« 党規則改正でも変わらない党の体質 | トップページ | 社会福祉政策を選挙の争点にするべきか »

2011年11月25日 (金)

無党派層が増えるだけ

政治「悪くなっている」76%…政権に不満如実

 読売新聞社が12~13日に実施した「政治」に関する全国世論調査(面接方式)で、最近の日本の政治が「悪くなっている」と思う人は76%に上った。
 選挙で投じた1票が現実の政治に「反映していない」と答えた人も81%に達し、自民党政権時の前回2008年2月の67%から大幅に上昇して過去最高となった。
 政権交代で大きな期待を集めた民主党政権が、十分な成果を上げていないことに対する不満が表れた形だ。
 今の政治の問題点(複数回答)については、「国民の目線に立っていない」45%が最も多く、「政策決定が遅い」42%、「日本の将来像を示していない」33%などが続いた。
 民主党政権による政治主導の政策決定が「うまくいっていない」との回答は88%を占めた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞11月24日(木)22時21分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111124-00001205-yom-pol

私は元々民主党政権に期待していなかったので、期待していた人のガッカリ感と比べればましなのかもしれませんが、自民党の現状に対してもかなりガッカリしていますから同じようなものです。

仮に、今解散総選挙が行われるとして、どの政党に投票するかを考えると、『民主党政権に不満だから自民党』とすっきりとは答えられません。公務員改革にしてもTPPに関しても自民党は民主党に対して明確な対立軸を示していませんし、本当に改革をする気があるのかと疑問に思います。

例えば、郵政選挙で刺客を立ててまで激しく戦った某対立候補を三顧の礼を尽くして自民党に復党してもらったことには大いに失望しました。郵政票という組織票と莫大な政治献金に目がくらんだに違いありません。また、TPPでは農業団体に配慮して反対運動を行ったことも農業問題だけに論点が矮小化され議論を避けているように見えました。党内にも賛成派がいるのですから、『自民党=TPP反対』とイメージづけるのは疑問です。

どうも最近の自民党は古い自民党の支持団体に媚びるかのような行動が目立ちます。自民党は都市部の無党派層に再び振り向いてもらわなければ復活の道は無いと思うのですが、『改革政党』という看板はすっかり降ろしてしまったようです。

私ですらそう思うのですから、元々民主党に投票した方たちは『自民党に投票しても大して変わらないならば、もうしばらく民主党に頑張ってもらうしかないかも・・・』と思っても仕方がありません。結局、既存の政党は信用できずに無党派層が増えるだけになりそうです。

|

« 党規則改正でも変わらない党の体質 | トップページ | 社会福祉政策を選挙の争点にするべきか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/53327434

この記事へのトラックバック一覧です: 無党派層が増えるだけ:

« 党規則改正でも変わらない党の体質 | トップページ | 社会福祉政策を選挙の争点にするべきか »