« 前原氏、図星で逆ギレ | トップページ | 安倍元首相待望論について »

2012年2月26日 (日)

自民党ポスター、森氏の批判が思わぬ効果

「表情暗い」谷垣総裁ポスターが一転、増刷検討

Jimin2 次期衆院選向けに作製された自民党の谷垣総裁のポスターが評判となり、同党が増刷を検討している。
 陰影効果を狙って谷垣氏の表情を逆光で撮影したところ、森元首相が「表情が暗い」などと批判したことが報道され、かえって注目を集めたようだ。
 ポスターは青空をバックに谷垣氏が右手を振り上げた構図で、1月22日の党大会で披露された。顔半分が暗く写ったことから、森氏が今月16日の党会合で「自分の選挙区では引き受けない」と発言したのを始め、党内で不評だった。
 ところが、党本部には不評が報道された直後から問い合わせが相次ぎ、個人注文が100件に上った。都道府県連には追加要望も寄せられ、用意した3万枚は底をつきそうという。増刷すれば野党転落後では初となり、党幹部は「ケガの功名」と驚いている。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2月26日(日)15時8分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120225-00000562-yom-pol

ポスターの注文が増えるというと選挙が近いのかなと思いますね。
それにしても、個人注文が100件とはなかなか好調じゃないですか。
小泉さんが首相だった時はポスターが売れに売れましたが、あのようなことは二度とないでしょう。しかし、今回も個人で買ってくれる方がいらっしゃるということは自民党にとっては良いことではないでしょうか。
あのポスターは私も暗い部分が少し気になりましたが、谷垣さんの真面目で誠実そうな感じが受けたのかもしれません。

それにしても、「ケガの功名」の元になった森元首相は、批判したことがかえって話題になってしまうのですから、わざと話題作りをしているんじゃないかと思えるほどです。
小泉元首相の郵政解散前も、森さんが小泉さんの説得に行った際に缶ビールと「干からびたチーズ」を出されたとボヤき、それがかえって話題になっちゃいましたよね。
「干からびたチーズ」がミモレットだったことがわかったら、ミモレットがすごく売れたり。森さんは、他にもIT革命のことをイット革命と述べたり迷言が沢山あります。

森さんは、もう議員を辞めた方が良いとか、老害だとかいろいろ言われるのですが、時々迷言を発して思わぬ効果を生むようですから、自民党にとっては、そういう意味での存在意義があるのかもしれませんね。

|

« 前原氏、図星で逆ギレ | トップページ | 安倍元首相待望論について »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54083647

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党ポスター、森氏の批判が思わぬ効果:

« 前原氏、図星で逆ギレ | トップページ | 安倍元首相待望論について »