« 英王子夫妻のバービー人形 | トップページ | 山中教授、マラソンで資金集め »

2012年2月21日 (火)

外国資本による土地買収問題

普天間移設地周辺で外資土地買収  防衛相「大きな問題」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先の同県名護市辺野古(へのこ)の周辺で、リゾート施設の土地が外国資本に買収されかねない状況になっている問題が20日、衆院予算委員会でとりあげられた。田中直紀防衛相は「辺野古移転が不可能になるようなことがあってはいけない。大きな問題だと認識し、支障があれば対処する」と強調した。
 自民党の小野寺五典(いつのり)氏は「外国資本が土地の購入交渉に入っている。仮に中国資本に買収され、代替施設の建設の差し止め訴訟を起こされた場合、大きな問題になる」と指摘した。
 これに対し、田中氏は18日の沖縄視察の際、買収問題の報告を受けたことを認めた。「早く新しい法律の下で対処したい」とも述べ、安全保障上の問題がある土地の外国資本による買収を制限するため、新たな法整備を急ぐべきだとの考えを示した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞2月20日(月)20時52分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000605-san-pol

安全保障上の問題で、外国人に土地を買われないようにする法律を整備すべきだという指摘は以前からあったはずで、確か民主党もこの問題については検討するようなことを言っていたと思います。
タイなどは外国人が土地を買うことを禁止していたはず。そういう制限を設けている国は他にもあったと思います。日本も早く何らかの制限を設けた方が良いのではないでしょうか。
民主党政権になってから、中国、韓国、ロシアからの安全保障上の揺さぶりが激しくなってきました。もう民主党政権のままでは日本を守ることはできないのではないかと不安でたまりません。

|

« 英王子夫妻のバービー人形 | トップページ | 山中教授、マラソンで資金集め »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54036393

この記事へのトラックバック一覧です: 外国資本による土地買収問題:

« 英王子夫妻のバービー人形 | トップページ | 山中教授、マラソンで資金集め »