« 日本人よりはるかに多い外国人の生活保護者 | トップページ | スマートフォン、早く覚えた方が良い? »

2012年3月20日 (火)

日本における改革の選択肢

郵政の怨念再び 自民、亀裂深刻… 「最後の一人になっても反対」

 公明党が主導する郵政民営化法改正をめぐり自民党に不穏な空気が広がっている。党総務会は16日、郵政事業の見直しに関する基本方針を了承したが、焦点のゆうちょ銀行、かんぽ生命の金融2社の株売却に関し、見直し反対派と見直し容認派の亀裂は深まるばかりで他の経済政策も相まって党内を二分しかねない。小泉純一郎元首相による郵政解散で生じた「怨念」の封印がいま解かれようとしている。(佐々木美恵)

 「最後の一人になっても反対する。『あの時』も内閣支持率が急落したじゃないか…」

 見直し反対派の中川秀直元幹事長はこう言って民営化法改正案の採決での造反をにおわせる。「あの時」とは平成18年12月に安倍晋三首相(当時)が民営化法案に反対した離党組を復党させたことを指す。内閣支持率は急落し、その後も回復しなかった。中川氏は「民営化の旗を降ろせば自民党は消滅する」と危機感を隠さない。

 菅義偉元総務相も「郵政選挙で約束した金融2社の株完全売却を崩したら『嘘つき』といわれる」と断言する。見直しを容認すれば民主党の「マニフェスト違反」を批判できなくなってしまうというわけだ。

 だが、見直し容認派も「全国一律サービスの維持は大事だ」(谷川弥一衆院議員)などと強硬だ。公明党の改正案が、かつて自民党がまとめようとした郵政民営化案に近いだけに共感を覚える議員は少なくない。次期衆院選を見据え、公明党と良好な関係を崩したくないとの思いもある。

 16日の総務会では、株売却期間を一定期間延期するなど反対、容認両派に配慮した玉虫色決着となったが、公明党との実務者協議が本格化すれば、両派が再び激突する公算が大きい。

 公明党は実務者協議が不調に終われば単独で改正案を提出する構えだ。この裏には「衆院選で全国郵便局長会の比例票を取り込みたい」との思惑もちらつく。自公関係は衆院選挙制度改革でもきしんでおり、今後の選挙協力にも暗い影を落とす。

 改正案には民主、国民新の両党も賛成の見通しだけに、採決では自民党は厳しい立場に追い込まれるに違いない。

 それだけではない。郵政民営化をめぐる論議は、自民党に内在する消費税増税を容認する財政再建派と、経済成長・デフレ脱却を重視する「上げ潮派」の路線対立も再燃させかねない。この対立は消費税増税関連法案への対応にも直結するだけに、放置すれば党執行部はますます求心力を失い、党分裂を誘発する事態も否定できない。
(Yahoo!ニュース-産経新聞3月19日(月)9時14分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120319-00000064-san-pol

私はこの記事の中川秀直元幹事長や菅義偉元総務相の発言(太字部分)に全く同意するのですが、そういう国民は少数派になってしまったのでしょうか。

国民の大多数は「もう郵政民営化なんてどうでもいい」と考えているのかもしれませんね。
つくづく月日の経つのは早いなと思います。

自民党内が分裂しているのはもちろんですが、やはり決定的なのは公明党が裏切ったからだと思います。

>公明党は実務者協議が不調に終われば単独で改正案を提出する構えだ。この裏には「衆院選で全国郵便局長会の比例票を取り込みたい」との思惑もちらつく。

実際、これが本音なのでしょう。
自民党も同じです。最も強硬な郵政民営化反対派であった城内実議員を復党させました。しかも、自民党側からお願いして復党してもらったのです。
それほど未だに「全国郵便局長会」というのは選挙に大きな影響があるのでしょう。

もう半ばあきらめの境地ですが、日本は強いリーダーがかなり強引な手法を取らないと変われないのではないかと思います。

その点、橋下大阪市長の手法や維新の会の党の網領(船中八策)には全面的に賛成できないのですが、「現状を変える」ということにおいては、彼のように強引にやるしかないのかなと思います。

もう一つ、以前にも書きましたが、「現状を変えないで焼け野原になるまで待つ」という手法もあります。私はその記事に『日本人と改革は相性が悪い』と書きました。

『日本人というのは行き着くところまで行かなければ、改革に取り組めない。堕ちるところまで堕ちなければ、改革はできない。戦後のように、焼け野原になって初めて覚悟を決め、みな立ち上がる。これが「焼け野原願望」』
これはギリシャになる方法ですね。

少し悲観的かもしれませんが、日本における改革の選択肢は、強いリーダーに強引に変えてもらうか、変えないでギリシャになるのかの二つの選択肢しかないのかもしれません。

<参考記事>
郵政改革にみる日本人の焼け野原願望
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-1cd3.html

|

« 日本人よりはるかに多い外国人の生活保護者 | トップページ | スマートフォン、早く覚えた方が良い? »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54264634

この記事へのトラックバック一覧です: 日本における改革の選択肢:

« 日本人よりはるかに多い外国人の生活保護者 | トップページ | スマートフォン、早く覚えた方が良い? »