« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月29日 (日)

野田首相はクールビズが苦手

クールビズしないのか?ネクタイ姿の首相やり玉

27日の参院社会保障・税一体改革特別委員会で、上着とネクタイを着用して出席した野田首相がやり玉に挙げられる一幕があった。
 自民党の宮沢洋一議員が「省エネを(国民に)お願いする気があるのか」とただし、首相は「外国の来客が多く、ネクタイを着ける日が続いている。服装以外で(省エネを)徹底したい」と釈明した。
 政府は今年も5月からクールビズの取り組みを始めた。首相はネクタイを外した時期もあったが、岡田副総理らから「締まらない」「似合っていない」などと言われ、すぐにネクタイ姿に戻した経緯がある。
(Yahoo!ニュース-読売新聞7月27日(金)20時43分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120727-00001149-yom-pol

クールビズに関しては首相に強制するつもりはないけれど、外国の来客を理由にするのはどうなのかな?と思います。外国の方だとクールビズの意味を知らない方も多いのではないでしょうか。

少なくとも首相官邸にいらっしゃるお客様については、『わが国では省エネルギー対策として首相をはじめクールビズに取り組んでおります。官邸へお越しの際は、軽装(ノーネクタイ、ノー上着)で お越しください。』と説明すれば、『へ~、そういうことなのか』とネクタイを外すお客さんも多いのではないでしょうか。

もちろん、お客様がネクタイを外したくないとおっしゃるならば、その時は相手に合わせて首相もネクタイをすればいいわけですしね。まあ、野田首相はネクタイをつけたり外したりが面倒なのかもしれませんね。
そのあたりクールビズを始めた小泉内閣ではどうだったのでしょうか。
当時の内閣メールマガジンには首相の考えが書かれています。

―――常にいろんな情報が発信されていますが、最近は、クールビズ。

 今日もクールビズだよ。ところが、今日はこれから外国の首脳が見えて、その会談のときにはやはりネクタイをするんです。相手に合わせて、失礼にならないように、先方も背広で来たい、ネクタイしたいと言うと、私だけノーネクタイでは悪いから、そのときは私もネクタイをするんです。
 着替えるのも面倒だと思って、ネクタイして上着を着ればわからないようなシャツを着るんです。

―――  評判はどうですか?

 みんな楽だと言っていますよ。今日も、アラブの大使の皆さんが激励に来てくれました。20カ国ぐらいかな。アラブ諸国の大使の皆さんはクールビズ大賛成と、日本の夏は暑いからノータイで結構だと、いい決断だって激励がてらこの方式を褒めてくれました。
小泉内閣メールマガジン2005/06/16

小泉さんもお客様が「背広で来たい、ネクタイしたい」という方の場合、相手に合わせていたようです。反対に、クールビズの趣旨に賛同して下さるお客様の場合はお客様の方もクールビズでした。
スティーブン・スピルバーグ監督が、首相官邸を訪れた時は、監督の方からネクタイを外していらっしゃいました。軽装でいらっしゃる外国のお客様は結構多かったですね。

野田首相、岡田副総理らから「締まらない」「似合っていない」などと言われたそうですが、郵政選挙の時小泉さんに対抗してあれだけクールビズを拒否していた岡田さんだけには言われたくないですよね。炎天下、ネクタイしてワイシャツ腕まくりで汗ぐっしょりになっていた岡田さん、かな~り無理してました。今ではすっかりクールビズお気に入りのようですが・・・
野田首相もなるべくクールビズで過ごして下さいね。

野田首相のクールビズ姿、なかなか見つけられなかったのですが、かりゆし姿はなかなか良いと思いますよ。

Noda19
Noda16

こちらはネクタイを外して首相官邸を訪れたお客様
(左)スティーブン・スピルバーグ監督と
(右)グリアOECD(経済協力開発機構)事務総長と

Koizumi70

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

ロンドン五輪開幕

オリンピック始まりましたね!何だかんだ言ってオリンピック期間中は政治の動きよりも競技の方が気になってしまいます
今朝は早起きして5時からの開会式を見ました。
開会式の演出は、北京オリンピックよりも金額的に相当圧縮していた割には華やかで、イギリスらしさが出ていてよかったと思います。
銅の花びらの演出は驚きました。花びらに次々と点火して大きな花となって輝くところは素晴らしかったです。007と女王陛下の演出は思わず笑っちゃいましたが・・・
音楽については、イギリス大好き、ブリティッシュ・ロック大好きな私としては、開会式で流れた音楽に注目していたのですが、決められた時間内に流す曲としてはまああの程度が限度なのかなと。本当はもっと聞きたかったんですけどね。
オリンピックはもちろん楽しみなのですが、イギリスでの開催ということで、1~2ヶ月前から様々なイギリス特集がテレビ・ラジオで組まれているのもうれしいです。
今日はNHKFMで『今日は一日“ブリティッシュ・ロック”三昧』という特集が夜10時まで組まれています。明日もお昼から夜9時まで続きの特集があるので、お好きな方はFMを聞いてみたらいかがでしょうか。
この番組の司会のNHKの森田美由紀さんがブリティッシュ・ロック大好きだったのは意外でしたね。
イギリスでは3回目の五輪開催ですが、華やかな開会式を見ていて思ったのは、五輪を開催するということは国民にとっては非常に誇らしいことなのだなということ。目を輝かせ興奮気味のイギリス国民を見ていてちょっとうらやましくなりました。

