« 山中教授、マラソンで資金集め | トップページ | 自民党ポスター、森氏の批判が思わぬ効果 »

2012年2月24日 (金)

前原氏、図星で逆ギレ

能力不足と批判され?前原氏、産経の会見拒否

民主党の前原政調会長は23日、国会内で開いた定例記者会見で、報道内容を理由に産経新聞記者の出席を拒否した。
 前原氏は産経新聞記者に会見場を出るよう求めたが応じなかったため、隣室に移動して産経新聞の記者を入れずに記者会見を行った。
 記者会見では、読売新聞など各社の記者が前原氏の対応に異論や抗議の意を伝えて、説明を求めた。前原氏は「事実と異なることを人をおとしめるために書き続けるのはペンの暴力であるという思いを強く持っている。事実に反することを書かれ続け受容の範囲を超えた。公正、公平な報道をしてほしい」と述べた。また、産経新聞に対し文書で報道に関する説明を求めたことを明らかにした。出席拒否の理由とした産経新聞の報道内容については具体的な言及を避けた。
 前原氏としては、自らが政調会長として能力不足だなどとする記事を産経新聞が過去に繰り返し掲載していたことに抗議する意図があったとみられる。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2月24日(金)0時7分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120223-00001088-yom-pol

前原さんのダメなところは、ちょっと自分のことを批判されると子供みたいに逆ギレするところですね。
産経新聞は「言うだけ番長」などと記載したそうですが、これ事実じゃないですか。
マスコミは本当のことを言ったり書いたりしてはいけないのでしょうか?

これくらいのことで逆ギレしているようでは、とても総理大臣なんて務まらないでしょう。政治家は常にマスコミの批判にさらされるのは当たり前。野党時代、長い間マスコミに擁護されてきたので批判されることに慣れていないのかもしれません。

そういえば、この前原さんの言動を見て思い出したことがあります。
以前、日本政府が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校の除外を検討していることについて、大阪朝鮮学園は「産経新聞の取材は受け付けられない」などとして会見への出席を拒否したことがありました。
やっていることが前原さんと一緒。よほど図星のことを言われるのが嫌なのでしょう。

そもそも、国会議員は非常に強く保護された立場にあります。
憲法第51条「両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。」
とありますが、これは一般国民なら負うべき民事、刑事上の法的責任等の院外の責任を免除することにより、議員の自由な言論活動を保障して、議院の自律性を確保するという意味です。
もちろん、院内に限ってではありますが、国会議員はその発言で個人としては訴えられることはないです。(国に対する国家賠償は可能)

前原さんは、「自分は言いたいことは言うけれど、自分の批判は許さない」と言っているようなもので、これではまるで独裁者。
昔、前原さんに期待していたこともあったのですが、失望しました。

|

« 山中教授、マラソンで資金集め | トップページ | 自民党ポスター、森氏の批判が思わぬ効果 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/54059968

この記事へのトラックバック一覧です: 前原氏、図星で逆ギレ:

« 山中教授、マラソンで資金集め | トップページ | 自民党ポスター、森氏の批判が思わぬ効果 »