« 政府特使は菅前首相 | トップページ | 私の好きな能面 »

2011年12月 9日 (金)

民主党へ、瀬戸際外交の勧め

日本の慰安婦平和碑設置中断要請、韓国政府「難しい」

日本政府が駐韓日本大使館前の慰安婦平和碑設置を中断するよう公式要請した中、韓国政府はこれに関与するのは難しいという立場を明らかにし、韓日間の外交摩擦に発展する兆しが表れている。
日本の藤村修官房長官は8日の記者会見で、韓国の市民団体が日本軍慰安婦平和碑を設置するのをやめさせてほしいと韓国政府に要請した、と明らかにした。
これに対し韓国外交通商部の当局者は9日、「今回の平和費設置は市民団体が推進するうえ、慰安婦問題の根本的な責任が日本側にあるだけに、日本政府が大乗的な次元で法的責任を認め、真摯に賠償に動かなければならない」と述べたと、韓国メディアは伝えた。
一方、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は14日、日本軍慰安婦被害者の1000回目の水曜デモに合わせて、駐韓日本大使館前のデモ場所に少女の姿の碑石を建てる計画だ。
(Yahoo!ニュース-中央日報12月9日(金)17時15分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000025-cnippou-kr

もう韓国とは国交を断絶するくらい強い態度で臨むほか解決方法は無いのではないでしょうか。韓国では、嘘も100回言えば真実になるというか、自国に都合の悪いことに対しては聞く耳を持たないというか、まさに韓国の諺でいう『泣く子は餅を一つ余計もらえる』というゴネた者勝ちの文化なのでしょう。

韓国とは同じ自由主義国の隣国として、本来は仲良く親密な関係を結びたいところですが、これまでの韓国政府の態度を見る限り無理だと考えています。その原因を作ったのは長年韓国を甘やかしてきた自民党であり、民団等に弱みを握られている民主党です。

特に、安全保障政策に党としての統一見解を持たない民主党政権になってからは、韓国政府の強気の態度が目立ちます。明らかに韓国側に足元を見られているということ。舐められているんですね。

以前、小泉元首相は胡錦濤国家主席との2国間会談をめぐり、中国側から「来年、靖国神社を参拝しないなら受ける」と打診されたのに対し、外務省を通じ「必ず参拝します。それで会談を拒否するならかまわない」と返答しました。中国は最終的に、小泉氏が参拝を明言しないことを条件に、会談を受け入れたのです。

野田首相も小泉さんのように、一度『駐韓日本大使館前の慰安婦平和碑設置を中断しないなら、日韓スワップ協定拡大は取り止める。首脳会談も行わない!』くらい言ってみたらどうでしょう。北朝鮮の瀬戸際外交を少しは見習うことをお勧めします。

外交は武器を持たない戦争ですから、民主党政府のように相手国に譲歩ばかりしていれば、どんどん国益を毀損します。自民党も長い間事なかれ主義でしたが、民主党ほどひどくは無かった。国政ではあとしばらく民主党政権を我慢しようかと思っていましたが、外交安保を考えると早く政権交代してもらいたいと焦ってしまいます。

それにしても、こんなことばかりやっている韓国という国を日本人に好きになってもらおうと思っている(いや、すでに大好きになっていると思ってる?)のであれば、韓国政府は相当おかしいですね。
個々の韓国人は別として、少なくとも私自身はこの10年間で韓国という国が大嫌いになりました。

|

« 政府特使は菅前首相 | トップページ | 私の好きな能面 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53444774

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党へ、瀬戸際外交の勧め:

« 政府特使は菅前首相 | トップページ | 私の好きな能面 »