Olympic1
Olympic2
Olympic3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

頑固で意地っ張りな前原さん

国土強靱化「絶対認めぬ」=前原氏

 民主党の前原誠司政調会長は25日、都内で講演し、自民党が次期衆院選の看板政策に掲げる200兆円規模の「国土強靱(きょうじん)化」について「昔の政治に逆戻りするのかという感じがする。公共事業をまたばらまく先祖返りだけは、絶対に認めてはいけない」と厳しく批判した。
(Yahoo!ニュース-時事通信7月25日(水)13時3分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000068-jij-pol

前原さんは頑固ですね。それが前原さんらしいと言えばその通りなのですが・・・
八ッ場ダム建設も絶対認めないと言っていたのに結局工事は進捗しているし、その時の仕返しのような気持ちもあって意地になって反対しているようにも見えます。

民主党政権以降に限っても、3・11をはじめとして日本は多くの自然災害を被りました。
自然の力の恐ろしさを見せつけられましたし、人間の力で立ち向かうのは愚かなようにも思えます。
しかし、狭い国土に国民が住み続けなければならないのも現実。災害列島日本では、ある程度のお金をかけて災害対策をすることはしかたがないのではないでしょうか。

日本は先進国の中でも公共事業が占める割合が多いと聞きます。特に土木建築関係が多いので常に批判され、それが『コンクリートから人へ』という民主党のキャッチフレーズにもつながりました。

Maehara4_3しかし、日本は地震も台風も無いような他の先進国と単純に比べられません。主要国の指標をまとめたデータを見れば、日本が主要先進国の中で図抜けて自然災害に見舞われやすいことが明かなのです。

前原さんの言う『公共事業へのばらまき』はもちろん防がなければなりませんが、厳しい査定の元、必要な公共工事は行っても良いと考えられませんでしょうか。

地震、津波、台風、洪水、山崩れ等で家や財産を失った人たちに、『そんなところに住むから悪い』とは言えませんし、そんなことを言ったら災害列島日本には住むところが無くなってしまいます。

前原さんの心配はわかりますが、もう少し柔軟に考えてもらいたいですし、また、自民党もバラマキ疑惑をもたれないだけの根拠を示すべきです。

前原さんの頑固で意地っ張りなところが良い方向に発揮できれば、総理候補にもなれるのに、残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

オスプレイで作戦範囲が広がると困る国があるらしい

在日米軍再編:オスプレイ配備 地区労など、佐世保で反対集会 /長崎

 県平和運動センターと佐世保地区労は21日、佐世保市中心部の松浦公園で、米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの日本配備に反対する集会を開いた。約300人が参加し、墜落事故を繰り返しながら配備を強行しようとする米軍と、米軍の意向を拒否できない日本政府を批判。集会後は市内をデモ行進した。
 集会で、同センターの川原重信議長が「欠陥機の配備は、国民の命を軽んじる許されない行為だ。沖縄や全国の仲間と連帯しよう」と訴えた。一方、米海軍佐世保基地にオスプレイが搭載可能な強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」が配備されていることについて、米軍を監視する市民団体「リムピース」の篠崎正人編集委員は「航続距離の長いオスプレイの運用で作戦範囲が無制限に広がる可能性がある。平和に暮らしたいという私たちの願いと真っ向から対立する」と指摘した。
(Yahoo!ニュース-毎日新聞7月22日(日)15時5分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000164-mailo-l42

オスプレイは尖閣視野に配備、上海も行動半径内=中国報道

 中国紙・環球時報は24日、米新型輸送機MV22オスプレイ12機が23日に米軍岩国基地に到着したことを受け、同機の導入は、日米が尖閣諸島を含む「南西方面でも軍事的均衡力の増強」が念頭にあるとして、警戒を示す記事を発表した。オスプレイが沖縄に配備されれば、上海も行動半径内に入ると指摘した。中国新聞社などの中国メディアも同記事を紹介した。
 森本敏防衛相や日本内外の報道を引用して記事にした。オスプレイは「抗議の声の波」に包まれて岩国に到着と紹介。米軍の最新型輸送機だが、今年(2012年)になってからも墜落事故を2回起こしており、「日本の一般庶民は憂慮している」と報じた。
 オスプレイの日本配備は日米の「日本南西方面の軍事的均衡力の増強」を念頭にしたもので、具体的には東シナ海の釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)や台湾海峡の地名を挙げた。
 オスプレイの能力については、「普天間基地から尖閣諸島まで1時間で到着できる。積み込める戦闘部隊と火力は、現有のヘリコプターよりも増強される」と論じた。
 さらに行動半径について、沖縄を中心とすれば、「魚釣島だけでなく、上海を含む中国の一部の都市が含まれる」と紹介した。
(Yahoo!ニュース-サーチナ7月24日(火)9時52分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000009-scn-cn

>米軍を監視する市民団体「リムピース」の篠崎正人編集委員は「航続距離の長いオスプレイの運用で作戦範囲が無制限に広がる可能性がある。平和に暮らしたいという私たちの願いと真っ向から対立する」と指摘した。

>オスプレイの能力については、「普天間基地から尖閣諸島まで1時間で到着できる。積み込める戦闘部隊と火力は、現有のヘリコプターよりも増強される」と論じた。
 さらに行動半径について、沖縄を中心とすれば、「魚釣島だけでなく、上海を含む中国の一部の都市が含まれる」と紹介した。

市民団体「リムピース」は、在日米軍基地を抱える自治体の議員・元議員5人により運営されている団体です。構成メンバーの経歴を見ると、ベトナム反戦市民運動に参加していた方、朝鮮人強制連行真相調査団の主要メンバーの方、国鉄清算事業団から解雇され、国鉄闘争団でも奮闘中の方、平和憲法を守る会の方等、社民党出身の方が中心の市民団体です。

米軍基地いらない!オスプレイいらない!というのも結構です。
じゃあ日本国民だけで自主防衛しましょうね、ということになりますよね。
私も近年、そういう考えに変わりつつあります。
え?ならないんですか?
平和憲法、9条があるから大丈夫。それに日本を攻めてくる国なんか無いから。
う~む、確かに。社民党は対話による紛争防止を理念に掲げていますし、日米安全保障条約は、最終的に平和友好条約へと転換させ、在日米軍基地の整理・縮小・撤去を進めるとHPに書いてありますからね。
オスプレイが無くても対話外交があれば日本は平和♪~
原発が無くても日本は平和♪~
何か似てる・・・

ところで、作戦範囲は下図を見ていただければ一目瞭然。
沖縄を中心にすれば尖閣諸島、台湾、上海を含む中国の一部。
岩国を中心にすれば、北朝鮮が全部作戦範囲に含まれます。

作戦範囲が広がると誰が困るのかな?
オスプレイが配備されると困る国があるらしい。

Osprey1

Osprey2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

反原発派のエネルギー政策が見えない

原発比率3案「再構築を」 経団連、夏季フォーラム閉幕

 長野県軽井沢町で開かれていた経団連の夏季フォーラムは20日、「新しい日本の姿」をうたった議長総括を採択して閉幕した。総括は政府が示した平成42年時点の原発依存度を「0%」「15%」「20~25%」とした3つの選択肢を「再構築すべきだ」と明記。会見した米倉弘昌会長は「エネルギー政策は政府の再生戦略と整合性を持たないといけない。省エネ目標も過度に楽観しており、このままでは電力の供給不足が起こる。そら恐ろしい」と強調した。
 総括はエネルギー問題で「経済成長の足かせにならないよう今後3~5年の電力確保の道筋を明らかにする」ことを提言。同時に「中長期的には原発も含めたエネルギー源の多様な選択肢を保持すべきだ」とした。政府や政治に対しては、円高など企業の“6重苦”の解決に向け「決断と実行」を要望。経済界も研究開発やグローバル人材の育成、国内外の需要発掘などを通じて「克服のため自ら努力する」としている。
 今回のフォーラムは初めて与野党の政策担当者を招き、直接対話し、討論の中身を報道陣に公開した。議長を務めた渡辺捷昭副会長(トヨタ自動車相談役)は「政治と経済は両輪。経済界の生の声を届けるべきだし、政治からも本音に近いところが聞けた」と成果を強調。米倉会長は「経済界の主張を伝えていくことが大事だ。野田佳彦首相の背中を押していきたい」と語った。
(Yahoo!ニュース-産経新聞7月21日(土)8時14分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120721-00000104-san-bus_all

先日、原発停止の署名運動をしている人たちが『再稼働とめろ!野田倒せ!』というビラを配っていました。いつもならそのまま通り過ぎてしまうのですが、どんなことが書いてあるのだろうと思いもらってきました。

しかし、読んでみてがっかりしました。
脱原発後のエネルギー政策について、多少は彼らの考えが示されているのかと期待したのですが、それには全く触れず、7月16日に代々木公園で行われた『さようなら原発集会』の写真と関連記事ばかり。残りの部分は『8月6日に原爆ドーム前を反原発の声でうめつくそう!』というお知らせだけでした。

私が非常に不満なのは、反原発運動をやっている方たちの多くが脱原発後のエネルギー政策について全くといって良いほど語らないことです。

3・11に、原発があれだけの事故を起こしているので、私も原発は怖いものだと思いますし、将来的には原発に頼らないエネルギーに移行するのが良いと考えています。
しかし、完全廃炉までの長く困難な道のりと、安定的な代替エネルギー確保や日本経済の発展を考えると、今すぐすべての原発を停止するのは現実的ではないということくらい理解しています。

私のような考えの人は結構沢山いると思うので、反原発派の方々が現実的なエネルギー政策案を示したうえで反原発を主張されるのであれば耳を傾けようという気になるでしょう。それを示さないで、ただ単に『原発反対!』だけ叫ばれても説得力がありません。

まさか、彼らの本当の目的が『日本の核武装阻止』で、反原発はそれを利用しているだけだから答えられないのではないでしょうね。

上記の記事によれば、経団連は「中長期的には原発も含めたエネルギー源の多様な選択肢を保持すべきだ」と提言したようですが、こちらの意見の方がよほど現実的に感じます。

反原発デモ=日本の核武装阻止=左翼団体
の図式に見えてしまうところがどうしても胡散臭く感じるのです。
そう思われないためにも、現実的なエネルギー政策案を示して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

それが何か?

橋下市長に愛人いた「家でものすごいペナルティー 妻と大変な状況」

橋下徹大阪市長は18日、大阪府知事選(08年)前の女性問題が19日発売の「週刊文春」で報じられることになり、「正直、大変な状況だ。親のポカで、子供には本当に申し訳ない」と、おおむね事実関係を認めた。市役所で記者団の質問に答えた。
 06~07年、大阪・北新地の高級クラブで働いていた女性と親密な交際をしていたとの同誌の報道を、「全部間違っているわけじゃないが、全部事実でもない」と説明。昨年の市長選前に父親の出自などを暴露されて以来、同誌を「バカ文春」と批判してきたが「今回はバカとは言えないですね」とした。
 同時に「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と弁明。「公人になる前でも、僕自身の人間性を判断する要素として報じられてしまうのは仕方がない」と開き直った。
 同誌では6月、HKT48の指原莉乃(19)がファンと交際していたことを報じ、ペナルティーとしてAKB48から移籍。橋下氏は罰則について「指原さんは福岡で活躍できるかもしれませんが、僕は家でものすごいペナルティーが待ってますよ。妻と大変な状況です。市役所で泊まり込みで(仕事を)やるのも…」と苦笑。報道に政治的思惑を感じるかについては「(自分から)それに絡めるのはひきょうだ」と述べた。
(Yahoo!ニュース-スポニチアネックス7月19日(木)9時7分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120719-00000004-spnannex-ent

