« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

2011年大晦日

今日は大晦日、あっという間の一年だったように思えます。
今年は東日本大震災という大きな災害がありました。この出来事は多くの人たちの人生観や価値観を変えたのではないでしょうか。

ブログはなかなか楽しい話題をUPすることができず、またそのような気分にもなれなかったため更新が滞りがちになってしまいました。
来年はもう少し沢山記事を書ければ良いなと思う反面、『発信力の弱い弱小ブログの存在意義とは?』という疑問も感じています。

すでにネットではブログよりもTwitterやFacebookといった簡易でスピード感のあるものへ移行しており、これからもその傾向は変わらないように思われます。
私自身、7~8年前から数年前まではお気に入りのブログやWEBサイトを読みふけっていたというのに、近年は必ず読むサイトも10~15件ほど。ブックマークは200ヶ所以上あるのに読む時間も気力もありません。
といって、そもそもめんどくさがり屋なのでTwitterはこれからもやらないでしょう。弱小ブログの存在意義に疑問を感じつつ、しばらくは細々と続けていこうと思っています。

この一年ブログを見に来て下さった皆様、ありがとうございました。
来年は選挙があるかもしれませんが、堅い話ばかりでなく楽しい記事をUPできたら良いなと思っています。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

野田首相とインドの帽子

帽子をプレゼントされた野田首相

インド政財界関係者の会合に出席し、帽子をプレゼントされた野田佳彦首相。「私の大きな頭は入りきらなかった。この大きな頭の中には日本とインドの関係を強化する夢がいっぱい詰まっている」と笑いを誘った=27日
(Yahoo!ニュース-時事通信12月28日(水)10時25分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111228-00000006-jijp-int.view-000

>私の大きな頭は入りきらなかった。

頭が大きいって自覚していらっしゃるのですね。
でも、なかなか帽子似合ってると思いますよ。
本当はターバン姿の首相を見たかったです。
日本では民主党から離党者続出とか大変なことになっていますが、こういう時の外遊はそんなことも忘れて気分転換になるでしょうね。
来年の通常国会のことを考えると日本に帰りたくないかも。
本当は日本のことを忘れてもらっては困るのですが・・・

Noda3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

その無所属は民主かも

<中島衆院議員>民主に離党届…八ッ場ダム建設再開方針批判

 民主党の中島政希衆院議員(比例北関東、当選1回)は24日午前、政府が八ッ場ダム(群馬県)の建設再開を決めたことを批判し、党代表の野田佳彦首相あてに離党届を党本部に提出した。09年衆院選で初当選した議員が、マニフェスト違反を理由に離党を表明したことは野田政権にも打撃となりそうだ。
 提出後、中島氏は国会内で記者会見し、「建設継続は政党政治の歴史に汚点を残す歴史的愚行。八ッ場ダム中止さえ実現できないならば他の改革政策は望むべくもない」と首相を厳しく批判した。今後は無所属で活動するという。自身の議員辞職は否定した。中島氏は中間派で党内グループには属していないが、離党について鳩山由紀夫元首相に相談したことを明らかにし、「鳩山氏は(建設再開を)大変危惧していた。私の行動は理解してもらった」と述べた。中島氏は党群馬県連会長代行を務めていた。(以下略)
(Yahoo!ニュース-毎日新聞12月24日(土)12時35分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111224-00000021-mai-pol

この議員さん、離党の理由を政府の八ッ場ダム建設再開方針批判としていますが、本当は理由なんて何でもよかったのではないでしょうか。要は沈みゆく民主党という船から早く脱出したかっただけでしょう。

それよりも、中島さん、一年生議員で比例(単独)選出なんですよね。比例北関東ブロック名簿順位33位とかなり低かったにもかかわらず、民主党への凄まじい追い風の中、有権者から「民主党だから」と党名をバックに当選したわけです。しかし、次の選挙では『民主党の中島です』といって当選する可能性はかなり厳しいのではないでしょうか。

比例選出議員が離党するといつも問題になりますが、やはりこの方も辞めずに無所属で活動とのこと。こういう問題はしばしば起きるので、規定を変えた方が良いかもしれませんね。

一番わかりやすいのは一旦議員辞職してもらうこと。
しかし、そのルールを決めるのは当の国会議員なので難しいですね。
私たちができるのはこのような議員を記憶に留めておくことでしょうか。

