« またも配慮を欠く発言 | トップページ | もれなくもらえる感謝状 »

2011年10月21日 (金)

蓮舫氏はIT音痴?

スパコン仕分け人は「IT音痴」だった? 蓮舫氏、ツイッターで写真紹介できず

  「2位じゃダメなんですか?」の名台詞で次世代スーパーコンピューターを事業仕分けにかけた民主党の蓮舫行政刷新担当相が実は「IT音痴」だったのではないかと、話題になっている。
   2011年10月20日現在34万人にフォローされていて、ツイッターで大人気の蓮舫氏。普段は政界での出来事や、家族のことなどを投稿しているのだが、19日、ちょっとした事件があった。
「蓮舫さん、画像がアップロードされてません!」
   家で何匹も猫を飼っているのだそうで、その写真をフォロワーに見せようとしたのだが、紹介したURLが「/Users/renho_office/Desktop/mail.jpeg」と、蓮舫氏のPC内のローカルパスだった。
   残念ながら、もちろんこれでは他の人は閲覧できない。ツイッターで写真を紹介する際は写真共有サイトに写真をアップしてそこのURLを紹介するなどの方法が一般的だ。
   すぐさまフォロワーから「蓮舫さん、画像がアップロードされてません!そのアドレスは蓮舫さんのPC内でしか使えません」と突っ込まれ、「すみません!やり直します」。しばらくして、仲良く身を寄せて寝る2匹の白猫の写真を無事紹介した。
「この国大丈夫か?」「うちの親父もここまで酷くない」
   これだけだったら、政治家がツイッターで少し手こずったというだけなのだが、蓮舫氏は、2009年秋の事業仕分けで、文部科学省所管の次世代スパコン「京(けい)」の開発の仕分けを担当。「1位になる理由は何があるんでしょうか? 2位じゃダメなんでしょうか?」と厳しく詰め寄り、約270億円の予算を事実上の凍結とした過去がある。
   そのため、今回のツイッターでの出来事は2ちゃんねるで「蓮舫さん、ツイッターに画像も上げられない情弱なのにスパコン仕分けしていたことが判明」と話題となり、ツイッターなどにも、「こんなのに仕分けされた側は無念だろうなぁ」「こんな奴がスパコンの仕分けを。この国大丈夫か?」「うちの親父(69)でもここまで酷くはない」などという書き込みが殺到した。
   「評論家がその道の一流である必要はない」と擁護する声もあったが、「仕分け人は画像が添付できなくても人の気持ちが理解出来ない冷酷ささえあれば大丈夫です」という皮肉も。以前からiPhoneとツイッターを駆使するなど、先進的な政治家だと思われていた蓮舫氏が意外と簡単なことが出来なかったという点も面白かったようだ。
   ちなみに、科学者らの批判を受けスパコン開発予算は後に復活。2011年6月には毎秒8162兆回という計算速度で世界一に認定されている。
(J-CASTニュース2011/10/20 18:50)
http://www.j-cast.com/2011/10/20110648.html?p=all

これは蓮舫さんがIT音痴というわけではなくてうっかりミスだったと思います。そこを突っ込むつもりは全然ありません。私もパソコンを初めて触った頃のことを考えると、今では考えられないようなミスの連発でしたから。

フォルダを作成してファイルを管理することもできなかったようなレベルだったので、ネット上に画像をアップロードするなんて恐ろしく難しいことだと思っていました。そもそも、それ以前にネット上の画像を自分のパソコンに取り込む方法さえ知らなかったのです。

しかし、当時は周りのみんながパソコン初心者といってもいい状態でしたので、私一人がIT音痴、情報弱者(情弱)というわけではなかったのが救いでした。それに比べると今は大変ですね。パソコン操作はできるのが当たり前という前提で物事が進んでいくので、仕事などで誰か一人でも基本知識が無い人がいると面倒なことになります。

私の職場でも一人IT音痴の男性がいます。彼は最低限のレベルにも達していないと言ってもよいかもしれません。特に困るのは「メールにファイルを添付して送る方法を知らないこと」です。

単に書類の内容を確認するだけの場合はFAXで送ってもらうのですが、書類を加工しなければならない場合、電子データでないと困ります。結局最初から作り直す羽目になるのですが、とにかくすべてがアナログ対応で、よくリストラされないものだと不思議に思っています。

彼の場合、Windows95時代にみんなが初心者だった頃、職場で行われたパソコン講習をさぼりまくっていたのですね。それに事務職ではなかったので営業担当ならパソコンなんて関係ないとずっと思っていたようです。そもそもパソコンが嫌いで職場以外では一切使っていませんでした。そんなことで、気がついたら自分だけIT音痴になっていたという訳。

こういう人が職場に一人でもいると本当に困ってしまうのですが、別に仕事でパソコンを使わなくても趣味で使っている人だと自然といろいろ覚えますよね。私はネットの掲示板に参加していたことで様々な技を覚えました。というか、やらざるを得なくなったという感じです。未だに新しい技を習得する機会があり面白いなと思います。つい先日も『おおっ!』という技を一つ覚えました。

蓮舫さんのローカルパスの話はうっかりミスですが、彼女の場合、他に突っ込みどころ満載なので情弱認定されてしまったのでしょう。逆に私は彼女のようにiPhoneとツイッターはやっていないのでネット住民に言わせればIT音痴なのかもしれませんね。

|

« またも配慮を欠く発言 | トップページ | もれなくもらえる感謝状 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓮舫氏はIT音痴?:

« またも配慮を欠く発言 | トップページ | もれなくもらえる感謝状 »