さすがの橋下さんも、これは全面降伏でしたね。
しかし、いっそのこと『それが何か?』って言ってみたらどうでしょうか。
今の彼ならそれで通ってしまうくらいの勢いがあると思うのですが。
それに、今回はあっさり事実を認めていますし、それ以上追求しようがないでしょう。極めて私的なことであり、責める権利があるのは奥様だけと思います。

彼は、昨年も『暴力団』『同和』との関係で大手週刊誌に叩かれましたが、世間の反応は『それが何か?』という感じ。彼の人気が衰えることはありませんでした。

それどころか、大阪府知事選と大阪市長選のダブル選挙を一ヵ月後に控えた時期にこういう記事を仕組んで彼をバッシングしようとする勢力の方に薄気味悪さを感じたものです。

今回は女性スキャンダルですが、この時期にこの記事を出してきたということは、総選挙が近いということかもしれません。もう何をやっても橋下さん(維新の会)の人気が衰えないので、敵もネガティブキャンペーンをするしか打つ手が無いのでしょう。

もちろん、橋下さんが今現在倫理的道徳的に許されないことを継続中であるならば、叩かれても当然ですし、奥様にとっては何年前の出来事であろうが怒りは消えないものだと思います。

それにしても、今回のネタは橋下氏が茶髪タレント弁護士時代の2006年の話。よくもこんな古いネタを探し出してきたなと思います。

橋下さんは「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と弁明していますが、これは一歩間違うと開き直りと捉えられかねません。それがそう受け取られないのは彼の人柄なのでしょう。

女性問題では脛に傷持つ男性も世の中には多そうですし、現国会議員の皆様を見てもわかるように、政治家も聖人君子ではありません。
現内閣にはモナ何とか大臣とかいますし・・・

国民は、今やるべきことをやってくれる政治家を求めています。『女性としてはもっと怒れ!』と言われそうですが、橋下さんを、男性としてではなく、政治家としてどうなのかと考えると、売国奴ではない政治家ならば、女性問題には余りこだわりません。

ところで、最初に書いた『それが何か?』について。
これはフランスのミッテラン元大統領の言葉です。
彼は大統領就任記者会見で、記者から『大統領には隠し子がいるのでは?』と尋ねられ、『エ・アロール?(それが何か?)』と答えました。記者はそれ以上追求せず淡々と次の質問に移ったそうです。

フランスは婚外子差別を撤廃した国なので、日本にそのまま当てはめるのは無理があるかもしれませんが、マスコミが追求すべきことは私生活のことではなく、政治家としての部分であることは共通だと思います。

私にとっては過去の女性問題よりも、外国人から違法献金を受けていた政治家の方が許せないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

原発反対派の組織的応募は問題ないのか?

聴取会、電力・関連会社社員の意見表明認めず

政府が主催するエネルギー政策の意見聴取会に、電力会社の社員が参加して相次いで意見を表明している問題で、政府は17日、電力会社と関連会社の社員による意見表明を認めないと発表した。
 抽選で選ばれた意見表明者に、社員かどうかを確認し、社員である場合は自粛を求める。
 多様な意見を聴くため、意見表明者の数を9人から12人に増やす。また、枝野経済産業相が18日、電力会社が組織的に政府の意見募集に申し込まないよう行政指導を行う。
 意見聴取会はさいたま市で14日から始まり、8月上旬まで計11回予定されている。15日の仙台市で東北電力の執行役員企画部長が「(2030年時点での原発比率)20~25%が当社の考えに最も近い」と述べたほか、16日の名古屋市でも中部電力原子力部の課長が発言した。これを受けて、「意見表明者を決めるための抽選が意図的に行われている」、「電力会社が組織的に抽選に参加している」などの批判が出ていた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞7月17日(火)20時42分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120717-00001209-yom-pol

批判があったからといって、一切電力関連会社社員の意見表明を認めないのはやり過ぎでしょう。一方の意見しか聞かないのであれば一種の言論封殺になります。

電力会社社員は意見を述べる前に身分を明かしていますし、隠れて参加していたわけではありません。今後電力関連会社社員の参加を認めないのであれば、彼らは家族や経済関連団体等を使って、より目立たない方法で参加しようと考えるのではありませんか?

また、原発再稼働反対を主張している方たちの中にも、一般の市民ではない左翼系組織の市民(いわゆるプロ市民と言われる人々)も組織的に応募しているはずです。

そちら系の方たちは何の制約もなく応募できるのですから、それこそ偏った意見しか聞くことができなくなります。
彼らの思想的な背景や素性を知ることは難しいので、一般市民を装えばプロ市民を大量に送り込むこともできます。
様々な意見を持つ人たちを抽選でバランスよく選ぶのは大変難しいのです。

自民党政権時代のタウンミーティングでもやらせ疑惑が問題になりましたが、結局、こういう公開の意見聴取会というものは、参加者の組織的な応募を防げないものだと思います。

これは何もタウンミーティングや今回の意見聴取会に限ったことではなくて、政府が募集しているパブリックコメントなどでも組織的な意見表明はあるでしょう。

私がこう思うようになったのは、昔何度も出席したタウンミーティングでの出来事がきっかけです。

ある時、教育がテーマのタウンミーティングがありました。その際質問に立ったある男性教師が、歴史認識問題で執拗に反日的発言を繰り返したのです。
ただそれだけならば一つの意見表明として問題はありませんでした。
しかし、彼の反日的発言のたびに会場にいた仲間の人たちから『そうだ、そうだ』という声と拍手が起こり非常に違和感を持ちました。

また、別のタウンミーティングの際にも、反政府的発言をした男性に対し、同じように会場の一部から拍手が起こりました。
会場には抽選で選ばれた人しか入れませんから、彼らは組織的に応募してきたに違いありません。

タウンミーティングでは、政府側に都合の良い人間だけを選抜したなどと言われ、確かに政府寄りの発言者もいましたが、一方で、プロ市民の組織的応募を防ぐこともできません。これでは公平公正さは保てないでしょう。

まあ政府が求める意見なんてものは結局、『一応国民の意見を聞きましたよ』というアリバイ作りでしかないので、今回の意見聴取会に関しても、あまり真剣に考えても仕方がないのかもしれません。それでも、言論封殺と言われないためには、
『市民の枠(電力会社関係者は除く)と、電力会社関係者の枠を別にすればいい』
ということなのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

刺客を放てば相打ち

小沢新党へ「刺客」難航、民主地元から不安の声

民主党は13日、都内で全国幹事長会議を開き、次期衆院選について、現職が新党「国民の生活が第一」に加わった17都府県の29選挙区に原則として対立候補の擁立を目指す方針を確認した。
 ただ、地方組織からは擁立を不安視する声が出ており、実現性に早くも疑問符が付いた形だ。
 野田首相(党代表)はあいさつで、小沢一郎元代表らの新党結成に伴う党分裂を「おわび申し上げる」と陳謝したうえで、「国民の生活が第一という考え方は、国難から逃げてやらなければならないことを先送りをすることではない」と語った。
 その後、輿石幹事長が、近く衆参両院合同の選挙対策本部を設置することを報告。高木義明選挙対策委員長は「党を去った議員の空白区について、今後の政治状況を踏まえ、新たな候補擁立に向けて県連と党本部が連携して検討する」と説明した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞7月14日(土)11時22分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120714-00000236-yom-pol

ただでさえ人気が落ち目の民主党に、刺客として立ちたい候補者はいるのでしょうか。
郵政選挙の際、自民党内では「造反するところに刺客を放って相打ちにして、民主党を当選させていいのか」と分裂選挙を批判する意見がありました。
ところが、選挙結果は民主党が漁夫の利を得るどころか、刺客が勝利したところが多かったですね。
しかし、次期衆院選は郵政選挙とは事情が違いますし、そもそも民主党に投票したくない有権者が多く、漁夫の利は自民党が得るとの見方もあります。
刺客は公募するのかもしれませんが、今の状況で応募してくる人がいるならそれはそれですごく勇気のある方だと思います。
民主党も、戦わずして負けたくないのだと思いますが、無理に刺客を立てるより、消費税法案に賛成してくれた自民党候補を推薦した方がまだましではないでしょうか。(自民党は嫌がるでしょうね)それがその後の政界再編にもつながる流れになれば良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

新党名、最初は違和感、そのうち慣れます

新党名、異例の長さ…注目は「略称」どうなる

 新党「国民の生活が第一」の略称がどうなるかに注目が集まっている。新党名が異例の長さで、略称が定着する可能性もあるためだ。
 衆参の比例代表選の際に使用するため、中央選挙管理会に略称を届け出る必要がある。「生活」や「国民」「第一」が浮上している。
 同党の鈴木克昌国会対策委員長は12日朝の国対役員会で、「国民が我が党のニックネームを必ず作ってくれるので、それを待つというのも一つの手ではないか」と述べ、略称の決定は急がない考えを示した。
 衆院事務局は、予算委員会での配布文書などに記載する略称として、同党の意向を踏まえて「生活」を用いている。
 同党は12日、新党設立を東京都選挙管理委員会を通じて総務相に届け出た。
 仮に同党が略称を「国民」と届け出た場合、国民新党と同じになる。公職選挙法では、異なる政党が同じ略称を使うことを禁じる規定はない。衆参の比例代表選で「国民」と書かれた票は、開票区ごとに両党が正式名称で獲得した有効投票数に応じて案分することになる。
(Yahoo!ニュース-読売新聞7月12日(木)13時7分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120712-00000639-yom-pol

新党の名前、あまり評判良くないみたいですね。それでも、そのうち慣れてしまうのだと思います。「みんなの党」「たちあがれ日本」も、最初聞いた時はすごく違和感があったのですが、今では何ともありません。「国民の生活が第一」も、ちょっと長いけれど、そのうち聞き慣れてしまうと思います。

それにしても、誰かが言っていましたが、「国民の生活が第一」というのはどの政党にとっても当たり前のことで、改めて言うものではないことです。
それどころか、政治家は国民がどれだけ嫌だと思うことであっても、国益のために決断しなければならないこともあるわけで、その意味では国民が第一とばかり言ってもいられないのです。

まあ、細かい突っ込みはいいとして、党名について小沢さんはあまり深い意味も無く決めたのでしょう。今度の新党はあまり長持ちしない感じもしますし、小沢さん自身、どうでもいいと思っているのかもしれません。
消費税反対や反原発では社民党と政策が一致するので、いっそのこと社民党と合体して思いっきりバラマキ政策を主張してみるのも良いかも。

党名も評判悪いけれど、小沢代表の他、代表代行に山岡賢次氏、幹事長に東 祥三氏という顔ぶれは、見た目も良くないです。彼らがテレビに映るたびにチャンネルを変えてしまいそう。なぜ女性議員を前面に出さなかったのだろうと思ってしまいました。
あ、略称ですが、やはり「生活」になるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

民主・前原氏、集団的自衛権、解釈変更を

集団的自衛権、解釈変更を=民主・前原氏

 民主党の前原誠司政調会長は10日の記者会見で、集団的自衛権について「日本が攻撃されるのを未然に防止するため米軍が動いていても、共同行動が取れないことは、従来おかしいと思ってきた」と述べ、行使を禁じた憲法解釈の見直しが必要だとの認識を示した。
 政府の国家戦略会議分科会が集団的自衛権の憲法解釈見直しを提言したことに関しては「今後、どういう解釈変更をするのか議論されると思う。推移を見守りたい」と語った。
(Yahoo!ニュース-時事通信7月10日(火)19時38分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120710-00000144-jij-pol

前原さんのような考えを持つ議員は民主党内にも多くいて、また、正反対の考えを持つ議員もいるわけです。それくらい民主党という政党は安全保障という点に限っても党内はバラバラ。党としての綱領を持てないのも当然です。

消費税に関しては民主・自民・公明で三党合意ができるのですから、それよりも大事な外交・安保に関しても、協力できる部分は是非協力して欲しいものです。集団的自衛権の解釈変更に関しては自民党も同じことを言っているのですから、それは可能なのではないでしょうか。

反対する議員は民主党を離党し、社民党と一緒になればいい。次の総選挙では、少なくとも安全保障に関して同じ考えを持つ議員だけでまとまって、その後の国会で憲法改正ができれば良いと思っています。

まずは憲法改正手続きを定めた第96条を変えることになるのでしょうけれど、それを変えるためには96条の要件を満たさなければなりません。
『各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない』
というのはかなり高いハードルですが、民主党から左派系議員が出ていけば成立できるのではないでしょうか。その後の国民投票の成立要件は過半数ですが、9条をいきなり変えるということではなく、単に改正の手続きのハードルを下げることであれば国民の反対は少ないと思います。

現在の憲法では、手足を縛られた状態で国を守れと言っているのと同じで、それを変えることができるようにする準備だけは整えておく必要があると思っています。それでも、いきなり憲法改正はできませんから、その前段階として、「保有しているが行使できない」と政府が憲法解釈をしてきた集団的自衛権の解釈変更はしておく必要があると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

首相官邸前のデモに疑問

毎週金曜日に東京の首相官邸前で行われている反原発デモ。
6月29日も7月6日も大変な人数が集まったようです。
彼らの主張はこの際別として、以前から非常に疑問に思っているのは、このデモの主催者はデモの許可を取っているのかということです。
そもそも、首相官邸前でデモをやってよいのでしょうか。

昔、官邸向かいの内閣府側の交差点近くでちょっと込み入ったメールを打っていたら、「何をしているんですか?」といわゆる職務質問をされた私としては到底納得いかないわけですヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
私って怪しげな人間だと思われたんだろうか?
後で知人から聞いた話だと、官邸付近で10分(20分だったかも)以上同じところに佇んでいると職質する決まりになっているのだとか。
知人も夜、官邸横の道路を歩いていて職質されたことがあり、首相官邸付近はそれくらい警備が厳重なのです。

もちろん、議員会館前の歩道で様々な主張をしている団体を何度も見たことがあるので、正式の許可を得れば議員会館前の歩道はOKなのだと思います。(もちろん、道路はダメ)
しかし、官邸前で何かを主張している人たちを見たことはありませんから、あそこは絶対に許可されないと思っていました。

下の方にネットに出ていたデモ画像を貼っておきましたが、これを見ると官邸前どころか、周辺道路を埋め尽くしています。これが許可されるのであれば何でもありになってしまいますよね。

それでは、デモは自由なのかというとそうではありません。
実際には、デモの場所は時の政府が自由に規制できる法律があるので、許可を得たとしても、好きな場所でデモができるわけではないのです。
実際、民主党政権は、以前「民主党本部付近をデモ禁止区域」にしたことがあります。(以下参照)

平成22年10月20日 水曜日 官報 第5420号
〇総務省告示第三百八十二号

国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律(昭和六十三年法律第九十号)第三条第一項の規定により、衆議院議長の要請があったので、同項の規定に基づき、次の地域を政党事務所周辺地域として指定する。

平成二十二年十月二十日
総務大臣 片山善博
名称 民主党本部周辺地域
期間 平成二十二年十月二十三日から平成二十三年十月二十二日まで
地域 東京都千代田区平河町一丁目、平河町二丁目、隼町

この「国会議事堂等周辺地域及び外国公館等周辺地域の静穏の保持に関する法律」は、あの小沢一郎さんが議員立法で成立させた法律だそうです。
当時、右翼の街宣車に困っていた公明党に頼まれて法律を作り、信濃町を規制区域にしたのだとか。
政治家たちが、自分たちに都合の悪い場所でデモをさせない法律を作ってしまったということです。

ですから、普通に考えれば首相官邸前で道路まで占拠したデモなどできないはずなので、「反原発金曜デモ」は、デモの許可はとっていないか、あるいは、少人数のデモの許可は取った上で大規模集会をネットで煽って実力行使したという感じがします。
まあ、数の力で集まってしまえばこっちのもの的な感じでやっているのではないでしょうか。
ネットでの発言をざっと拾ってみたので貼っておきますね。

240 名前:ハムスター名無し 2012年06月29日 21:43 ID:styMTwuF0
こいつら、デモの許可をいっさい取ってないって本当か…

104 :名無しさん@13周年:2012/07/06(金) 21:03:08.72 ID:WXz2jYn+0
ツイッターの中で、「夜8時、即解散。次に許可が降りなくなるから。」みたい
のがあったんですけど。
首相官邸前のデモ、許可を取ってることになってるようで。
警視庁に確認したけど、デモの許可を取ってないですよ。マジで。

835 : 名無しさん@13周年 [sage] : 2012/07/07(土) 00:32:07.39 ID:EAuh3kwa0
デモの許可取ってるのか取ってないのかは知らないが取ってないなら表現の自由の濫用
デモというより公道の不法占拠やぞ
警察動いて当然

963 :名無しさん@13周年:2012/07/07(土) 00:55:58.79 ID:6xBPJnqH0
>>890
はあ?とって無いと思ってたの??
許可を取ってるから警察が用意されてるんだろうが!
あふぉか?

975 :名無しさん@13周年:2012/07/07(土) 00:58:55.81 ID:39AhUyMI0
>>963
>許可を取ってるから警察が用意されてる
なわけないだろ。
車道使えるデモじゃないのは明白。
大飯原発前のあの乱痴気騒ぎは
なんの許可もないぞ。
集会というものは、それだけで警察は一応警戒するんだって。
暴動の火種だから。

996 :名無しさん@13周年:2012/07/07(土) 01:01:37.48 ID:0tf75Ozx0
>>963
お前は、許可を取っていると、〝ウソ”を言っただろう。
警視庁に確認して、取ってないんだよ。

主催者側にしてみれば、首相官邸前でデモをやることに意味があると思うのでしょうが、道路まで無秩序に占拠するやり方は、一般の人にとっては迷惑です。
2010年10月には、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐり中国に抗議する集会が東京で行われ数千人規模の人が集まりデモ行進が行われましたが、大きなトラブルもなく整然と行われました。反原発デモの方々も、官邸前で叫ぶのではなく、都内の一般市民に訴えて回るデモ行進の方が効果があると思うのですが、そうは思わないのでしょうか。

ところで、主催者は「首都圏反原発連合」というところだそうですが、HPを見ると、ここは団体ではなくネットワークなのだそうです。ツイッターなどの呼びかけで参加者が増えたそうですが、他にも参加団体が沢山いたようです。(下記)

54:2の名無しさん 2012年06月30日 17:01 ID:O6rj0fA10 返信する
ちょっと気になったんで

主な参加団体
★社民党 ★9条改憲阻止の会 ★反原発自治体議員・市民連盟
★緑の党 ★全労連 ★全労連女性部 ★日本共産党 ★日本ジャーナリスト会議
★日本マスコミ文化情報労組会議 ★マスコミ関連九条の会連絡会
★教職員組合 ★全学労連 ★法政大学文化連盟 ★素人の乱 ★東京公務公共一般
★原水爆禁止日本国民会議 ★福島県教職員組合 ★三里塚芝山連合空港反対同盟
★東京西部ユニオン ★革マル派 ★中核派 ★動労千葉 ★日大全共闘
★三里塚現地闘争本部 ★アジア共同行動日本連絡会議 ★戦争を許さない市民の会
★労組交流センター ★JR貨物労組 ★女性会議ヒロシマ ★広島県教職員組合
★JR貨物労組 ★全学連 ★関西合同労組 ★部落解放同盟全国連合会
★北海道高教組 ★関西合同労組 ★JR東労組大宮地本 ★東京東部労組

これからは、金曜日の夜ならば首相官邸前で叫び声をあげても職質されないってことですね・・・
どさくさに紛れて、首相官邸前で愛を叫ぶ、なんていうのも良いかもしれませんね。

Kantei6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

土曜祝日の振り替え休日検討

土曜祝日も「振り替え」 政府・民主、3連休増で検討

国民の祝日が土曜日に当たった場合、日曜と同様に振り替え休日を設ける方向で政府、民主党が検討していることが4日、分かった。月曜か金曜に休みをずらして3連休を増やし、観光振興につなげるのが狙い。政府は、東日本大震災を踏まえた新産業創出などの取り組みをまとめ、近く閣議決定する「日本再生戦略」に盛り込み、国民祝日法を改正したい考えだ。
 政府は、秋に大型連休を地域別に設定することを検討中だが、全国的な企業活動への影響など課題も多く、実現のめどが立っていない。全国一斉の土曜祝日の振り替えは、実質的に休日が増え、社会的影響も少ないとみられることから現実的な案として浮上した。
 土曜祝日が2回ある2013年に当てはめると、勤労感謝の日が土曜のため11月に二つ目の3連休ができることになる。5月はこどもの日の振り替え休日を含めた4連休が、4日土曜のみどりの日の振り替えで5連休になる。
 ただ月曜を休日とした場合、成人の日など年間4日ある通称「ハッピーマンデー」に加えて月曜の休みが増えることになり、学校の授業数が特定教科で不足するなどの懸念もある。ほかに企業活動への影響がないかなどを関係者にヒアリングして課題を検証し、月曜と金曜のどちらにずらすかを決める。
 国民祝日法は、祝日が日曜に当たった場合、「最も近い平日」を振り替え休日にすると規定している。土曜の定めはないが、日曜の振り替え休日制度が始まった1973年当時は、土曜の午後を休みにする企業や学校が一般的だった。
 近年は週休2日制が定着しており、政府、民主党は、多くの国民が3連休増加のメリットを受けられると判断。観光業への経済波及効果は大きいとみている。
(中国新聞2012年7月5日)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201207050064.html

民主党は、地域ごとに連休をずらして取る「休暇分散化」の成立を目指していましたが、反発が根強いため「土曜祝日の振り替え休日」を設ける方向へ変更したようです。

>全国一斉の土曜祝日の振り替えは、実質的に休日が増え、社会的影響も少ないとみられることから現実的な案として浮上した。

確かに、この案なら反発も少ないと思われます。
本当は、有給休暇の取得率を上げることにもっと政治力を使って欲しいのですが、産業界からの反発を恐れているのでしょうか、改善される気配もありません。大変残念です。
労働者が休むためには、結局、今回の案のように強制的に国が休日を増やすしかないのでしょう。

「休暇分散化」については私も政府に散々文句を言いましたが、今回の「土曜祝日の振り替え休日」は賛成です。

この案は良いとしても、「休暇分散化」の目的でもあった「一年中平均して観光地が賑わうこと」、それを実現するためには、有給休暇の取得率を上げることが最も効果的ではないでしょうか。政府は今後も忘れずに取り組んでほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

小泉的政局分析

今振り返ると、ここ数年の小泉元首相の発言は、なかなか意味深だったと思います。Koizumi66
すべてではありませんが、印象深かったものを書き出してみますね。

2009年12月
(民主党政権について)
『3年ぐらいゆっくりやらせたらいい。そうすれば国民も問題点に気が付く』
『鳩山政権は参院選までもたない』

2010年1月
(鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題に関し)
『もし自民党政権の総理大臣、与党の幹事長で政治スキャンダルを出したら、総理も幹事長もやってられない』
『それでも(鳩山政権に)かなりの支持率があるのは、いかに自民党があきられたか、反感を持たれていたかだ』
『少なくとも3、4年は民主党政権をやってもらわないと、何でも自民党を批判すればいいという風潮がなくならない』

2010年4月
『民主にはあと3年は政権についてもらい、与党の苦しみを味わってほしい』
(子ども手当について)
『要らない人にも与える、こんな無駄はない。選挙のためにばらまく時代は終わった』
(鳩山由紀夫首相と小沢一郎・民主党幹事長を巡る「政治とカネ」問題について)
『自民政権時代なら2人とも立っていられない。それでも政権に就いているのは、自民政権がいかに国民にあきれられてきたかの表れ』

2010年12月
(自民党に対し、民主党から大連立を持ちかけられても)
『そんなものには応じるべきではない』
『大連立をしたら、自民党と民主党の違いが際立たなくなる。次の総選挙で、みんなの党が独り勝ちするだけだ』
『審議拒否するのは、国民にわかりにくい。野党はとことん審議し、与党が逃げるまでじっくり構えるべきだ。どこまで政府を追及できるか、野党の真価が問われている』

2011年4月
(自民党に対し、民主党との大連立について)
『今は健全な野党の在り方をしっかり発揮すべきだ』

もっと前の発言では、安倍政権下で行われた2007年7月の参院選直後の言葉が最も印象に残っています。
『自民党は敗北に耐えられるか、民主党は勝利に耐えられるか』

その数か月前の2007年2月には・・・
『小沢さんを大事にしたほうがいいな』

と、当時支持率の低かった小沢代表の民主党と参院選を戦った方が有利だとの発言もありました。

小泉さんは、いつも的を射た発言で感心してしまうのですが、民主党が分裂してしまった現在、小泉さんの予言はことごとく当たっていたなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

議長になれるかな?

民主で一番苦しいのは輿石氏?小沢&野田のはざまで翻弄

民主党の輿石東幹事長は29日夜のTBS番組で、小沢一郎元代表が離党届を提出した場合でも「預かっておく方法もある」と述べ、離党を認めず保留することもあり得るとの考えを示した。あまりに苦しい策だ。
 輿石氏はこれまでも、消費税増税法案を参院で修正することを示唆し、閣僚や党幹部が即座に否定した経緯がある。
 輿石氏周辺は「輿石氏は、小沢氏、野田佳彦首相との3者会談で合意した『党を割らない』『選挙はしない』に忠実に動いている。だが、小沢氏は離党する気満々だし、野田首相は自公との協力を重視し、衆院解散も辞さないように見える。どちらにもだまされているのでは」と嘆いた。
 小沢氏が参院19人以上を引き連れて離党すれば「参院議長」の道が閉ざされるうえ、幹事長にとどまる根拠もなくなる。参院議員会長と幹事長を兼任し絶大な権力を持っているはずなのに、いつのまにか輿石氏が最も苦しい立場に立たされているとは、皮肉な話だ。
(Yahoo!ニュース夕刊フジ- 6月30日(土)16時56分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120630-00000007-ykf-soci

人間最後は名誉が欲しいのでしょうか。輿石さんの参院議長職への夢は相当強いようですね。
議長になれるかな?

国会本会議の傍聴では、議長が何をやっているか観察するのも面白いです。議長の最も大事なお仕事である議事進行は、横に座っている事務総長がメモを渡してくれるので、それをその通り言えば良いだけ。表面だけ見ていると、私でもできるんじゃないかと思ってしまいます。

もちろん、国会が紛糾したとき、「斡旋案」を提示して事態の収拾をはかるなどという難しいお仕事や、憲法には、議案で可否同数の場合、議長が決定するという規定があるので、そういう緊迫した場面では議長の存在がものすごく重要だなと思います。

しかし、国会を開かないなど強引な議会運営を議長権限で行わない限り、それほど批判されるわけでもなく、普通の議長のお仕事は見ていてそれほど大変だとは思えないです。(だから名誉職とか国会議員の上がりポストと言われるのかな)

正副議長がいますが、どちらも「議長」と呼ばれますし、議事進行で権限に差があるわけではないです。正議長が最初の30分くらいやった後、副議長にバトンタッチして退席することも多く、副議長が最初から議事進行をすることもあります。
副議長公邸もちゃんとありますし、待遇に関しては副議長だっていいと思いますが・・・
小沢さんグループの議員が抜けて民主党が参院第一党でなくなっても、輿石さんが正議長にこだわらなければ副議長にはなれると思うのですけどね。

輿石さんの奥さんは、最近夫の悪口ばかり言われるので新聞を見ないそうです。こんなに叩かれる幹事長職は早く辞めて、副議長狙いで行けば良いのになんて思ってしまいます。
奥さんと穏やかに暮らすのなら、それが一番良いと思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »