« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

信念を貫く男

「党本部、県連に一任」 城内氏自民復党問題で

 自民党復党に向け同党本部、党県連と基本合意した城内実衆院議員(無所属、静岡7区)は30日、浜松市浜北区で開いた国政報告会終了後、静岡新聞社の取材に応じ、「報告会の中で支援者からの質問に対し、『党本部と県連に一任していて見守っている状況』と答えた」と明らかにした。
 城内氏は復党について「8月中にという話ではない」と最終決定まで時間が必要との見方を示しつつ、「民主党政権の政局も見ながら、自民党本部や県連がこれから時間をかけて協議してくれるのではないか」と、復党への期待感を述べた。
 報告会に出席した支援者によると、政策に関する質問に加え、「自民党に一任していくのもよいが、『信念』がぶれてしまうのではないか」という意見も出たという。支援者の男性(75)は「復党の正式な報告があるかと思って来たが、具体的な言及はなかった。復党するにしても、これまで世話になった人への恩を忘れては駄目」と注文を付けた。
 一方、自民党本部と県連は29日夜、城内氏との合意文書を党7区幹部に発送した。内容は(1)城内氏は自民党に復党する(2)復党条件などは党本部や県連に一任―などで、党関係者の理解を求めた。
(静岡新聞7/31 07:48)
http://www.at-s.com/news/detail/100049213.html

城内さんって『信念を貫く男』っていうのが売りではありませんでした?
彼のオフィシャルサイトやブログにはやたらと『信念』という文字が目立ちます。なんと「城内みのる信念ゲーム」というものまであるんですよ。(結構おもしろかったw)
ここまで信念にこだわる城内氏なのですから、自民党に復党したらせっかくの信念が揺らぎますよ。彼には是非無所属を続けていただきたいです。

自民党が彼を復党させたがっていたのは知っていますが、彼がどういう経緯で無所属議員になったのかわかっていて復党させるのでしょうか。
自民党のそういう中途半端な姿勢は有権者(特に前衆院選で片山さつき氏に投票した方)をバカにしているとしか思えません。自民党自身に信念がないからこういういい加減なことをしても平気なのでしょう。私がここの選挙区の有権者だったら絶対に城内実氏には投票しません。まぁ私が彼を支持しないのは議員としての城内氏というより以前に、彼の人間性に激しく嫌悪感を持つからですが・・・(色々な出来事がありましたよね)

郵政改革法案は未だに国民新党がしつこく国会での審議を求めています。仮に採決となったら現在の自民党では一枚岩で反対できるとは思えません。安倍元首相が復党を許した議員を中心に、必ず欠席、棄権に回る議員がでるでしょう。除名覚悟で与党案に賛成する議員がでるかもしれません。

民主党政権がダメダメなのは当然ですが、自民党内も改革派と守旧派(自称真正保守)の間で政策の対立があり、本当の意味ではまとまりきれていないところがダメです。やはり谷垣総裁では力不足なのでしょうか。郵政改革法案一つとっても党内をまとめることができないのでは、今政権を奪回しても安定した政権運営はできないような気がします。

私には今回の復党話は裏で安倍さんが動いているように思えます。郵政解散の際、城内氏に「いつか必ず自民党に戻すから」って言ってましたね。このブログでも何度も言っていますが、つくづく安倍元首相が郵政造反議員を復党させたのが悔やまれます。あの時自民党は改革政党としての看板を捨て去ったのですから、失った信頼を回復するのは並大抵のことではありません。
こんなことをやっているからいつまでも自民党の支持率が上がらないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月30日 (土)

パキスタンの女性外相

<パキスタン>ファッションで話題…女性外相が外交デビュー

 【ニューデリー杉尾直哉】パキスタン初の女性外相、ヒナ・ラバニ・カル氏(34)は28日、3日間のインド訪問を終えた。外交デビューで印パ関係改善という難題に取り組んだが、連日の美しい着こなしぶりのほうが専ら、話題になった。
 インド国民に圧倒的な印象を与えたのが、日本円で350万円とされるエルメスの高級バッグ「バーキン」。インディアン・エクスプレス紙は「(インドに)来て、見て、バーキンを見せびらかして、(インドを)支配した」と報じた。古代ローマのカエサル将軍の戦勝報告「来た、見た、勝った」をパロディー化したものだ。
 19日に就任したカル氏は26日のインド到着時はあでやかな青いショール、翌日の外相会談では薄手の白いショール姿だった。28日、北西部のイスラム教聖廟(せいびょう)を訪れた際には、カル氏を一目見ようと住民が殺到した。カル氏は「話題になるのはよいこと」と述べた。
 富裕層出身で高級飲食店を経営し、2児の母でもあるカル氏について、専門家たちは「パキスタン外交を牛耳る軍への影響力はない」と冷ややかだ。だが、国際テロリストのウサマ・ビンラディン容疑者(5月に米軍が殺害)が潜伏していたパキスタンのイメージは変えそうだ。
(Yahoo!ニュース-毎日新聞7月29日(金)20時41分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110729-00000088-mai-int

パキスタンはイスラム教の国ですよね。何となくあちらの国は女性の服装などに厳しいイメージがあったのですが、バーキンを持った女性外相が誕生したとは意外でした。
インドではカル氏を一目見ようと住民が殺到したそうですが、やはりどこの国の方もファッションに関心が高いようですね。
外務大臣としての実力は未知数ですが、まずは国のイメージを変えることが彼女の仕事なのかもしれません。

Khar1
Khar2 

Khar3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

素敵なプレゼント

なでしこに青リンゴ クリントン米国務長官がプレゼント

 サッカー女子ワールドカップ決勝で米国を破って優勝した「なでしこジャパン」の健闘をたたえ、クリントン米国務長官が19日、米ワシントンの日本大使館に、カゴ入りの青リンゴ数十個をプレゼントした。
 クリントン氏の上院議員時代の選挙区であるニューヨーク州産。メッセージカードには「日本の選手たちが素晴らしい技術と勝利への信念を持って戦ったことをたたえます」と記されていた。松本剛明外相は感謝の意を示すとともに、米国代表の健闘をたたえるメッセージを送ったという。
(asahi.com(朝日新聞社)2011年7月20日19時51分)
http://www.asahi.com/national/update/0720/TKY201107200467.html

クリントン米国務長官はとても気が利く方だと思います。青リンゴはなでしこジャパンのユニフォームの色にかけているのでしょうか。実際にはgreen appleなんでしょうけど。
クリントンさんは以前にも鉄オタの前原さんが外務大臣の時、蒸気機関車(SL)の模型をプレゼントして下さいました。あの時は前原さん、思いがけないプレゼントにうれしそうでしたね。
それにしても、決勝戦をアメリカと戦えてよかったです。日本は勝ちましたけど、爽やかにお互いの健闘をたたえ合うことができるのは気持ちいいです。アメリカでよく敗者はgood loserであるべしと言われますが、その通りでした。
外務大臣としてあまり存在感の無い松本氏も、なでしこジャパンのおかげで注目されてよかったですね。

Clinton21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

みんなで辞めればいいのに

「そこまでいうなら辞めたら?」自民・町村氏、鴻毛発言の海江田氏に

 自民党の町村信孝元官房長官は21日の町村派(清和政策研究会)の例会で、海江田万里経済産業相が菅直人首相の「脱原発依存」発言を「鴻毛(こうもう)より軽い」と批判したことについて「そこまでいうなら海江田さんもさっさと(閣僚を)辞めるハラがあっていい」と指摘した。また、首相の参院予算委での答弁ぶりに対しては「いい加減な答弁の連続だ。われわれの時代にあんないい加減な答弁をしたら即刻、アウトだ」と非難した。
(Yahoo!ニュース-産経新聞7月21日(木)23時47分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110721-00000630-san-pol

菅首相を辞めさせる方法が無いと言って皆さん困っているようですが、閣僚の方々が一斉に辞表を提出すれば良いんじゃないですか。北沢防衛相あたりは拒否すると思いますが、ほとんどの閣僚に辞められたらさすがに内閣は崩壊すると思います。
特に海江田さんは首相に対する不満が強いようですから、「いずれ時期が来たら」なんて言ってないですぐに辞めれば良いと思います。それができないのは途中で仕事を放りだすことができない責任感からきているのかもしれませんね。
しかし、信頼できない上司のもとで、いつまた梯子を外されるかわからないストレスを考えれば、国民の大多数は納得してくれると思います。町村さんに言われるまでもなく、あれだけ首相に対する不満を口にしながら辞めないのであれば、かえって海江田さんのイメージは悪くなるような気がします。
それにしても、菅さんって本当にしぶといですね。何を言われようが平気。あの根性はすごいと思います。
これでは閣僚全員が辞表を出しても内閣改造して首相を続けるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

優勝おめでとう!

なでしこの勝利を称賛「震災の日本に活力を与えるため」―英紙

 ドイツのフランクフルトで17日(日本時間18日)、女子ワールドカップ(W杯)決勝が行われ、なでしこジャパンが米国と対戦。日本が2-2の延長戦後、PK戦の末、世界ランキング1位の米国を下し、初優勝を果たした。キャプテンのMF澤穂希(INAC)は通算5得点で大会得点王になり、最優秀選手にも選ばれた。
 日本は後半、アレックス・モーガンに先制を許したが、35分過ぎ、右クロスのボールをMF宮間あや(岡山湯郷)がゴールに押し込み、日本は同点に追いついた。延長戦前半の終了直前、クロスボールにアビー・ワンバックが頭で決め勝ち越されたが、後半宮間の左CKに澤が合わせ、再び同点に追いつき、PK戦で決着がついた。
 英ガーディアン紙は、これまで決勝に臨むことがなかった日本だがついに変わるときが来たと報じている。日本勢はかなり特別なチームだと高く評価し、佐々木則夫監督率いるなでしこジャパンの勝利には、震災の復興を願って日本に活力を与えるという、トロフィー獲得を超える理由があったと伝えている。
 さらに同紙は、PK戦について、すばらしいフィニッシュだったと称賛し、日本チームは決して諦めず、W杯史上初のアジア優勝を目指して、強い精神力で挑んだと伝えている。
 また英デイリーメール紙は、「米サッカーのヒロインたち悲嘆に暮れる」と題して報じている。同紙は、なでしこジャパンは、すばやいスルーパスで巧みにボールを獲得するのが特徴だと報じている。北京オリンピックの準決勝で米国に負けた日本だが、はるかに良いチームに育ったと評している。
(Yahoo!ニュース-英紙 (サーチナ)7月18日(月)10時14分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000008-scn-spo

優勝おめでとうございます!
すごい試合でしたね。まさに死闘。
あれだけの体格の差のあるなかでよく頑張ってくれたと思います。
また、彼女たちから『決してあきらめない!』という力をもらいました。
ありがとう!
最近、政治の話題で希望の持てる話がまったくなかったので、久しぶりに元気の出るニュースでした。
ところで菅首相、一時はドイツまで応援に行こうと画策していたらしいですね。
政府専用機を使っての弾丸ツアーだったとか。
人気取りに利用できそうなものは何でも利用しようという菅さんらしい話です。
政府専用機の運航には多大な経費(数千万円)がかかるとのことで、さすがに国民からの批判を恐れて断念したようです。
よかった~菅首相が来なくて。
チャンスをピンチに変えるミラクル菅さんが来たら優勝できなかったかも。
震災の復興には政治の力よりも、なでしこジャパンの優勝の方が活力を与えられたのは事実のようです。

Womens_world_cup2

Womens_world_cup3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月14日 (木)

「サマータイム」と「すだれ」の効果

<節電>サマータイム、都心は逆効果? 帰宅後に電力消費増

 打ち水や日本版サマータイムを実施しても、都心での電力消費は減らないことが、産業技術総合研究所や明星大などのチームの分析で分かった。職場を早期退社しても、家庭でのエアコン利用が増えることなどが理由という。22日から茨城県つくば市で開かれる日本ヒートアイランド学会で発表する。
 各地で猛暑日(最高気温35度以上)を記録した07年8月5日に、都内の各地域での実際の電力消費量をもとに、節電対策を実施したときの変化を試算した。
 その結果、打ち水で午後1時に道路1平方メートル当たり1リットルの散水をした場合、オフィスと集合住宅では節電効果がなく、一戸建て住宅では逆に1%電力消費が増えた。気温は0.6度下がるが、湿度の高い空気が室内に入ってエアコンの負荷を高めるためという。
 また、午後4時に終業するサマータイムでは、オフィスの電力需要は10%減るが、自宅でより多くエアコンを使うため、集合住宅で27%、一戸建てで23%それぞれ増え、全体では4%増となった。東京の場合、1人暮らしが全世帯の約4割を占めるため、夕方以降にエアコンなどを使う世帯が増えるのが理由としている。
 一方、すだれなどによる日差しの遮蔽(しゃへい)では5%減、エアコン設定温度の見直し(住宅24.5度、オフィス26度からそれぞれ28度)で5%減の効果があった。
 明星大の亀卦川幸浩准教授(都市気象・熱環境学)は「地域全体での効果を考えて対策を練ることが重要だ」と提言する。
(Yahoo!ニュース-毎日新聞7月13日(水)15時0分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110713-00000045-mai-soci

思った通りサマータイムは効果なかったですね。これだけ暑いのですから、家に帰ってエアコンを使うのは当たり前。一体何のためにサマータイムをやっているのかなと思います。
私自身、今はサマータイムをやっているのですが、導入している企業が多いのか、朝は早くても道路は割と混んでいます。夕方は早く帰れるので色々なところに寄ることができてうれしいのですが、まだまだ日差しが強いためかなり暑く、結局エアコンの部屋に逃げ込むことになります。

そんな中、皆さんも色々節電対策をやっていらっしゃると思います。記事にもあるように、「すだれ」は効果あるのですね。私は「断熱すだれ」という表面がアルミで加工してあるすだれを使っています。網の目のようになっているので、日差しを防ぎながら風を通すことができます。効果のほどは、ものすごく涼しいというわけではありませんが、直射日光が入ってこない分暑さが和らぎます。

実は、こういう品物は効果があるのか疑問だったので、とりあえず南側に面した窓用に2枚買ってみたのですが、割と良かったため買い足そうと思い、二度目にホームセンターに行った時には完売していました。
こうした洋風すだれだけではなく、日本に昔からある竹や葦などの素材でできた「すだれ」や「よしず」といったものも完売。6月上旬に行った時には沢山あったのに、あれから何度行っても手に入りません。もう今年はあきらめるしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年7月10日 (日)

御意見募集の目的

九電説明会、賛成メールの2割「やらせ」

 玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働を巡る九州電力の「やらせメール」問題で、九電本社から指示メールを受けた社員や子会社のうち、国主催の佐賀県民向け説明会に賛成意見を投稿した社員らは約50人だったことが9日、九電の内部調査でわかった。
 説明会を放映した番組に寄せられた賛成メールの約2割が「やらせ」だったことになる。
 九電幹部によると、九電からの指示メールの内容を閲覧したのは、少なくとも子会社4社の約2300人と3事業所(玄海原発、川内原発、川内原子力総合事務所)の社員ら。このうち約50人が実際に賛成意見を送ったという。大半がメールによる投稿とみられる。
 経済産業省によると、説明会にはメール473件(賛成226件、反対119件など)、ファクス116件(賛成60件、反対44件など)が寄せられた。番組で社員らのメールが紹介されたかどうかは、わかっていないという。
(Yahoo!ニュース-読売新聞7月10日(日)3時2分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110710-00000132-yom-soci

やらせメールを九州電力が主導していたという事実は非常に悪かったです。地元民や国民の信頼を裏切る行為で、信頼回復には長い時間が必要でしょう。
その上で思うことなのですが、こういったことは割とどこでも行われていることではないかということです。
意見を募集する側が自分たちに都合の良い意見を送るよう指示した場合は「やらせ」であって、組織的に大量に意見を発信した場合でも自主的であれば「やらせでは無い」というのもちょっと疑問です。公平の観点からは、どちらも問題だと思います。

たとえば、今回の件でも、政府や九州電力とは切り離された純粋な賛成派、反対派の市民がそれぞれのネットワークを駆使して組織的にメールを送ることも十分予想されます。
今回は賛成派がやらせメールによって大量に発信された可能性があるため結果に疑問を持たれていますが、そういう事実が無かった場合は問題にはならないのでしょうか。

特に、革新系市民団体の情報収集能力、ネットワーク、チームワーク、機動力の強さは侮れないものがあるので、彼らはその組織力を駆使して賛成なり反対なり統一した意見を大量に発信することができます。

実際、今回のやらせメール問題の発端は、日本共産党の笠井亮議員の衆院予算委員会における質問でした。各電力会社には共産党や革新系の職員も在籍していると思われるので、彼らのネットワークの成果なのでしょう。

大体、この手の御意見募集はあまり大々的に告知されるものではないので、一般市民は御意見募集があったことすら気がつかないことが多いです。これでは自分の意見が反映されません。

最近似たようなことで自分が経験したのは、観光庁が募集した休日分散化についてのパブリックコメントです。
私は当初、この御意見募集が行われていることすら知りませんでした。初めて知ったのはネットの巨大掲示板で大変話題になっていたからで、それから慌てて反対意見を書き込みました。

「書き込みました」と簡単に言いましたが、実はその書き込みが大変でした。
まず、意見を書き込む前に面倒な登録が必要で、しかも、質問項目が多く、すべてに反対意見の根拠を書いていかなければなりません。かなり手間取りましたが意地になって私は全部書き込みました。

恐らく、画面を見ただけで参加するのをあきらめた人が多かっただろうと想像します。明らかに観光庁側が考えた、賛成派が多いことを導き出すための手法ではなかったかと思います。

この御意見募集は思いがけずネットで拡散されたため、観光庁の思惑ははずれ「休暇分散 メリットない68%」という結果が出たのですが、書き込みをあきらめた反対派を入れれば8割は反対派だったでしょう。

こうした御意見募集は政府、政党、企業などで日常茶飯事に行われていますが、どこも都合の悪い結果が極端に出ないよう目立たないように募集します。「意見を聞いた」という事実が重要なのであって、反対が多いから必ずしも方針を変えるわけではありません。

事実、休日分散化に7割近くの意見が反対であったにも関わらず、観光庁長官は「厳しい意見が多かったが、再来年には導入したい」と言っているわけですね。

今回の九州電力のやり方はもちろん悪かったと思いますが、大騒ぎすることでもないと思います。そもそも、マスコミだってある一定の方向性へ導くように番組を作っているではありませんか。(都合の悪い意見を言うコメンテーターは出演させないなど)
物事の筋の悪さを比較すれば、突然ストレステストを持ち出して、ちゃぶ台をひっくり返した菅首相の行動の方が比較にならないほど悪いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

松本復興相辞任について

平野氏「松本氏、あの一言でやめたのは残念」

 復興相に内定した平野達男内閣府副大臣は5日夕、記者団に「自分なりにこれから何をやらなければならないか見えている」とし、「一日も早く復興に取り組めるような環境づくりを急ぎたい」と述べた。
 また、辞任した松本龍前復興相については、「これまでの姿勢をみており、あの一言だけでやめたのは残念だ」と語った。
(Yahoo!ニュース-読売新聞7月5日(火)17時47分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110705-00000874-yom-pol

松本氏の発言に関しては、野党に限らず与党からも批判的な意見がほとんどでしたが、中にはこの平野氏のように「残念だ」という言葉を使って擁護する方も何人かいました。
どこをどう考えれば擁護できるのか。仮に自民党政権であったならば、速攻で辞任の出来事です。

私は松本氏の政策実行力が仮に復興大臣として特別優れていたとしても、まず人として最低であるが故に一切擁護する気にはなれません。品格はもちろんのこと、思いやりや共感といったものの欠片も感じさせない人物で、こういう人とは決して気持ちが通じ合うということは無いと思いました。

昔、私の職場に松本氏のようなタイプの人物がいました。
仕事はすごくできるので、組織の中では有能とされていましたが、一人の人間としては最低でした。
松本氏が宮城県知事を恫喝したように、仕事とは全く関係の無いことで満座の中で部下に恥をかかせることなど平気。今なら間違いなくパワハラで訴えられていたでしょう。今でも当時の同僚と会うと、思い出しては嫌な気分になると言います。(ちょっとしたPTSDですね)

松本氏の言動を見ていると、私もその人物を思い出してとても嫌な気分になりました。あれは叱責ではなく恫喝ですよね。しかも、松本氏は恫喝慣れしている様子。彼にとってはあれが普通で、どうして批判されるのか不思議なのかもしれません。

知事は直接民主主義で県民から投票によって直接選ばれます。間接的に選ばれる総理大臣より、ある意味強い権力を持っているかもしれません。その知事を恫喝したということは、松本氏は宮城県民を恫喝したことになります。さぞかし県民の皆様は不快だったことでしょう。
それにしても、任命権者である菅首相がまるで他人事でもあるかのような態度です。予算委員会ではどう言い訳をするつもりでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

役者が違う

小泉元首相、感動した?海老蔵を観劇「さすが千両役者」

Koizumi57  歌舞伎俳優の市川海老蔵(33)が2日、東京・新橋演舞場で初日を迎えた「七月大歌舞伎」(~26日)で約9カ月ぶりに舞台復帰。歌舞伎好きで知られる小泉元首相が午前11時からの「昼の部」を観劇し、海老蔵の復帰舞台を見届けた。1階前方の席で、4時間半にわたる公演を堪能。終演後に報道陣から感想を求められると、「良かった。さすが千両役者だ!!」と賛辞の言葉を贈った。小泉氏は、現役の首相時代にも忙しい公務の合間を縫い、たびたび観劇に訪れていたほどの大の歌舞伎ファン。もともと團十郎と親交が深く、昨年7月の海老蔵と小林麻央の結婚披露宴にも出席していた。
(Yahoo!ニュース-デイリースポーツ7月3日(日)15時26分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110703-00000002-dal-ent

まだ復帰するには早すぎるとか、いろいろ問題行動が多いとか、海老蔵さんには厳しい意見も多いようですが、華のある役者さんなので舞台復帰を待ち望んでいたファンも多かったと思います。
小泉さんも團十郎さんと共に海老蔵さんの昔からのファンですね。
小泉さん自身も華のある方。その場にいらっしゃるだけで周りを明るくさせて下さる方です。どこぞの首相が真似をしたがっているようですが彼には無理でしょう。
郵政解散後の総選挙で大勝利を飾った小泉首相はまさに千両役者でした。あれを真似したいと思ってもなかなかできるものではありません。
下手に真似して『脱原発解散』なんてやったら千両役者になれるどころか、あの方ならせいぜい「かいわれ大根役者」でしょう。
小泉さんから『感動した!菅どうした!?』って言われちゃいますよ。
役者が違います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »