« おめでとう! | トップページ | ゴミ情報の山からダイヤモンドを探す能力 »

2012年1月13日 (金)

岡田氏には期待しない

岡田氏入閣めぐり調整続く=野田首相、13日に内閣改造

 野田佳彦首相は13日、政権立て直しを図り重要課題に取り組む態勢を強化するため内閣改造・民主党役員人事を断行する。消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革を進める「目玉」として、岡田克也前幹事長を副総理に起用する意向。ただ、岡田氏は入閣に慎重とされ、最終調整が続いている。
 首相は12日昼、首相官邸で開いた政府・民主三役会議で、「今後の態勢をしっかり強化する」と13日の改造を表明した。この後、輿石東幹事長と2人きりで人事について協議。輿石氏は「改造には大義が必要だ」と述べ、諸懸案に対応できる布陣とするよう求めた。
 首相は、参院で問責決議を受けた一川保夫防衛相と山岡賢次消費者担当相のほか、さらに数人の閣僚交代を検討している。消費増税に関する与野党協議の環境を整えるには、幹事長時代に自民、公明両党との対話路線を主導した岡田氏が適任と判断。6日に岡田氏を極秘で首相公邸に呼び、入閣を打診した。
 ただ、岡田氏は、幹事長として小沢一郎元代表の党員資格停止処分を主導した経緯がある。岡田氏が入閣すれば元代表グループの反発を招くのは必至で、民主党幹部は「岡田氏が受けるかどうかは分からない」と述べた。
 首相は平野博文国対委員長の交代も検討しており、平野氏を消費者担当相に起用し、後任の国対委員長に城島光力幹事長代理を充てる案が有力。防衛相には北沢俊美前防衛相や東祥三衆院安全保障委員長を推す声がある。国民新党は自見庄三郎金融・郵政改革担当相の再任を求めている。
(Yahoo!ニュース-時事通信1月12日(木)21時11分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120112-00000118-jij-pol

重要課題に取り組むため岡田克也氏を副総理ですか・・・
年金や社会保障も最重要課題ですよね。
岡田氏といって思い出すのは年金問題です。

年金に関する2004年5月の自民・公明・民主「三党合意」を皆さん覚えていらっしゃいますか?もう何年も前のことなので忘れている方も多いでしょう。
これは、年金の一元化問題を含めた社会保障制度全般の一体的見直しのための協議会設置等について、3党幹事長が署名、合意したものです(ちなみに当時の民主党代表は菅直人氏)。当時民主党幹事長だった岡田氏はこの文書にサインしています。ところが、民主党はなかなか協議に応じようとしません。

翌年2月、当時の小泉首相は、民主党代表になった岡田氏に対し「あなたがサインしたでしょう」と協議のテーブルにつくよう求めたのですが、岡田氏は小泉首相に対して、
「小泉純一郎首相は三党合意とかいう『古証文』を何回も取り出しているが、相当カビが生えている」
と批判しました。自分がサインした文書を『古証文』『カビが生えている』と言ってバカにしたのですよ。三党合意から1年も経っていないのに呆れてものも言えません。

公党の幹事長が自らサインした文書を勝手に反故にする。民主党がいかに信用ならない政党であるか、こういう経緯を見れば明らかです。まぁマニフェストも簡単に反故にしてしまう政党ですから当然と言えば当然かと・・・
『マニフェストも古証文』なんてね。

それでは、なぜ民主党はこれほどまでに年金改革の協議に応じたくなかったのでしょうか。
ひと言でいえば、民主党は共済年金に手を付けたくなかったからです。

国民年金を含む年金の一体化は最終的な目標ですが、それぞれの制度はあまりに違いすぎる。それならばと、自民、公明がまずは比較的一体化が可能であろうと厚生年金と、共済年金の一体化をしようという提案をしました。
ところが、岡田氏は国民年金を含めた年金制度一元化への「担保」が話し合いの前提だとして譲らなかったのです。

要は、民主党の支持母体である公務員組合の反対に配慮し、他の年金に比べてはるかに優遇されている共済年金に手を付けたくなかったのですね。当時、民主党は野党でしたから、政権交代のために公務員組合は何としても味方につけておきたかったのでしょう。

岡田 合意文に署名
 ↓
小泉 話し合いをしよう
 ↓
岡田 議論しても意味ない
 ↓ 
小泉 だってサインしたじゃないか
 ↓
岡田 サイン(゚⊿゚)シラネ
 ↓
小泉 先に進まないじゃないか・・・
 ↓
岡田 小泉首相は年金改革を放置している!

と、こういう流れだったわけです。

内閣改造で岡田氏が副総理になるとか言ってますが、岡田さんってそんな器なんでしょうか。
真面目で融通が利かないという点をまるで長所のように言う方がいますが、過去の彼の発言をみればとんでもない人だということがわかります。
「参政権がほしいなら国籍を取れということは、人権にかかわる」
なんて平然と言っていましたし。

自分が与党の立場になって今度は野党に協議をお願いする立場になりますが、岡田氏にできるのでしょうか。そもそも、入閣するかどうかはわかりませんが、私は岡田氏には期待していません。

|

« おめでとう! | トップページ | ゴミ情報の山からダイヤモンドを探す能力 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53723368

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田氏には期待しない:

« おめでとう! | トップページ | ゴミ情報の山からダイヤモンドを探す能力 »