« エリザベス英女王が即位60年 | トップページ | 沖縄海兵隊移転について »

2012年2月 9日 (木)

首都中枢機能バックアップ

民主党が首都中枢機能バックアップ作業チーム初会合

 民主党は、「首都中枢機能バックアップ作業チーム」(座長・馬淵澄夫元国土交通相)の初会合を10日に開く。直下型地震などで東京が甚大な被害に遭った場合の代替策について検討する。首相官邸や中央省庁などの機能を一時的に移す地域を特定するかどうかが焦点で、3月中に政府に報告書を提出する。
(Yahoo!ニュース-産経新聞2月8日(水)17時22分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120208-00000557-san-pol

昔、首都機能移転という話がありました。あれはどうなったのでしょうか?
恐らく事実上無くなってしまったのだと思います。
何だかんだ言って永田町の皆さんは東京を離れたくないのでしょう。
あんなに立派な議員会館を作ってしまっては、今さら引っ越しもできないでしょうし・・・
それにしても、まさか、あれほど大きな地震が起き、原発が爆発しようとは・・・
そもそも、首都機能移転とはそういう時のことを想定していたはずです。

以前、国会等移転審議会で出された首都機能移転先の都市の条件は以下の通り。

1.現首都東京との距離がそれほど遠くない地域
2.陸・海・空での国際的な将来性をもつ地域
3.自然災害(地震・火山・津波など)の少ない地域
4.広大な平地を持つ地域
5.各地からの交通便利性

この条件を踏まえて候補地に挙がっていた中に『栃木・福島地域』がありました。
仮に首都機能が実現していたとしたら、大変なことになっていたかもしれません。
しかし、自然災害は今後日本列島のどこにでも起こり得ることであり、どこに移転すれば絶対に安心という土地が無いのは事実です。

また、首都機能移転では、皇居はそのまま東京都に置くとされているようです。
それでは天皇陛下の国事行為との関係で大変困ります。
それならば、皇居は京都に、首都機能は関西へ移すというのが現実的ではないでしょうか。
その際、国会等の施設は、少なくとも今の官邸周辺のように民間の建物が周りに建てられないような広い土地が必要になると思います。
単なるバックアップ機能だけの場合も含めて、関西の方々の意見を聞いてみたいですね。

|

« エリザベス英女王が即位60年 | トップページ | 沖縄海兵隊移転について »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

最新調査(前例が無い究極の最悪被害M9を想定した)でも、内陸伊丹は津波被害が無い事が判明した。
http://sankei.jp.msn.com/images/news/110616/trd11061613530016-p1.jpg
それは津波が大阪湾(入り江)に入る前に、和歌山と徳島と淡路島が95%以上を吸収するから。
http://www.imart.co.jp/2.2-nankaitraf.jpg

過去最大の安政南海地震M8.7クラスなら、大阪湾河口の津波で最大2.5mで今回調査の半分以下、
水没範囲は1/3程度で北摂は安泰(津波は内陸に入る程浸水が減り、範囲端の浸水は数センチ)。

更に伊丹には上町断層(活動周期数万年)他断層が通ってない事も最新調査で判明。
http://www.kobe-kosen.ac.jp/activity/shinsai_kirokushu/siryou.files/dansou.gif

東京被災時は天皇が京都御所に移転するので首都機能は、
京都(国事行為)+伊丹(政府/官庁バックアップ)のセットが不動の鉄板で一番現実的。

投稿: | 2012年2月15日 (水) 22時06分

          ■副首都建設地決定の基準■

建設地は提出された資料と地理的/物理的条件を基に公平に採点され決定する。
※例:国際コンテナ戦略港湾選定の採点結果(阪神港769点、京浜港729点)。
ページ4
http://kenmane.kensetsu-plaza.com/bookpdf/147/fa_02.pdf#search='国交省 国際戦略港湾 阪神港 769ポイント'

今現在、「関西イノベーション」+伊丹副首都「NEMIC」構想が最有力候補だが、
他の候補地はこれを上回る構想を提出し、最高得点を獲得する必要がある。

※国際戦略総合特区選考1位で決定した「関西イノベーション」 概要
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/cmsfiles/contents/0000150/150836/tyougaiyou.pdf
1.京都市内地区:再生医療  
2.けいはんな学研都市地区:新エネルギー実証実験
3.北大阪地区:次世代ワクチン開発    
4.大阪駅周辺地区:産官学連帯の市場づくり   
5.夢洲・咲洲地区:バッテリー戦略研究センター 
6.神戸医療産業都市地区:先端医療機器開発   
7.播磨科学公園都市地区:改革的創薬研究
8.関西国際空港地区:薬品物流インフラ  
9.阪神港地区:蓄電池等の物流基盤

エコ+スマートグリットによる理想的近未来都市【NEMIC】※最有力候補
http://nemic.org/conception.html

投稿: | 2012年2月15日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53937191

この記事へのトラックバック一覧です: 首都中枢機能バックアップ:

« エリザベス英女王が即位60年 | トップページ | 沖縄海兵隊移転について »