« 変な国会日程 | トップページ | あの頃はひどかった »

2012年1月23日 (月)

自民党は何をなすべきか

「本願」へ谷垣氏支持、自民党大会で県内議員/神奈川

野田首相を衆院解散に追い込み、政権奪還への意気込みを鮮明にした自民党大会。消費増税を柱とする一体改革の与野党協議を拒否する執行部に批判的な意見を示してきた県内の議員も、谷垣禎一総裁を支持する姿勢を強調。県内の党幹部からは「政権奪還が見えてきて、勢いのある大会だった」という印象の一方、「(政権復帰に向け)大きく変わる方策を、見いださないといけない」との声も上がった。
 運動方針案起草委員長として演台に立った菅義偉元総務相(衆院2区)が「日本の存亡を懸けた政治決戦の年。一日も早く政権を奪還しようではありませんか」と呼び掛ければ、広報本部長として新たなポスターを発表した甘利明元経済産業相(衆院比例南関東)も「今年、自民党は政権を奪還します」と宣言。
 決意を強調した谷垣氏の演説に、小泉進次郎氏(11区)は「腹を決めたなと思った。解散を求めることに批判はあるが、それでも自民党が政権を担うことが、国民のためになるという覚悟だ」と感じた。
 野田政権への対決姿勢を前面に打ち出しながらも、自民党は前回参院選で「消費税10%」を掲げただけに、与野党協議の拒否には不満もくすぶっていた。
 だが、拒否に疑念を示してきた甘利氏も、「民主党に(閣議決定などで)覚悟を決めてもらう工程をはさんだ。総裁とも話したが、何をなすべきかということでは、まったく意見の相違はない」と断言。菅氏は「事前協議はあり得ない。政府がきちんと中身をまとめ、法案として出してくれば、国会の場で積極的に審議に応じる」と、谷垣氏の背中を押した。
 谷垣氏が「本願」と位置付けた政権奪還はなるのか。小泉氏は「自民党は変わっていないというイメージがあり、もう一度任せたいとは思えないという声もある。大きく変わる方策を、見いださないといけない」と語った。
(Yahoo!ニュース-カナロコ神奈川新聞1月23日(月)15時30分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120123-00000013-kana-l14

昨日ニュースを見ていて思ったのですが、「今、自民党は何をなすべきか?」という疑問に一番的確に答えていたのは小泉進次郎議員でした。
ワイドショーなどに出演している自民党ベテラン議員の発言は、どうも今一つ分かり難くてイライラします。
一体自民党が何をやりたいのかうまく伝わっていないなと思っていましたが、一年生議員にこれほどズバリと言われてしまうとは。もう少し他の議員の皆さんもしっかりして欲しいなと思ってしまいました。
まぁ、一年生議員といっても、進次郎氏は特別かもしれませんけれど…

Shinjiro14

Shinjiro15

Shinjiro16

Shinjiro17 

画像はFNN、JNNニュースからキャプチャさせていただきました。

|

« 変な国会日程 | トップページ | あの頃はひどかった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53808969

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党は何をなすべきか:

« 変な国会日程 | トップページ | あの頃はひどかった »