« 自民党は何をなすべきか | トップページ | 何となく今年も傍聴 »

2012年1月24日 (火)

あの頃はひどかった

「あの頃はひどかった」演説引用で福田元首相

 自民党の福田康夫元首相は24日、野田佳彦首相が施政方針演説で、首相時代の福田氏が与野党協議を呼びかけた演説を引用したことについて「あのころを思い出すと、(民主党は)むちゃくちゃにひどかったね。話し合うどころじゃなくて、すべて拒否された。反対、反対でね」と述べた。国会内で記者団に答えた。
 福田氏は首相在任中の平成19年11月、衆参で多数勢力が異なる「ねじれ国会」解消に向けて、当時の小沢一郎民主党代表と大連立で合意したものの民主党内の反対で頓挫した。福田氏はその経験を振り返り「また繰り返しているんですかね、与野党が逆になって」と自虐的に皮肉った。さらに、野田首相が意欲を示す消費税増税をめぐる与野党協議には「これからどうするのかね、与党、政権が。それに尽きます」と突き放した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞1月24日(火)19時26分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000580-san-pol

福田さん、久しぶりですね~
自虐的に皮肉っているところなど、フフン節は健在って感じですね。
福田首相の頃は私も結構批判してましたが、現在の民主党政権のひどさを見ていると、福田政権時代がはるかにまともであったことがよくわかります。

あれは民主党の小沢代表との党首討論だったでしょうか。
(ねじれ国会で)「大変苦労しているんですよ。かわいそうなくらい苦労しているんですよ」とおっしゃっていたことはよく覚えています。

あの時は『首相が泣きを入れたらダメでしょう』と思ったものですが、同じねじれ国会でも民主党の傲慢な国会運営を見ていると、福田さんって正直な人だったんだなと思います。
野田首相も「ごめんなさい」って土下座しちゃうとか、少しは健気なところを見せてくれたら良いかもね。

これはネットからの拾い物。
首相経験者がずらり。小泉さんがいないのが寂しい…

Fukuda11

|

« 自民党は何をなすべきか | トップページ | 何となく今年も傍聴 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53818263

この記事へのトラックバック一覧です: あの頃はひどかった:

« 自民党は何をなすべきか | トップページ | 何となく今年も傍聴 »