« 野田首相、内閣大幅改造へ | トップページ | 中国からの「招待」は「命令」である »

2012年9月27日 (木)

進次郎氏はなぜ安倍氏に投票しなかったのか

自民総裁選 進次郎氏は石破氏に投票

自民党の小泉進次郎青年局長は26日、総裁選の2回の投票で、いずれも石破茂前政調会長に投票したことを明らかにした。党本部で記者団に答えた。
 これまで推す候補者を明らかにしていなかった小泉氏は、石破氏を支持した理由について「今までの自民党のイメージを払拭し、新しい自民党を築いていただきたいという期待を込めた」と説明した。
 1回目の投票でトップだった石破氏が決選投票で破れたことに関しては「ルールにのっとって戦った結果だから受け止めなければいけない。野球もクライマックスシリーズがあり、(リーグ戦で)1位ではないチームが日本一になることもある」と振り返った。
 安倍晋三新総裁については「自民党の限界を超えた自民党を作ってほしい」と話し、協力して政権奪還を目指す考えを示した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞9月26日(水)18時58分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120926-00000575-san-pol

進次郎さんは石破さんに投票したとのこと。これは私の予想通りでした。
なぜ安倍さんではなかったのかという点については、色々想像してしまうのですが、まだご自身が国会議員になる前の安倍政権時に起こった様々な出来事を、彼なりに考えた結果だと思います。もちろん、お父様のお考えもかなり影響があったでしょう。

私は過去、安倍さんにはかなり厳しい見方をしてきて、このブログにも散々書いたので繰り返しては書きませんが、正直、期待よりも不安が先に立ちます。
しかし、再び総裁になったからには、全力を尽くして国家・国民のために働いて欲しいと願っています。色々な意味で「今度は失敗は許されませんよ」とだけ言っておきましょう。

さて、進次郎さんが投票した石破さんについて。
彼は歴史認識がリベラル寄りなところがあり、その点がちょっと引っかかったのですが、国家の安全保障という大きな枠組みで捉えた時、彼の方向性は間違っていないと思います。そこのところは新総裁に選ばれた安倍さんともうまくやっていけるのではないでしょうか。

ところで、進次郎さんと安倍さんとの関係で面白い記事がありました。
少し前のPRESIDENT Online (プレジデント)の、『総裁選目指す安倍元首相が激しく“嫉妬”する相手』という記事です。一部分引用します。

≪「自民党のホープの小泉進次郎氏が安倍氏を支持したら一大勢力になるが、安倍周辺は若い進次郎の活躍に激しく嫉妬し、進次郎叩きの材料探しをしている有り様。現状ではありえない」(町村派関係者)≫
(PRESIDENT Online 2012年9月17日号)
http://president.jp/articles/-/7056

記事のタイトルだと安倍さんが進次郎さんに嫉妬しているようですが、内容は安倍周辺の人たちのようですね。もちろん、安倍さん自身が激しく嫉妬しているのかもしれませんが・・・

記事になるくらいなので、こういう話は全く根も葉もないこととも思えないんですよね。
それにしても、一年生議員に嫉妬するってどういうこと?何だか情けないなあ。
「進次郎叩きの材料探しをしている有り様」って、そんなことしている場合かって思いません?

勝手に嫉妬される進次郎さんは迷惑だと思います。
そういう色々なこともあって、進次郎さんは石破さん支持だったのかな?と想像しています。

Shinjiro22
(画像はFNNニュース)

|

« 野田首相、内閣大幅改造へ | トップページ | 中国からの「招待」は「命令」である »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

>進次郎さんは石破さんに投票したとのこと。これは私の予想通りでした。

私も石破さんが横須賀で総裁選出陣式を行ったと知った時にはそう思ったのですが、単に防衛大臣経験者なので横須賀でしただけかも?と考えたりして安倍さんか石破さんのどちらかと。
・・・後に出陣式の動画を観て私としてはちょっと気分が良かった事が(笑)。
講演などでさん付けで小泉さんを話題にする安倍さんや麻生さんとは違い、石破さんは小泉さんをまだ小泉総理と言ってらした! 場所が横須賀だからかもしれませんけど^^。

>進次郎氏はなぜ安倍氏に投票しなかったのか
>記事になるくらいなので、こういう話は全く根も葉もないこととも思えないんですよね。

男の嫉妬は女のそれより陰湿なところがあるのでこれも一つにはあるかも、と私も思えなくもないです。人間ですから。
それに、昨夜検索に引っかかった安倍さんを小泉改革の踏襲者と考えている反小泉の人のブログに、進次郎さん主催の討論会で(これは青年部主催の討論会を指しているのだと思います)、安倍さんは先日まで「パワーに期待したい」などと「べた褒めしていた」維新の会に対して、「維新の会には経験を積んだ人材がいない、 維新の会には小泉進次郎さんのような未来のある人がいますか?」と「180度違うことを言っ」たんだそうです。
私には180度違う事ともべた褒めとも思えませんが、先日安倍さんが橋下さんと会い維新の会を褒めていたのは事実ですよね。
・・・進次郎さんのこれまでの言動からすると、こうした安倍さんの言動をどうとらえただろう、と思ったりしました。

それにしても党員票、165対87って、実際は石破23万対安倍14万だそうですね。
安倍さん、石原さんを支持していた方々のお陰で石破さんを制したとしたら先が見えていそうで・・・。総裁になられたからには是非頑張って欲しいんですが。

投稿: セント・オブ・ウーマン/夢の香り | 2012年9月27日 (木) 15時13分

>セント・オブ・ウーマン/夢の香りさん
こんばんは~
興味深いお話、ありがとうございます。安倍さんの心理ってよくわからないですね。
今は野党なので組閣ということはありませんが、党役員人事がどうなるか注目しています。
また以前のように「お友達」ばかりを抜擢するのではないかとちょっと心配です。
それに、石破さんとの路線の違いが対立点として出てきた場合、どのように調整していくのだろうかとも思います。
進次郎さんをどのように処遇するのかも興味深いです。
選挙の顔として活躍できるポストになるだろうことは想像できますが・・・
う~む、安倍さんと進次郎さんが並んで遊説している場面はちょっと想像できないなぁ・・・

>総裁になられたからには是非頑張って欲しいんですが。

同じ気持ちです。
たとえ自分と考えが違ったとしても、民主党が壊した3年間の後始末と、これからの未来に向けてのことをしっかりとやっていただきたいです。

投稿: minori | 2012年9月28日 (金) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/55753758

この記事へのトラックバック一覧です: 進次郎氏はなぜ安倍氏に投票しなかったのか:

« 野田首相、内閣大幅改造へ | トップページ | 中国からの「招待」は「命令」である »