« 消費者が望む食品の情報表示 | トップページ | バレリーさんの印象 »

2012年5月 6日 (日)

岡田副総理、スリランカで願掛け

「消費増税かなうまで」岡田氏、スリランカ寺院で願掛け

 南アジア訪問中の岡田克也副総理は4日、スリランカの古都キャンディで、ブッダの歯が安置されるという仏歯寺に参拝し、連休明けから審議に臨む消費増税法案成立の「願掛け」をした。高僧に白い糸を束ねたひもを手首に巻かれて「自分で外してはならない」と告げられ、「消費税が上がるまで」とつぶやいた。帰国後も外さない意向だ。

 3日にバングラデシュのハシナ首相から橋などのインフラ整備支援を要請された際も「自分は消費税を引き上げる職責を持っている。支援については日本の納税者に納得してもらう必要がある」。外遊中も消費増税法案の行方が気が気でないようだ。(キャンディ=河口健太郎)
(goo ニュース-朝日新聞2012年5月5日(土)21:30)
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2012050502720.html

「消費税が上がるまで」って、実際に上がるのはずいぶん先ですよね。
「帰国後も外さない意向」っていつまで外さないつもりなのでしょう。
まぁ、堅い決意といっても、岡田さんは前言を翻したり正反対のことを言ったりするのはいつものことなので全然信用していませんが・・・

それにしてもこの白い糸、何だか手錠のように見えませんか?
(この画像のみasahi.com)

Okada11

驚いたのは以下の画像。

Okada12

Okada13

Okada14
スリランカのバジル・ラジャパクサ経済開発大臣の出迎えで空港に到着した岡田副総理ですが、飛行機を降りる時から室内に入るまで副総理自ら両手に重い荷物を持ったまま移動していたことです。

とても重そうな荷物に見えますね。通訳らしい女性の方も自分の荷物を持っていますから、副総理の荷物まで持てない状態。スリランカ側でどうにかしてくれなかったのでしょうか。
赤絨毯の上を大きな荷物を持ったまま歩く副総理って何か変な感じ。
ラジャパクサ経済開発大臣は、そんなことはお構いなしにニコニコしていてそれも不思議です。

Okada15 ところで、岡田副総理のカバンにぶら下がっているストラップはカエルですよね。
岡田さんは昔からカエルの置物を収集しているとの話を聞いたことがあります。
旅先で買うことが多いそうですが、スリランカでは買うことができたのでしょうか。

|

« 消費者が望む食品の情報表示 | トップページ | バレリーさんの印象 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54645293

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田副総理、スリランカで願掛け:

« 消費者が望む食品の情報表示 | トップページ | バレリーさんの印象 »