« 自民党の問責決議は評判が悪かった | トップページ | 今後、韓国経済は低成長が予測される »

2012年9月 2日 (日)

世界最小の犬

世界最小の犬、出生時の体重37グラム=英国

【新華網】 生まれた時の体重がわずか1.3オンス(約37グラム)だった犬の「ミニ」。英国に住むエマ・ウイリアムスさんの家でこのほど誕生し、「世界最小の犬」と呼ばれている。
ミニはヨークシャーテリアとチワワの雑種だ。生まれた時に体重が37グラムしかなく、同時に生まれたほかの犬の体重は少なくともその3倍。スマートフォン「iPhone」に納まるほどのサイズだった。ウイリアムスさんはこの子犬を育てるため、2時間ごとにミルクを与えている。
一般的にこうした雑種は出生時の体重が4.5オンス(約128グラム)ほどで、成長後は15ポンド(約6810グラム)程度となる。獣医は、ミニが成犬になっても体重は1.5ポンド(約681グラム)ほどにしか育たないとみている。(環球網)
(Yahoo!ニュース-毎日中国経済9月2日(日)10時49分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120902-00000001-xinhua-int

政治と比べて動物のニュースは和みますねぇ・・・
このわんこ、小さくてかわいいんですけど、うっかり踏んでしまいそうで怖いです。
スマートフォンと比べた画像を見ると、いかに小さいかがわかります。
成犬になっても5ポンド(約681グラム)程度とは、小さいなあ。
元気に育ってくれると良いですね。

Smallest_dog4

Smallest_dog1

Smallest_dog5

Smallest_dog3

Smallest_dog2

|

« 自民党の問責決議は評判が悪かった | トップページ | 今後、韓国経済は低成長が予測される »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/55562489

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最小の犬:

« 自民党の問責決議は評判が悪かった | トップページ | 今後、韓国経済は低成長が予測される »