ | 日本はこれ以上韓国の言いがかりに付き合う必要は無い »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/55886918

この記事へのトラックバック一覧です: 野党党首に横綱相撲を求める田中文科相:

« 竹島巡る外交文書に開示命令 | トップページ | 日本はこれ以上韓国の言いがかりに付き合う必要は無い »