« オスプレイで作戦範囲が広がると困る国があるらしい | トップページ | ロンドン五輪開幕 »

2012年7月26日 (木)

頑固で意地っ張りな前原さん

国土強靱化「絶対認めぬ」=前原氏

 民主党の前原誠司政調会長は25日、都内で講演し、自民党が次期衆院選の看板政策に掲げる200兆円規模の「国土強靱(きょうじん)化」について「昔の政治に逆戻りするのかという感じがする。公共事業をまたばらまく先祖返りだけは、絶対に認めてはいけない」と厳しく批判した。
(Yahoo!ニュース-時事通信7月25日(水)13時3分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000068-jij-pol

前原さんは頑固ですね。それが前原さんらしいと言えばその通りなのですが・・・
八ッ場ダム建設も絶対認めないと言っていたのに結局工事は進捗しているし、その時の仕返しのような気持ちもあって意地になって反対しているようにも見えます。

民主党政権以降に限っても、3・11をはじめとして日本は多くの自然災害を被りました。
自然の力の恐ろしさを見せつけられましたし、人間の力で立ち向かうのは愚かなようにも思えます。
しかし、狭い国土に国民が住み続けなければならないのも現実。災害列島日本では、ある程度のお金をかけて災害対策をすることはしかたがないのではないでしょうか。

日本は先進国の中でも公共事業が占める割合が多いと聞きます。特に土木建築関係が多いので常に批判され、それが『コンクリートから人へ』という民主党のキャッチフレーズにもつながりました。

Maehara4_3しかし、日本は地震も台風も無いような他の先進国と単純に比べられません。主要国の指標をまとめたデータを見れば、日本が主要先進国の中で図抜けて自然災害に見舞われやすいことが明かなのです。

前原さんの言う『公共事業へのばらまき』はもちろん防がなければなりませんが、厳しい査定の元、必要な公共工事は行っても良いと考えられませんでしょうか。

地震、津波、台風、洪水、山崩れ等で家や財産を失った人たちに、『そんなところに住むから悪い』とは言えませんし、そんなことを言ったら災害列島日本には住むところが無くなってしまいます。

前原さんの心配はわかりますが、もう少し柔軟に考えてもらいたいですし、また、自民党もバラマキ疑惑をもたれないだけの根拠を示すべきです。

前原さんの頑固で意地っ張りなところが良い方向に発揮できれば、総理候補にもなれるのに、残念です。

|

« オスプレイで作戦範囲が広がると困る国があるらしい | トップページ | ロンドン五輪開幕 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/55280297

この記事へのトラックバック一覧です: 頑固で意地っ張りな前原さん:

« オスプレイで作戦範囲が広がると困る国があるらしい | トップページ | ロンドン五輪開幕 »