『ちょっと待てその無所属は民主かも』

次の選挙ではこの言葉を忘れないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年12月23日 (金)

能トランプ

こんなトランプカードがあるんですね。能楽ファンの私は思わず買ってしまいました。ジョーカーを含む54枚のカードはすべて違う絵柄。眺めているだけでも楽しいです。
調べると発売されたのは何年も前のようで、元々は外国人向けの御土産としてつくられたようです。他にも「源氏物語トランプ」とかあるそうですよ。
私はWindowsに付属のスパイダーソリティアがすごくお気に入りで、やり始めると結構長時間やってしまいます。中級ですとスペード・ハート4組ずつ、上級だとトランプセット2組が必要なのですが、パソコンだとそもそもカードを用意することもないし、カードを配るのも一瞬にして自動で行われますから楽です。
だから、トランプカードを買っても実際には使わないでしょうね。でも、綺麗なカードなので普通のソリティアでもやってみようかなと思っています。

Playing_cards1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

小泉元首相と金総書記

小泉元首相の発言要旨=金総書記死去

 Koizumi64小泉純一郎元首相が19日、北朝鮮の金正日総書記死去を受け、都内で記者団に語った内容の要旨は次の通り。
 ―受け止めは。
 心から哀悼の意を表したい。私は2回、金総書記と会談した。元気なうちに拉致問題、核・ミサイルの問題を解決し、日朝(国交)正常化への道筋を付けたいと思っていたが残念だ。
 ―拉致問題や国交正常化への影響は。
 どなたが最高指導者になっても大変な時期だが、北朝鮮も大きく変わってほしい。基本方針を大きく変え、核開発を放棄して拉致問題を解決し、そして国際社会に入ってもらいたい。それを願うばかりだ。
 ―野田政権にはどのような対応を望むか。
 これは与野党関係なく未来志向で臨み、過去の犯罪をどう清算していくかという問題だ。これからも一筋縄ではいかないと思う。しっかり基本方針を変えないでやっていただきたい。
 ―日朝首脳会談の意義は。
 拉致被害者、まだ帰っていない方もいて無念だが、日朝平壌宣言は未来志向なので、これからも大事な宣言だ。
 ―総書記との会談で印象に残っていることは。
 言われているような支配者とか暗いというイメージはなかった。明るく率直にものを言い、自分の意見でやりとりしていた。
 ―拉致問題がなかなか進展しないが。
 まだ道のりは長いと思う。しかし、指導者は(北朝鮮が)大きく変わるチャンスだと思って、できるだけ国際社会の意見を尊重してほしい。
 ―日本が「圧力」路線を変える必要は。
 「対話と圧力」の方針を変える必要はない。 
(Yahoo!ニュース-時事通信12月19日(月)21時9分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000167-jij-pol

NHKニュースを見ていたら小泉元首相が会見に応じている映像が出てきたのでビックリ。政治家を引退してからなかなか会見に応じなかった小泉さんですが、やはり金正日総書記死去となれば一番にコメントを聞きたかった方です。

拉致問題については小泉さんのことを激しく批判している方たちもいますが、結局、小泉さん以上に拉致問題を進展させた方はその後いません。国交の無い国に食べ物持参で乗り込んで、金正日総書記に拉致を認めさせたその成果は認めるべきでしょう。二度目の訪朝時には「私が行かない限り事態の進展はないと判断した」ときっぱり言っています。ここまで覚悟ができる総理がその後いたでしょうか。

恐らく、金正日総書記が日本政府の交渉相手として認めたのは小泉さんだけだったと思います。また、小泉さんと交渉することにより、金正日総書記が世界のマスコミに注目されるという効果を狙っていたのかもしれません。小泉さんにはそれだけの発信力がありました。しかし、その後の総理が一年交代で変わるようでは、北朝鮮に足元を見られても仕方がなかったですね。

仮に、小泉総理時代がもう少し続いていたら、拉致問題と共に核問題についても金正日総書記と話し合う機会があったかもしれません。それができなかったことは小泉さん自身無念だったでしょうし、もしかしたら金正日総書記の方も小泉さんが政治の表舞台から去ってしまったことに対して残念な気持ちがあったのかもしれないと想像しています。

Koizumi62

Koizumi63

画像はFNNニュースからキャプチャさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

男性にウケが悪い「つけまつげ」

20代男子が理解できない女子メイク 1位は盛りすぎの「つけま」

1960年代から70年代にかけて爆発的なブームとなった「つけまつげ」。一時はすっかり時代遅れになっていたが、2008年から急激に売り上げを伸ばし、いまでは堂々たるリバイバルを果たしている。
   しかし、男性の中にはあまり歓迎していない人もいるようだ。20代の男性に聞いたコブスオンラインの「女性のメイクで理解できないことランキング」では、「ボリュームのあるつけまつげ」が1位となっている。
2位にも「マスカラをたっぷりつけたまつげ」があがった。程度の問題なのかもしれないが、働く20代男性には、まつげの盛りすぎは逆効果なのかもしれない。回答者からは、
「普段はかわいいのに、つけまつげを付けると違和感がある」(22歳・広告業)
「ばさばさして気持ち悪い」(29歳・運輸業)
という声があがっている。
   3位も目元に関することで、「目の周りをバッチリ黒く囲んだアイライン」があがった。いわゆる「囲み目」というやつだ。「そんなにかわいくなるとは思えない」(24歳・金融業)、「顔が変わって、逆にひどくなっている」(24歳・電機)と、順位の割りに辛らつな評価が並んでいる。
   電機メーカーに勤める29歳の男性は、パンダのような濃いメイクをした女の子とホテルに泊まったら、翌朝「すっぴんで誰か分からない」状態だったそうだ。「メイクはしすぎるものではないぞと言いたくなった」そうだが、そんな子と行ったのは本人の責任だと思うのだが。
   目ぢからをつける「囲み目」は、20代の働く女性に聞いた「男性受けが悪かったと思うメイクランキング」でも1位にあがっている。
「囲み目メイクをして学校に行ったら、サークルの同期の男性全員から、『すっぴんで来てくれた方がいい』と言われてヘコんだ」(27歳・医薬品会社)
   女性の後輩は「かわいいー!」と言ってくれたが、男性の後輩は「雰囲気が変わりましたね!」と驚いていたという26歳の女性も。女性同士、それも部下や後輩がほめてくれたからといって男性にもウケがいいとは限らないので、要注意だ。
(J-CAST会社ウォッチ2011/12/16 18:05)
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/12/16116711.html

「ボリュームのあるつけまつげ」って若い男性に人気無いんですね。素顔と顔が変わり過ぎちゃうところががっかりするのかな。ここでは若い男性って限定していますが、私の経験では年齢に限らず男性一般に厚化粧は不人気のようです。ファンデーションすら男性によっては「嫌い」という人がいました。

今は素肌に近いように見えて実はファンデーションを塗っているという方も多いので、「いかにも化粧をしています」と見えるのはやはり目の化粧「つけまつげ」「アイライン(囲み目)」でしょうか。

私はつけまつげをしたことがありませんが、別につけている女性を変だとも思いません。しかし、皆同じ顔に見えてしまうし、つけなくても可愛い女の子は沢山いるのにちょっと残念だとは思います。

私がよく行く洋服屋の女性店員さんの中に一人だけバリバリのつけまつげをつけている方がいます。初めて会った時、顔立ちは可愛いので、正直言って『マスカラだけの方が絶対可愛いのに残念…』と思いました。

他の店員さんたちがマスカラと目尻のアイラインだけで十分美しいので、一人だけ作られた人形のような顔で浮きまくり。本人はそれに気がついていないのだろうし、つけまつげの魔力にもう今さら止められないんだろうなと想像しています。

『女性同士、それも部下や後輩がほめてくれたからといって男性にもウケがいいとは限らないので、要注意』
それに、女性がほめるのはすべてが本心からではないことにも要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

ジェネリック医薬品の使用促進策

後発品普及へ情報提供で加算=新薬との価格差など―厚労省

 厚生労働省は14日、2012年度診療報酬改定に向け、新薬と比べて価格の安い後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進策の骨子を中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提示した。調剤時に、薬局が患者に対して後発品の有無や新薬との価格差などを文書で情報提供した場合、診療報酬を加算する方針などを盛り込んだ。同協議会は大筋で了承した。
 後発医薬品について、厚労省は12年度末に医薬品全体に占める割合を30%(数量ベース)とする目標を掲げているが、11年9月時点では22.8%にとどまっている。患者が、先発薬に代わる後発品があることを知らないケースも多く、同省は患者への後発品の情報提供を強化し、理解促進を図る。
(Yahoo!ニュース-時事通信12月14日(水)12時23分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111214-00000055-jij-pol

日本は米国などと異なり医療保険制度が充実しているので、通常、薬代に恐ろしく高い金額を払うことはありません。価格の安いジェネリック医薬品が普及しない理由の一つに、こうした日本独自の事情があります。

また、「患者が、先発薬に代わる後発品があることを知らないケースも多く」と記事にもあるように、そもそも患者側に薬の情報を得る機会が無いので、ジェネリック医薬品を使って欲しいと思っていても、該当する薬があるのかどうかわかりません。

ある時、私がたまに行く医院の先生の方からジェネリック医薬品の情報を教えていただいたことがありました。丁度処方して欲しかった薬の在庫が他の患者さんに大量に処方してしまったため無くなってしまい、「ジェネリックのお薬ならありますのでそちらを処方しましょう。価格も十分の一以下です」と言われました。

私はジェネリック医薬品を使うのが初めてだったので、少し不安で「効き目は同じですか?」とお尋ねしたところ「同じです」とのこと。それで初めて処方していただきました。
使ってみたところ何の問題も無く病気は治りましたので、その後も同じ薬を処方していただいています。

国民全体の医療費負担を軽くするためにもジェネリック医薬品が普及することは良いことだと思います。そのためには、ジェネリック医薬品のことを知らない患者に情報提供をする必要があります。記事にあるように『調剤時に、薬局が患者に対して後発品の有無や新薬との価格差などを文書で情報提供した場合、診療報酬を加算する方針』というのは効果的だと思います。

但し、ジェネリック医薬品が新薬と全く同じ製品でない場合があることも知らせるべきでしょう。薬の有効成分は同じでも、特許が切れていない関係で製造方法が異なっていたり、添加物が加えられていなかったりした場合、必ずしも同じ効き目が得られるかどうかはわかりません。そういった問題点もすべて患者に開示したうえで提供するべきだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

私の好きな能面

三井記念美術館で行われている「能面と能装束」展を見に行ってきました。
こういう展覧会はもう何度も見ていますし、何よりも実際の能を観ているので、今回は説明文をほとんど読まず、面を感じるままに見ました。

やはり惹きつけられた面は伝日氷(氷見)宗忠作の老女、痩男、痩女でした。
死者の顔から写し取ったとされる表情は、面とは思えないほど生々しく、ガラスケースの中の面がまるでどこかの博物館に展示されているミイラのようにも見えました。

龍右衛門作とされる小面(花の小面)は大変美しく魅力的な女性ですが、私はこうした美女よりも泥眼や怪士(あやかし)といった金泥や金環が施された霊的で怪しげな雰囲気を醸し出している面が好きです。曲見(しゃくみ)や深井といった憂いを含んだ中年女性の面も魅力的ですね。

男性の面では他に喝食(かつしき)が好きです。怪しげな美少年といったところが何とも言えない魅力です。実際、喝食は女性禁止の僧院で給仕や僧侶の身の回りの世話をするのが仕事の有髪の少年のことをいいますからどことなく怪しげな雰囲気が漂っています。

他にも囃子の楽器と謡本、能装束も展示されていますので興味のある方は見に行かれてはいかがでしょうか。

<関連記事>
能楽堂で死者の声を聞く
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_17a2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

民主党へ、瀬戸際外交の勧め

日本の慰安婦平和碑設置中断要請、韓国政府「難しい」

日本政府が駐韓日本大使館前の慰安婦平和碑設置を中断するよう公式要請した中、韓国政府はこれに関与するのは難しいという立場を明らかにし、韓日間の外交摩擦に発展する兆しが表れている。
日本の藤村修官房長官は8日の記者会見で、韓国の市民団体が日本軍慰安婦平和碑を設置するのをやめさせてほしいと韓国政府に要請した、と明らかにした。
これに対し韓国外交通商部の当局者は9日、「今回の平和費設置は市民団体が推進するうえ、慰安婦問題の根本的な責任が日本側にあるだけに、日本政府が大乗的な次元で法的責任を認め、真摯に賠償に動かなければならない」と述べたと、韓国メディアは伝えた。
一方、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は14日、日本軍慰安婦被害者の1000回目の水曜デモに合わせて、駐韓日本大使館前のデモ場所に少女の姿の碑石を建てる計画だ。
(Yahoo!ニュース-中央日報12月9日(金)17時15分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000025-cnippou-kr

もう韓国とは国交を断絶するくらい強い態度で臨むほか解決方法は無いのではないでしょうか。韓国では、嘘も100回言えば真実になるというか、自国に都合の悪いことに対しては聞く耳を持たないというか、まさに韓国の諺でいう『泣く子は餅を一つ余計もらえる』というゴネた者勝ちの文化なのでしょう。

韓国とは同じ自由主義国の隣国として、本来は仲良く親密な関係を結びたいところですが、これまでの韓国政府の態度を見る限り無理だと考えています。その原因を作ったのは長年韓国を甘やかしてきた自民党であり、民団等に弱みを握られている民主党です。

特に、安全保障政策に党としての統一見解を持たない民主党政権になってからは、韓国政府の強気の態度が目立ちます。明らかに韓国側に足元を見られているということ。舐められているんですね。

以前、小泉元首相は胡錦濤国家主席との2国間会談をめぐり、中国側から「来年、靖国神社を参拝しないなら受ける」と打診されたのに対し、外務省を通じ「必ず参拝します。それで会談を拒否するならかまわない」と返答しました。中国は最終的に、小泉氏が参拝を明言しないことを条件に、会談を受け入れたのです。

野田首相も小泉さんのように、一度『駐韓日本大使館前の慰安婦平和碑設置を中断しないなら、日韓スワップ協定拡大は取り止める。首脳会談も行わない!』くらい言ってみたらどうでしょう。北朝鮮の瀬戸際外交を少しは見習うことをお勧めします。

外交は武器を持たない戦争ですから、民主党政府のように相手国に譲歩ばかりしていれば、どんどん国益を毀損します。自民党も長い間事なかれ主義でしたが、民主党ほどひどくは無かった。国政ではあとしばらく民主党政権を我慢しようかと思っていましたが、外交安保を考えると早く政権交代してもらいたいと焦ってしまいます。

それにしても、こんなことばかりやっている韓国という国を日本人に好きになってもらおうと思っている(いや、すでに大好きになっていると思ってる?)のであれば、韓国政府は相当おかしいですね。
個々の韓国人は別として、少なくとも私自身はこの10年間で韓国という国が大嫌いになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

政府特使は菅前首相

菅前首相、アルゼンチン大統領就任式典に

政府は6日の閣議で、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで10日に行われるクリスティナ・フェルナンデス大統領の就任式典に、菅前首相を政府特使として派遣することを決めた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞12月6日(火)22時50分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00001279-yom-pol

政府特使が菅さんですか・・・
確かに総理大臣経験者ですから格というか資格はあるんですけどね。
アルゼンチン政府はうれしくないだろうなぁ・・・
いくら日本から遠く離れていても、菅さんの噂は耳に入っているでしょうし・・・
といって、鳩山元首相に来てもらっても同じ事かもしれませんけど。

<関連記事>

鳩山前首相は民主党政権の貴重な政府特使
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-564c.html

菅内閣、政府特使に麻生元首相を起用か
http://coolminori.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-bec0.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

共産党、小選挙区全て候補擁立へ

共産、民主と全面対決…小選挙区全て候補擁立へ

 共産党の第4回中央委員会総会(4中総)が3日、党本部で始まった。志位委員長は幹部会報告で、「野田政権と正面から対決し、日本の政治の閉塞状況を打ち破る」と述べ、民主党政権と全面的に対決する考えを表明した。
 次期衆院選については、小選挙区候補を大幅に絞り込んだ2009年衆院選の選挙戦略を見直し、300小選挙区すべてで候補者擁立を目指す方針を正式に示した。比例選の得票650万票以上、そのうえで全11比例ブロックでの議席獲得を目標に掲げた。同総会は4日に閉幕する。
 志位委員長は3日、幹部会報告で、次期衆院選について、「国民は自公、民主両政権を体験し、両方に怒りと批判を募らせている。新しい選択肢を探求する中での選挙だ」と述べた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞12月3日(土)19時33分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000670-yom-pol

これは民主党にとってかなり厳しい状況になるのではないでしょうか。次期衆院選では前回時のような『政権交代旋風』が全く見込めないどころか、逆風が吹くのは間違いありません。
前回の衆院選で民主党が大勝した理由の一つに、共産党が小選挙区候補を大幅に絞り込んだ結果、共産党支持者の票が民主党に大量に流れ込んだ効果もありました。
民主党にとっては、自民党やみんなの党と対抗するため、少しでも共産党に流れる票を取り込みたいところです。
ところが、全小選挙区に共産党候補者が立つとなると、その計算が成り立たなくなるので民主党にとっては厳しい戦いになると思われます。
逆に自民党にとっては民主党と共産党に票が割れる分、一見ラッキーにも思えますが有権者はそれほど単純ではないでしょう。大阪維新の会が候補者を立ててきたらかなりの脅威です。
私は公務員改革を本気でやってくれるところに投票しようと思っているので、自民党一択ではありません。多少過激な戦略であっても大阪維新の会が本気で公務員改革に取り組んでくれるのであれば支持したいです。その意味でも今後の大阪市の動向を注意深く見守っていきたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

観光PR大使は男女平等がイイ!

「ミスさっぽろ」 今季限り

■未婚対象、時代遅れ?

 札幌市の観光PRを担ってきた「ミスさっぽろ」が、今の第40代を最後に廃止されることになった。未婚女性を対象にした募集が時代に合わないとされたことや応募者が年々減少していることなどが理由だ。
 「ミスさっぽろ」は札幌五輪が開かれた1972年に始まった。初代から第33代までは4人が選ばれていたが、前回と今回は2人。応募者はピーク時の92年には390人いたが、今回は127人に落ち込んだ。
 応募規定にある「18歳以上の未婚女性」も論議の的になった。また、多い時は年間約140回を数えた参加イベントも最近は100回を下回り、今年は東日本大震災の影響でさらに減っているという。
 主催する札幌観光協会は今後、何らかの形で観光PRを担う大使などを検討していくという。これまで選ばれた「ミスさっぽろ」は151人。経験者の中にはタンゴ歌手として活躍する冴木杏奈さんがいる。
(asahi.com朝日新聞マイタウン北海道2011年12月02日)

http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000001112020003

私は未婚女性を対象にしていること自体は悪いことだとは思わないです。さらに年齢を「18歳以上」とだけではなく、「18歳以上30歳未満」としても良いんじゃないかとさえ思います。

別にそれは差別でも何でもなく、単に一般的に若い女性が美しいという意味で良いんじゃないかなと思うわけです。「若い既婚女性についてはどうなんだ!」という突っ込みはちょっと後回しに。

それに、世の中の男性(既婚、未婚を問わず)にとって『未婚女性』という響きは何となく夢を与えるイメージがあるんじゃないかなと思うわけです。はかない夢でしょうけれども・・・

堅いことを言わずに、そういうものがあっても良いんじゃないかと思います。
しかし、『男女共同参画時代に何チャラ・・・』とおっしゃる方たちもいますので、この際、こういう観光大使的な役割は男女平等にすべきではないかと思うのです。

そう思うようになったのは、以前神奈川県藤沢市の『湘南江の島 海の女王と海の王子』に出会ったからです。
素敵な海の王子が藤沢市のパンフレットを配っている場面に遭遇して、
『おおっ!これは素敵☆.。.:*・゚shine
と、しばし眺めてしまいました(ノ´∀`*)

これですよ、これ。これからはこういうのも男女平等であるべきだと思いました。
観光大使など自治体の広報役として選ばれる方たちは、ほとんどが女性(ミス、ミセス問わず)でしょう。それも悪くは無いけれど、素敵な男性が観光大使というのは新鮮でした。
全国の自治体の皆様には是非男女の観光大使を選んでいただきたいとお願いします。

さて、後回しにした「未婚、既婚」についての問題です。
ものすごく美人でチャーミングで頭脳明晰で『この女性こそ観光PR大使にふさわしい!』と思った女性が既婚者であった場合、応募できないのは残念という気持ちも理解できます。

それならば、男、女、未婚、既婚を問わず各1名ずつ選ぶのが平等ではありませんか?
観光王と観光女王を既婚者にして、観光王子と観光王女を未婚者にするとか。
差別や平等を言うのならこういうのが良いんじゃない~

私は固いことを言わずに未婚の王子様と王女様で良いと思うけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »