« 小樽海前の馬鹿 | トップページ | 短命首相を生まない方法 »

2011年8月28日 (日)

外国人献金、前原氏の開き直り

献金問題 前原氏、脇の甘さ再び 「これ以上説明しない」

 民主党代表選に出馬した前原誠司前外相に27日、新たな2件の献金問題が浮上した。所得隠しを指摘された企業からと、外国人からの献金。いずれの件についても前原氏側は「事実を知らなかった」などと釈明しているが、次期首相の有力候補として脇の甘さを問う声が高まりそうだ。
 新たな外国人献金は代表選の出馬会見の中で、前原氏自身が明らかにした。前原氏側は会見場で報道陣に「A氏3万円」「Y社29万円」などと書かれたA4のペーパーを配布。政治資金収支報告書の保管義務のある過去5年分に加え、未公表の平成22年分の寄付を調べた結果、計34万円の外国人献金が新たに見つかったと説明した。
 刑法に「罪を犯す意思がない行為は罰しない」との規定があることを意識してか、前原氏は会見で「献金を受けたことを知らなかった」「外国人とは知らなかった」などと献金受領の故意性を繰り返し否定。報道陣の質問に対しては「私は初めて会う人に『あなたの国籍はどちらですか』『あなたは元暴力団ですか』と、いちいち聞くことはしない」などと述べた。
 だが、献金を受けた経緯やY社の業種、外国人との接点などについての説明はなく、会見はわずか20分で終了。会見後に説明を求める報道陣に対し「もう十分説明した。これ以上は説明しない」などと話した。
 日大法学部の岩井奉信教授(政治学)は「献金の経緯など背景に関する説明がなければ、疑念は深まる一方だ。説明責任を果たしたとは言いがたく、仮に首相になれば野党の追及は必至で、国会の混乱を招くことになるだろう」と述べた。
(Yahoo!ニュース-産経新聞8月28日(日)8時49分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000064-san-soci

前原さんってよく「口だけ番長」って言われますね。威勢だけは良いけれど有言不実行で空威張りする人のことです。前原さんのことをちょっと観察していれば、彼のこうした性格を見抜くことができます。それほどわかりやすい脇の甘さがある方なのですが、どうも世間一般では人気が高いようですね。すごく不思議です。
今回の外国人献金問題の説明も完全に開き直っています。

>報道陣の質問に対しては「私は初めて会う人に『あなたの国籍はどちらですか』『あなたは元暴力団ですか』と、いちいち聞くことはしない」などと述べた。

外国人から献金を受けてはいけないことは政治家ならば当然知っていなければいけないこと。献金しようとしている方に対して外国籍かどうかを確認することは当然です。
政治資金規正法では、原則として外国人、外国法人又はその主たる構成員が外国人若しくは外国法人である団体その他の組織から政治活動に関する寄附を受けることはできません。(一部例外規定あり)

寄付しようとする方が外国籍かどうかを確認することは、議員本人であれ担当秘書であれごく事務的に確認すればすむことではないでしょうか。それを聞かないのは在日外国人、特に朝鮮・韓国系の外国籍の方に対して妙な遠慮の気持ちが働くからだと思います。もしも、わかっていながら献金を受けたのであれば非常に悪質です。

また、前原さんの「金は返したから良いだろう」という態度も問題です。
見つかったら返せばいいのであれば、見つからなければこれからも法律違反する可能性があるかもしれません。菅首相の外国人献金問題も全く同じ構図でした。民主党と朝鮮半島との関係という本質的な問題に全く踏み込むことなくこの問題を終わらせようとすることは大問題です。

いずれにしても、民主党政権になってから法律違反を犯した与党議員に対してマスコミの対応が非常に甘いのが気になります。民主党政権がどんなにボロボロになろうとも、決して自民党政権に戻したくない方たちがマスコミには多いようですから、それならばあと二年、民主党の実体をきっちり見せていただこうと思います。

|

« 小樽海前の馬鹿 | トップページ | 短命首相を生まない方法 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/52586147

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人献金、前原氏の開き直り:

« 小樽海前の馬鹿 | トップページ | 短命首相を生まない方法 »