« 竹島は我が国固有の領土です | トップページ | 郵政改正案、12日にも衆院通過見通し »

2012年4月 9日 (月)

鳩山元首相、イランの大統領と会談

「こんな時期に行くなと言い続けた」 イラン訪問の鳩山氏に官房長官不快感

 Hatoyama39藤村修官房長官は9日の記者会見で、民主党の鳩山由紀夫元首相(外交担当の党最高顧問)がイランを訪問し、同国のアフマディネジャド大統領と会談したことについて「たとえ個人の立場でも、こういう時期に訪問しない方がいいとずっと言い続けた」と述べ、不快感を示した。

 イランの国営テレビは、鳩山氏が会談の中で国際原子力機関(IAEA)がイランなどに二重基準の対応をしており、不公平だと述べたと報じている。

 藤村氏はこの件について「政府としてコメントしない。わが国は核問題解決に向けたIAEAの役割を重視しており、イランにIAEAと完全な協力を行うよう求めている」と強調した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞4月9日(月)13時4分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000525-san-pol

鳩山さん、冗談かと思ったのですが、本当にアフマディネジャド大統領と会談したのですね。大統領もよく会う気になったなと思います。
鳩山さんがおかしな人だということは世界中に知れ渡っているので、大統領は鳩山さんを利用してやろうと考えたのでしょう。

案の定、IAEAについて鳩山さんがイランを擁護したかのように発表されています。
鳩山さんは「そんなことは言っていない」と否定しているようですが、イラン政府が公式に発表してしまったのですから、やはり彼は利用されたのかもしれません。

もしかして、鳩山さん、本当はイラン政府の発表通りに発言していたのではありませんか?
日本で大騒ぎになっているのを知って、慌てて否定した可能性もあります。
鳩山さんってそれくらい信用できない人ですね。

「鳩山さんの発言とアフマディネジャド大統領の発言のどちらを信じますか?」と言われて日本人として自信を持って「鳩山さんを信じます」と言えないところが情けないです。
(下の画像はイラン大統領府から拝借したもの)

Hatoyama38

|

« 竹島は我が国固有の領土です | トップページ | 郵政改正案、12日にも衆院通過見通し »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54432964

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山元首相、イランの大統領と会談:

« 竹島は我が国固有の領土です | トップページ | 郵政改正案、12日にも衆院通過見通し »