« 感動した! | トップページ | 野田首相、国連原子力安全会合で演説 »

2011年9月20日 (火)

国会を開きたくない民主党

次期臨時国会「長期にならない」 藤村官房長官

 藤村修官房長官は20日の記者会見で、平成23年度第3次補正予算案を審議する次の臨時国会の会期について「それほど長期にならない想定だ。過去の例から言って、年末の予算編成前に終わるのが一般的ではないか」と述べた。
 さらに、臨時国会で扱う対象として「大きくは(東日本大震災からの)復興予算がテーマだ。与野党協議を進めるなかで結論を出してほしい」と指摘。復興施策の企画立案などを担う「復興庁」を設置するための関連法案提出についても「鋭意、努力検討している」と語った。
 これに関連、藤村氏は20日の閣僚懇談会で、次の臨時国会では提出法案を厳選し、近日中に件名と概要を内閣官房側に知らせるよう各閣僚に指示した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞9月20日(火)12時32分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000522-san-pol

自民・石原氏「国会開かないなら税金ドロボウ」

 自民党の石原伸晃幹事長は20日午前の記者会見で、民主党の松本剛明国対委員長代理ら国対幹部が辞表を提出した問題について「とにかく今日中にけりをつけてほしい。この問題のために国会を開かないというのは本末転倒で民主党は税金ドロボウだ」と批判した。民主党が松本氏らへの対応を決めず、国会運営に関する与野党協議が進まないことに強い不快感を示したものだ。
 また石原氏は、党役員人事で谷垣禎一総裁が先週末に「いつでもできるように体制を整えてほしい」と指示していたことを明らかにした。自身の進退については「(谷垣氏から)一切言及はない」と述べた。
(Yahoo!ニュース-産経新聞9月20日(火)11時39分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000513-san-pol

民主党政権は、とにかく国会を開きたくない。
開いてもなるべく短い会期で済まそうとする傾向があります。
関連エントリ「早く国会開いて下さい」があるので詳しくは省きますが、予算委員会で野党から不祥事を追及されたり、簡単な質問にも答えられずに大恥をかいたりと、とにかく嫌なのでしょう。
それにしても、もう政権についてから2年経つというのに、未だに「試運転」「慣れていない」「初心者」などと逃げてばかり。
しかも許せないのは、やっと開いたと思ったら国民にとっての重要法案そっちのけで外国人参政権法案を審議しようとしたり、法案の優先順位が滅茶苦茶だったりします。
民主党には、政権を取った瞬間から日本国民に対する大きな責任があり、『慣れていないから』などという逃げは許されません。
次期臨時国会は十分な会期をとって誠実な国会運営をしていただきたいものです。

|

« 感動した! | トップページ | 野田首相、国連原子力安全会合で演説 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/52785773

この記事へのトラックバック一覧です: 国会を開きたくない民主党:

« 感動した! | トップページ | 野田首相、国連原子力安全会合で演説 »