« ブータン国王夫妻が来日 | トップページ | 無党派層が増えるだけ »

2011年11月20日 (日)

党規則改正でも変わらない党の体質

外国人党員の投票廃止 民主代表選、党規則改正へ

 民主党は19日、党代表選挙での在日外国人の党員・サポーターの投票制度を廃止する方向で最終調整に入った。党規約・代表選挙規則検討委員会(委員長・細川律夫前厚生労働相)が月内に示す「改正案のたたき台」に廃止を盛り込む。複数の党幹部が明らかにした。民主党の代表選は事実上の首相選びとなるため、外国人の投票参加は、日本国民の権利を侵害し、憲法違反にあたるとの批判が出ていた。
 民主党規約では、在日外国人が党員やサポーターになれると明記。党代表選規則は党員とサポーターの両方を代表選の「有権者」と定め、外国人も投票できる仕組みになっている。
 平成21年に政権交代後、初めて外国人も含む党員・サポーターが参加した昨年9月の代表選では、自民党が「事実上の首相選びに外国人が参加するのは憲法違反だ」と指摘。今年7月には枝野幸男官房長官(当時)が参院内閣委員会で「私が(22年の)党幹事長時代に(外国人の代表選投票は)適切でないと判断し、しっかり見直すよう議論をスタートさせた」と答弁していた。
 これまで民主党は、永住外国人への地方選挙権付与を検討するなど、在日外国人の政治参加に前向きな姿勢をみせていた。しかし、野田佳彦首相や前原誠司政調会長らの外国人献金問題が明らかになり、実際の党代表選規則の改正に乗り出したものとみられる。
 ただし、在日外国人が党員・サポーターになれる制度は維持するとみられる。この場合、民主党の“構成メンバー”として、外国人が日本の国政に関与する仕組みは残ることから、なお批判を浴びそうだ。
 党代表選規則は来年1月の党大会で改正される見通しだ。
(Yahoo!ニュース-産経新聞11月20日(日)8時39分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111120-00000061-san-pol

やっと党規則を改正するのですね。遅かったです。心配なのは、党員・サポーターの登録時にどうやって国籍を確認するかですね。まさか自己申告?
しかし、見直しをしたということは民主党は憲法違反の可能性を認めたということなので、昨年の代表選で選ばれた菅さんは憲法違反だったともいえます。事実上外国人に選ばれた総理大臣に一年もこの国が支配されていたことになります。考えただけで恐ろしいことなのに、これは現実だったのですね。
しかし、鳩山元首相らは相変わらず在日韓国人ら外国人参政権の実現を主張しているわけで、これから先も外国人(事実上在日韓国・朝鮮人)に選挙活動の支援をお願いすることには変わりありません。今回の党規則改正にしても、民主党が政権党になったから指摘されたのであって、もしも、野党のままであったなら改正するつもりなどなかったでしょう。
民主党の党体質はこれからも全く変わらないと断言できます。

|

« ブータン国王夫妻が来日 | トップページ | 無党派層が増えるだけ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53289861

この記事へのトラックバック一覧です: 党規則改正でも変わらない党の体質:

« ブータン国王夫妻が来日 | トップページ | 無党派層が増えるだけ »