« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

安倍元首相待望論について

「安倍元首相待望論わき上がってる」山本一太氏

自民党の山本一太前参院政審会長は27日の記者会見で、安倍元首相の首相再登板について、「安倍氏の待望論が少しずつわき上がっている。捨て身でこの国を変える覚悟を示していただければ、もう一度政治生命をかけて応援したい」と期待感を示した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2月28日(火)9時8分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000932-yom-pol

安倍元首相を支持する方たちには誠に申し訳ないのですが、私は安倍さんにはそれほど期待していません。もちろん、民主党政権の三人の首相に比べれば、はるかに優れた人であるとは認めます。短い首相の在任中に重要な政策を成し遂げたのは事実でしょう。

しかし、私は今でもあの「おかえりなさい」という言葉と共に郵政造反議員の復党を認めたことは安倍さんの最大の誤りだったと思っています。当時の世論調査では、郵政造反組の復党は否定されていたにもかかわらずです。「おかえりなさい」の言葉と共に自民党は古い自民党に戻りました。

自民党の低迷はあの復党問題から始まっているのは明らかで、小泉政権時に惹き付けた都市部住民や若年層から中年層に至る有権者(元々自民党が弱かった層)がその後無党派層に戻ってしまいました。
無党派層でいてくれるならばいずれまた自民党を支持してくれる可能性もありますが、どちらかといえば、あの復党騒動で自民党に失望し、離反してしまった有権者が多かったのではないでしょうか。それくらい、自民党にとってあの復党問題は大きな転換点だったと思います。

安倍さんが今一つ人気が出なかったのは、「戦後レジームからの脱却」という何やらよくわからない抽象的なスローガンに熱心だったことのような気がします。考えはわからなくもないのですが、国民はもっと具体的なもの、例えば年金政策や公務員改革等を求めていたのではないでしょうか。結局、その年金で様々な問題が噴出したため失速してしまったのですが。

右寄りのイデオロギー路線も、私は支持したいと思っていた方でしたが、靖国参拝や慰安婦問題で中途半端な対応をして、かえって問題をこじらせたことは残念でした。どのような対応をするにせよ、結局、安倍さんの覚悟が足りなかったのだと思います。

最近になって「総理在任中に靖国参拝をしておけばよかった」と発言されているようですが、参拝するしないを明らかにしなかった曖昧戦略がご自身で正しいと信じていたなら今でもそれを貫くべきで、今になって未練がましいことを言うべきではないと思います。

安倍さんは小泉さんの後継者のような形で登場しましたが、元々小泉さんとはやりたいことの方向性が全然違っていたということなのでしょう。安倍さんはどちらかというと古いタイプの自民党議員なのだと思います。そんな安倍さんを後継者として指名した小泉さんの意図は何だったのか、未だに謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

自民党ポスター、森氏の批判が思わぬ効果

「表情暗い」谷垣総裁ポスターが一転、増刷検討

Jimin2 次期衆院選向けに作製された自民党の谷垣総裁のポスターが評判となり、同党が増刷を検討している。
 陰影効果を狙って谷垣氏の表情を逆光で撮影したところ、森元首相が「表情が暗い」などと批判したことが報道され、かえって注目を集めたようだ。
 ポスターは青空をバックに谷垣氏が右手を振り上げた構図で、1月22日の党大会で披露された。顔半分が暗く写ったことから、森氏が今月16日の党会合で「自分の選挙区では引き受けない」と発言したのを始め、党内で不評だった。
 ところが、党本部には不評が報道された直後から問い合わせが相次ぎ、個人注文が100件に上った。都道府県連には追加要望も寄せられ、用意した3万枚は底をつきそうという。増刷すれば野党転落後では初となり、党幹部は「ケガの功名」と驚いている。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2月26日(日)15時8分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120225-00000562-yom-pol

ポスターの注文が増えるというと選挙が近いのかなと思いますね。
それにしても、個人注文が100件とはなかなか好調じゃないですか。
小泉さんが首相だった時はポスターが売れに売れましたが、あのようなことは二度とないでしょう。しかし、今回も個人で買ってくれる方がいらっしゃるということは自民党にとっては良いことではないでしょうか。
あのポスターは私も暗い部分が少し気になりましたが、谷垣さんの真面目で誠実そうな感じが受けたのかもしれません。

それにしても、「ケガの功名」の元になった森元首相は、批判したことがかえって話題になってしまうのですから、わざと話題作りをしているんじゃないかと思えるほどです。
小泉元首相の郵政解散前も、森さんが小泉さんの説得に行った際に缶ビールと「干からびたチーズ」を出されたとボヤき、それがかえって話題になっちゃいましたよね。
「干からびたチーズ」がミモレットだったことがわかったら、ミモレットがすごく売れたり。森さんは、他にもIT革命のことをイット革命と述べたり迷言が沢山あります。

森さんは、もう議員を辞めた方が良いとか、老害だとかいろいろ言われるのですが、時々迷言を発して思わぬ効果を生むようですから、自民党にとっては、そういう意味での存在意義があるのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

前原氏、図星で逆ギレ

能力不足と批判され?前原氏、産経の会見拒否

民主党の前原政調会長は23日、国会内で開いた定例記者会見で、報道内容を理由に産経新聞記者の出席を拒否した。
 前原氏は産経新聞記者に会見場を出るよう求めたが応じなかったため、隣室に移動して産経新聞の記者を入れずに記者会見を行った。
 記者会見では、読売新聞など各社の記者が前原氏の対応に異論や抗議の意を伝えて、説明を求めた。前原氏は「事実と異なることを人をおとしめるために書き続けるのはペンの暴力であるという思いを強く持っている。事実に反することを書かれ続け受容の範囲を超えた。公正、公平な報道をしてほしい」と述べた。また、産経新聞に対し文書で報道に関する説明を求めたことを明らかにした。出席拒否の理由とした産経新聞の報道内容については具体的な言及を避けた。
 前原氏としては、自らが政調会長として能力不足だなどとする記事を産経新聞が過去に繰り返し掲載していたことに抗議する意図があったとみられる。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2月24日(金)0時7分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120223-00001088-yom-pol

前原さんのダメなところは、ちょっと自分のことを批判されると子供みたいに逆ギレするところですね。
産経新聞は「言うだけ番長」などと記載したそうですが、これ事実じゃないですか。
マスコミは本当のことを言ったり書いたりしてはいけないのでしょうか?

これくらいのことで逆ギレしているようでは、とても総理大臣なんて務まらないでしょう。政治家は常にマスコミの批判にさらされるのは当たり前。野党時代、長い間マスコミに擁護されてきたので批判されることに慣れていないのかもしれません。

そういえば、この前原さんの言動を見て思い出したことがあります。
以前、日本政府が高校授業料無償化の対象から朝鮮学校の除外を検討していることについて、大阪朝鮮学園は「産経新聞の取材は受け付けられない」などとして会見への出席を拒否したことがありました。
やっていることが前原さんと一緒。よほど図星のことを言われるのが嫌なのでしょう。

そもそも、国会議員は非常に強く保護された立場にあります。
憲法第51条「両議院の議員は、議院で行つた演説、討論又は表決について、院外で責任を問はれない。」
とありますが、これは一般国民なら負うべき民事、刑事上の法的責任等の院外の責任を免除することにより、議員の自由な言論活動を保障して、議院の自律性を確保するという意味です。
もちろん、院内に限ってではありますが、国会議員はその発言で個人としては訴えられることはないです。(国に対する国家賠償は可能)

前原さんは、「自分は言いたいことは言うけれど、自分の批判は許さない」と言っているようなもので、これではまるで独裁者。
昔、前原さんに期待していたこともあったのですが、失望しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

山中教授、マラソンで資金集め

山中教授、資金集め奔走…京都マラソン完走宣言

Yamanaka1「3月の京都マラソンを完走するので、研究資金の寄付を」。iPS細胞(新型万能細胞)を開発した山中伸弥・京都大学教授が、趣味のランニングを生かして、研究に必要な寄付金の募集をインターネット上で始めた。
 民間の寄付金が当初目標を下回っており、寄付の受け皿となる基金をアピールするのが狙いだ。
 iPS細胞は再生医療の切り札とされ、国は山中教授らに多額の研究資金を出している。しかし、2014年度以降の資金確保のめどはついていないという。京大は09年度に、個人や団体から寄付を受ける基金を設立。寄付金の目標は年間5億円だが、約3年で集まったのは3億円余りにとどまっている。
(Yahoo!ニュース-読売新聞2月21日(火)16時1分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000786-yom-sci

民主党はとことん日本の成長分野をつぶそうとしていますね。特に科学技術分野の予算は徹底的に減らしています。
そもそも、民主党には成長戦略というものがありません。お金を生み出す努力はせずにバラマキだけは得意。
ここまで徹底していると、やはり民主党は某国が日本をつぶすために送り込んだスパイ政権なのかと思えてきます。

それにしても、IPS細胞研究、2014年度以降の資金確保のめどはついていないとは・・・
私が大金持ちだったら寄付するのに・・・
アメリカは大金持ちがバ~ンと寄付する文化がありますよね。
日本はそもそも寄付文化が根付いていませんし、これだけ不景気だと企業もなかなかお金を出してくれません。

山中教授自らマラソンまでして資金集めをするなんて、ちょっと痛々しい・・・
お願いですから日本政府は予算をつけてあげて下さい。
このままだと、山中教授をどこかの国にとられちゃいますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国資本による土地買収問題

普天間移設地周辺で外資土地買収  防衛相「大きな問題」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先の同県名護市辺野古(へのこ)の周辺で、リゾート施設の土地が外国資本に買収されかねない状況になっている問題が20日、衆院予算委員会でとりあげられた。田中直紀防衛相は「辺野古移転が不可能になるようなことがあってはいけない。大きな問題だと認識し、支障があれば対処する」と強調した。
 自民党の小野寺五典(いつのり)氏は「外国資本が土地の購入交渉に入っている。仮に中国資本に買収され、代替施設の建設の差し止め訴訟を起こされた場合、大きな問題になる」と指摘した。
 これに対し、田中氏は18日の沖縄視察の際、買収問題の報告を受けたことを認めた。「早く新しい法律の下で対処したい」とも述べ、安全保障上の問題がある土地の外国資本による買収を制限するため、新たな法整備を急ぐべきだとの考えを示した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞2月20日(月)20時52分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00000605-san-pol

安全保障上の問題で、外国人に土地を買われないようにする法律を整備すべきだという指摘は以前からあったはずで、確か民主党もこの問題については検討するようなことを言っていたと思います。
タイなどは外国人が土地を買うことを禁止していたはず。そういう制限を設けている国は他にもあったと思います。日本も早く何らかの制限を設けた方が良いのではないでしょうか。
民主党政権になってから、中国、韓国、ロシアからの安全保障上の揺さぶりが激しくなってきました。もう民主党政権のままでは日本を守ることはできないのではないかと不安でたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

英王子夫妻のバービー人形

英王子夫妻のバービー人形発売へ、結婚1周年に合わせ

[ロサンゼルス 15日 ロイター] バービー人形を販売する米玩具大手マテルは15日、4月29日に結婚1周年を迎えるウィリアム英王子とキャサリン妃の人形を、同月に発売すると発表した。
人形の衣装は、世界中が注目したロイヤルウェディングで2人着用したものをモチーフに製作され、王子は赤い軍服、キャサリン妃は白いウェディングドレスを着ている。
マテル社は、「バービーがケンとの復縁を発表してから1年。バービーは、みんなが憧れるもう1組のカップルの愛を祝福することになる」とし、価格は夫妻セットで100ドル(約7800円)になるという。
(Yahoo!ニュース-ロイター2月16日(木)11時21分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120216-00000041-reut-int

あと2ヶ月程で結婚1周年ですか。
早いですね~
それにしても、お人形よくできてますね。ウィリアム王子もそっくり。
キャサリン妃はお人形さんのようなイメージの方です。
体型も細くてモデルさんみたいですし、顔立ちも。
『お姫様になりた~い』なんて小さい女の子はよく言いますけど、キャサリン妃は本当に実現しちゃったという感じでしょうか。(実は私も小さい時はお姫様ごっこが好きでした♪)
また、バービーと同じく、キャサリン妃もファッションに注目されていますが、割とシンプルでお値段もそれほど高価なものをお召しではないように見えます。
お人形さんのようなキャサリン妃は、何を着ても似合いますから良いですね。

Kate2

Kate3

Kate4_2 

Kate5

Kate6

グレーがお好きなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

連用制は危険、絶対反対

連用制は危険=鳩山元首相

 民主党の鳩山由紀夫元首相は14日夜、都内で講演し、公明党などが主張する衆院小選挙区比例代表連用制の導入について「非常に危険なことで、二度と日本では単独政権ができなくなる」と、反対する考えを示した。「(連用制導入で)必ず3党か4党の連立政権になり、政権の中の意思決定をどうするかで時間が取られてしまう」と指摘。「51対49でも勝ちは勝ちだとして、政権を安定させる方が良い」と強調した。 
(Yahoo!ニュース-時事通信2月14日(火)21時28分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120214-00000149-jij-pol

この方の発言はいつもあさっての方向を向いているんですが、連用制に関してのこの意見は極めてまとも。
急にまともなことを言い出すと逆に不安になってしまいます。
いつもは宇宙人だけど、人間に戻ったのかな?

これは本当に鳩山さんの言うとおりで、連用制をやると連立政権が常態化します。はっきり言って連立政権は良いことないです。やりたくもない政策を押し付けられますから。自民党と公明党を見ているとわかるでしょう。

昔「地域振興券」という商品券のようなクーポンを自民党がばらまいたことがあるのですが、これは公明党対策だと言われました。
Wikipediaによると、『与党である自由民主党からも「ばら撒き政策」だと強い批判が挙がったが、公明党の強い要望により導入された。当時内閣官房長官であった野中広務が「(以前から公明が主張していた地域振興券は)天下の愚策かも知れないが、7000億円の国対費だと思って我慢して欲しい」と後に話したといわれている。また公明との連立は学会票を得るための選対であること、その見返りが公明党の要望する地域振興券だった旨が述べられている』と説明されています。

麻生内閣の時の「定額給付金」も同じ。公明党はものすごく成立にこだわっていました。
当時野党民主党代表代行だった菅直人氏は「(定額給付金は)公明党の選挙対策費だ。」と国会質疑の中で批判しました。
これに対して麻生首相は「公明党に対し、無礼な話。私はまったく見解が違う。」と反論しましたが、菅さんの指摘はかなり図星だったのではないでしょうか。

そもそも自民党は景気対策としては定額減税や定率減税を考えていました。ところが、減税方式だと所得税等の税金を払っていない低所得層には恩恵が行きません。低所得層は公明党の支持層なのでそれでは困ります。
そこで、何だかんだと理由をつけて日本に住所のある国民及び外国人(短期滞在は除く)を対象とした定額給付金となりました。

このように、連立を組むと、国民のためではなく少数連立政党への国会対策のような法律が通ってしまうのですから良いことはありません。

選挙制度は公平であるべきで、多くの票を得た政党が、それを支持してくれた有権者の期待に応える政策を実現するのは当然です。

ポッポもたまには良いこと言いますね。
私も民意を反映しない連用制は絶対反対です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

美貌の母娘

美貌の前首相の娘、攻撃に耐え抜けるか?

Tymoshenko3獄中にあるウクライナのユリヤ・ティモシェンコ前首相(51)の娘、エブゲニヤさん(31)が訪米し、現政権の政治弾圧をやめさせるため、可能なあらゆる外交手段を講じるよう、議会証言などで訴えた。欧米諸国は、ティモシェンコ氏の投獄はビクトル・ヤヌコビッチ大統領(61)による政敵排除だとみている。

■母親とうり二つ
ティモシェンコ氏は、2004年、大統領選での不正を指摘し、民衆の抗議行動により政権交代を実現させた「オレンジ革命」の立役者であり、05年2~9月、07年12月~10年3月の2度、首相を務めた。かつて「ウクライナのジャンヌ・ダルク」と呼ばれたのはその美貌のせいでもあり、長い金髪を編み上げ、頭に巻きつける独特のヘアスタイルがトレードマークだ。

 Tymoshenko6 訪米した娘のエブゲニヤさんについて、米公共ラジオ(NPR)は「金髪の編み上げがないことをのぞけば、母親とうり二つ」と紹介している。やはりなかなかの美貌というわけだ。英国のロック歌手と結婚し、英国住まいだったが、母親の苦境を知り、ウクライナに戻った。父親は身の危険を感じて先月、チェコに政治亡命しており、エブゲニヤさんは首都キエフで政敵と戦う唯一の身内となった。(以下略)
(MSN産経ニュース2012.2.13 15:03)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120213/erp12021315160005-n1.htm

ティモシェンコ前首相にはこんなに美しい御嬢さんがいらっしゃったのですね。
本当にうり二つです。

お父様がチェコに政治亡命するくらいですから、エブゲニヤさんもかなり危険な状況ではないでしょうか。

お母様がロシアとのガス契約に関する職権乱用事件関係で投獄されたのも、ヤヌコビッチ大統領に嵌められたのではないかとの噂があります。

お母様にうり二つのエブゲニヤさんが政治的な活動をするのは大統領としてはおもしろくないでしょうね。

実際、電話は盗聴され、尾行もされているようですから常に危険と隣り合わせの状態だそうです。

しかし、彼女の動向が注目されればされるほど、ティモシェンコ元首相に関心が集まるのではないでしょうか。

その効果を狙ってエブゲニヤさんは政敵と闘う決意をしたのだと思います。

Tymoshenko4

Tymoshenko5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

沖縄海兵隊移転について

韓国移転を望む在日米軍、韓国は喜憂こもごも

沖縄米軍移設計画が取りざたされているなか、一部を韓国に移転するとの情報が報じられた。韓国政府は米国と関連議題について協議したことを否定したが、メディアは米国の新軍事戦略はアジアの盟友を安心させるどころか、むしろ地域情勢をより混乱させると報じた。
 7日付の朝鮮日報によると、米国は1万8000人の在沖縄海兵隊のうち8000人をグアムに移転させる計画だったが、新計画では、グアムに移転させる人数を4700人前後に抑え、残りの3300人は暫定的にそのほかの海外基地にローテンションで駐留させる決定をした。
 日本政府の関係筋によれば、米政府は3300人のうち1500人を山口県の岩国基地に移転させると同時に、在韓米軍基地への移転も考慮している。韓国内には海軍地上部隊の大規模施設がないため、陸・空軍基地を使用する可能性があるという。
 朝鮮日報はソウル外交筋の話として、米国は早急に一部海兵隊員を韓国に移転させるとしていると伝えた。このところ、海兵隊が韓国にローテンション駐留する可能性が高まっている。韓国高官は「海兵隊がローテンション駐留すれば、北朝鮮問題をめぐりより多くの選択肢が出てくる」と話す。
(Yahoo!ニュース-サーチナ2月11日(土)14時56分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000012-scn-cn

沖縄米軍移設計画は日本だけではなく、韓国、オーストラリア、フィリピンなど多くの国を巻き込んでいるようです。その背景として、表向き普天間基地を辺野古へ移転することが事実上困難になったことが挙げられますが、実は米国の国防戦略そのものが根本的に変わってしまったことにあるのではないかと思われます。

しかし、政府もマスコミもそのようには言いません。先に発表された「在日米軍再編見直しに関する基本方針」について、大手マスコミは辺野古移転が困難になったことにより普天間が固定化するという論調です。本当にそうなのでしょうか。物事は色々な見方をした方が良いので別の視点から考えてみました。

2006年の日米合意(再編実施のためのロードマップ)では、「1)普天間基地を辺野古へ移転した後、2)米海兵隊8000人をグアムに移す。その後、3)嘉手納以南の米軍基地6施設を返還する、という3つの措置をパッケージで実行する」となっています。

そもそも、「2)米海兵隊8000人をグアムに移す」の大前提となる沖縄海兵隊の人数の根拠は何なのでしょうか。
政府やマスコミが言っているのは1万8000人という数字です。これは民主党政府が閣議決定した答弁書で「1万8000人」の根拠について、「06年5月の日米合意に至る協議の中で米側から説明を受けた」と説明しているからです。

そのため、1万8000人が正しい人数だと常に報道されているわけですが、米国自身が正式にこれを認めているわけではありません。もちろん、こうした兵力に関する数字は最高機密ですから明確にできない事情はあると思います。

1万8000人という数字は、現行計画でグアムに移転する「約8000人」に、政府が移転後に残るとしている「定数1万人」を単純に足した数字ではないか。実は、在日海兵隊員全体から沖縄以外の日本本土の海兵隊員を引き算すると、沖縄駐留海兵隊員の実数は約1万2000人になる。それが本当の人数ではないかという指摘もあります。
1万8000人と1万2000人では6000人も違いますね。どちらが正しいかによって沖縄の状況が変わってきます。

まだ正式な移転人数は不明ですが、8日に米政府から日本政府へ非公式に伝えられている移転案では8000人のうちグアムに4700人を先行移転させるほか、ハワイに1000人、米本土に800人移転とされ、残りはフィリピン、オーストラリア、岩国、韓国等へローテーションさせるのだとか。中でもオーストラリアのダーウィンについては、オバマ大統領が来年半ばまでに海兵隊を最大250人駐留させ、将来的には2500人にまで拡大すると発表しています。

何か色々な数字が飛び交ってごちゃごちゃしていますが、仮に沖縄駐留海兵隊員の実数が1万2000人だとして、そこから8000人引くと残り4000人です。さらに将来オーストラリアやフィリピン等に分散されるとしたら沖縄駐留海兵隊の数は激減することになります。これだけ減れば、沖縄の負担、普天間の危険は事実上無くなると考えて良いでしょう。これだけ減らしても良いとすれば、それは米国の戦略が変わったことを意味します。

オバマ大統領の発表した新国防戦略で強調したのは、アジア地域での米軍のプレゼンスを高めることと、サイバー戦争と、無人偵察機への投資を強化することの3点です。ここでいうアジア地域はどこと特定されていませんが、恐らく北東アジアよりも中国の海洋進出をけん制する狙いがあり南西諸島防衛に重点が移っていると思われます。

巨額の財政赤字に苦しむ米国は、軍事費の大幅削減を迫られています。その上、高度化した中国の軍事力に対抗するため沖縄に多くの兵力を置くのはあまりにも危険すぎると考えたのではないでしょうか。
沖縄の持つ軍事上の地の利を犠牲にしてでも兵力削減を決断せざるを得なかったということでしょう。そこで登場したのが「ジョイント・エア・シー・バトル構想」なんですね。

先日の予算委員会で小池百合子元防衛相が田中防衛相に、「エア・シーバトルの戦略目標は何か」と質問していました。田中防衛相は「理解していない」と防衛無知を露呈していましたが…
これは、軍備の近代化を進め、潜水艦や弾道ミサイルで米空母部隊の行動を制約する「接近阻止能力」を強化している中国軍に対処することを念頭に米国が構築を進めている空軍と海軍の統合戦闘構想のことです。
具体的には、中国からミサイルなどで攻撃を受けたら、米軍は一旦その射程外まで撤退し、体勢を立て直して、海空両軍で反撃するのだそうです。

何かすごく難しいことを言ってるな~と思っていたのですが、実はこれは沖縄とものすごく関係していたということです。中国はサイバー戦争が核戦争より戦略的に效果的だとの判断ですでに準備作業に突入したようですし、そういう意味でも今後は海兵隊の攻撃能力に重点を置く戦略では無くなっていくわけです。

この構想だと、日本が攻撃を受けても米国は無人攻撃機などで「遠くから」支援するだけになるかもしれません。端的に言うと「日本の防衛はある程度日本で考えろ」ということなんでしょう。ここ数年の間にどんどん状況は変わっていってしまったのですね。

それなのに、日本政府はあまり真剣に国防を考えているとは思えません。相変わらずアメリカが日本を守ってくれると思っているのでしょうか。
沖縄の方たちは米軍が抜けた後に自衛隊が防衛するかもしれないという事態になったらどのように考えるのでしょうか。このままだとそうならざるを得ないと思うのですが・・・

左翼の方々に決定的に欠けているのは沖縄をどうやって防衛するのかという視点です。仮想敵国である中国とは「外交力」や「話し合い」で解決すると思っているようですが、米軍が去った後、日本人である自衛隊が沖縄を守ることさえ否定しようとするのでしょうか。その疑問に明確に答えていないのが不思議です。
普天間だ辺野古だと騒いでいる間に、米軍自体がいなくなるという事態も考えられる状況になってきたのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

首都中枢機能バックアップ

民主党が首都中枢機能バックアップ作業チーム初会合

 民主党は、「首都中枢機能バックアップ作業チーム」(座長・馬淵澄夫元国土交通相)の初会合を10日に開く。直下型地震などで東京が甚大な被害に遭った場合の代替策について検討する。首相官邸や中央省庁などの機能を一時的に移す地域を特定するかどうかが焦点で、3月中に政府に報告書を提出する。
(Yahoo!ニュース-産経新聞2月8日(水)17時22分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120208-00000557-san-pol

昔、首都機能移転という話がありました。あれはどうなったのでしょうか?
恐らく事実上無くなってしまったのだと思います。
何だかんだ言って永田町の皆さんは東京を離れたくないのでしょう。
あんなに立派な議員会館を作ってしまっては、今さら引っ越しもできないでしょうし・・・
それにしても、まさか、あれほど大きな地震が起き、原発が爆発しようとは・・・
そもそも、首都機能移転とはそういう時のことを想定していたはずです。

以前、国会等移転審議会で出された首都機能移転先の都市の条件は以下の通り。

1.現首都東京との距離がそれほど遠くない地域
2.陸・海・空での国際的な将来性をもつ地域
3.自然災害(地震・火山・津波など)の少ない地域
4.広大な平地を持つ地域
5.各地からの交通便利性

この条件を踏まえて候補地に挙がっていた中に『栃木・福島地域』がありました。
仮に首都機能が実現していたとしたら、大変なことになっていたかもしれません。
しかし、自然災害は今後日本列島のどこにでも起こり得ることであり、どこに移転すれば絶対に安心という土地が無いのは事実です。

また、首都機能移転では、皇居はそのまま東京都に置くとされているようです。
それでは天皇陛下の国事行為との関係で大変困ります。
それならば、皇居は京都に、首都機能は関西へ移すというのが現実的ではないでしょうか。
その際、国会等の施設は、少なくとも今の官邸周辺のように民間の建物が周りに建てられないような広い土地が必要になると思います。
単なるバックアップ機能だけの場合も含めて、関西の方々の意見を聞いてみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

エリザベス英女王が即位60年

エリザベス英女王が即位60年、6月に4日間の祝賀イベント

Queen_elizabeth2[ロンドン 6日 ロイター] 英国のエリザベス女王(85)が6日、即位60年を迎えた。ビクトリア女王(在位期間1837―1901年)に次ぐ2番目に長い在位期間となる。

Queen_elizabeth8 即位60年を記念する祝賀行事は、今年6月に4日間にわたって行われる予定。バッキンガム宮殿でのコンサートやテムズ川での船舶1000隻によるパレードなどの行事が予定されている。

Queen_elizabeth3_2 女王は声明を発表し、在位中にこれまで受けてきた素晴らしい支援や励ましに感謝するとし、気持ちを新たに国民への奉仕に全力を尽くすと約束した。

Queen_elizabeth7 父ジョージ6世の死去後、エリザベス女王は1952年2月6日、25歳で即位。これまでに116カ国を訪問し、女王の下で首相を務めたのは12人に上る。

Queen_elizabeth4子ども3人の離婚、中でもチャールズ皇太子とダイアナ元皇太子妃の離婚や、同妃が1997年に交通事故で死去した後の対応で英王室の人気は急落した。しかし、昨年にウィリアム王子とキャサリン妃の結婚で、再び人気を得ている。
(Yahoo!ニュース-ロイター2月6日(月)14時29分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120206-00000044-reut-int

女王陛下、御即位60年、おめでとうございます。
お若くして即位されたので長い在位期間ですね。
彼女は、威厳に満ちた品格のある女王という印象が強いのですが、愛する国民の前では優しく慈しみ深い表情を浮かべられる方。女王は国民の誇りでしょう。
女王陛下、いつまでもお健やかに。

Queen_elizabeth5

Queen_elizabeth6

Queen_elizabeth1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

ふわふわスカレーちゃん

去年から家にいるふわふわスカレーちゃんです。
横須賀からやってきました♪~
ふわふわ仲間はあと3羽(人?)いるのですが、
今日はこの子だけ御披露目しますね。
仲間のご紹介はまた今度・・・
この子が家に来てからあまりの愛らしさになごみます。

Yokosukacurry7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

髪の毛が気になる田中防衛相

参院予算委で髪をとかす田中防衛相
(スポニチ Sponichi Annex 社会)
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/01/gazo/G20120201002546710.html

さすがカメラマンさん、撮ってくれましたね~
田中防衛相は身だしなみをとても気にする方のようです。
(Photo By 共同)

Tanaka1_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »