« 丹羽氏は外交官ではなく商売人 | トップページ | 白熱電球より暗いLED電球 »

2012年6月12日 (火)

反省しているので更迭しません

証拠挙げて…中国大使巡る質疑で首相、声荒らげ

野田首相が12日の衆院予算委員会で、東京都による尖閣諸島購入に異議を唱えた丹羽宇一郎中国大使を巡る質疑の中で、声を荒らげる場面があった。
 新党きづなの内山晃氏が丹羽氏の更迭を要求した際、丹羽氏が伊藤忠商事出身であることから「まるで商社の権益を優先して、国益をないがしろにしている」と発言したためだ。
 首相は「丹羽氏の発言や我々の姿勢を批判するのは構わないが、『商売のようなことをやっている』と言うなら証拠を挙げてほしい」と内山氏に迫った。
 その上で、「(丹羽氏の)発言は不適切だったが、玄葉外相が注意し、深く反省している」と述べ、更迭には応じない考えを示した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞6月12日(火)20時15分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00000999-yom-pol

野田首相の過去の発言等をみると結構保守的発言をされているので、個人的には『困った発言をしてくれた』と思っているでしょう。
しかし、今は消費税法案が成立するか否かの瀬戸際なので、これ以上厄介な問題を起こしてほしくないということでイライラしてしまったのだと思います。
自民党などが丹羽氏の更迭問題を消費税法案とリンクさせて来たら、成立時期がさらに怪しくなりますから。
首相は内心困ったと思っているでしょうけれど、ここは『反省している』として、あくまで突っぱねて逃げ切るつもりなんでしょうね。
それにしても、仮に中国と立場が逆になって、日本にいる中国大使が丹羽氏のような国益に反する発言をしたら、中国では死刑になってもおかしくないくらい。それくらい売国的発言でした。
このまま丹羽氏をお咎め無しにすることになれば、中国はますます強硬手段に出てくるのではないでしょうか。
何も無しでは済まされないと思います。

|

« 丹羽氏は外交官ではなく商売人 | トップページ | 白熱電球より暗いLED電球 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54945047

この記事へのトラックバック一覧です: 反省しているので更迭しません:

« 丹羽氏は外交官ではなく商売人 | トップページ | 白熱電球より暗いLED電球 »