« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月27日 (月)

自民がネット生番組開始

自民がネット生番組開始、解散に備え若者対策

 自民党は衆院が近く解散される可能性をにらみ、無党派層や若年層の支持開拓の作戦を展開している。
 その一つが、22日から試験放送が始まったインターネットの生番組だ。党本部1階の喫茶店を改装した専用スタジオ「カフェスタ」で、所属議員が党の政策や自らの活動を語っている。
 24日午後に出演した世耕弘成参院議員は「予算委員会の質問は参院幹部が事前に質問者と面談し、すべてチェックする」などと国会対策の舞台裏を紹介した。世耕氏はその場で次の出演者を決めて携帯電話で出演依頼をするという、生放送ならではの演出も見せた。
 各大学への「出前講義」も盛んだ。こちらは、人気の高い小泉進次郎衆院議員を前面に出している。
(Yahoo!ニュース-読売新聞6月26日(日)10時22分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110626-00000087-yom-pol

2005年の郵政選挙では、若者や無党派層が積極的に投票所に足を運んだ結果、自民党が大勝しました。彼らにどれだけ支持してもらえるかが勝利の大きなポイントとなります。
ところが、この若者と無党派層は政治や社会問題に非常に関心が高い人が多い反面、実際に投票所に向かうのかというと必ずしもそうではありません。そのため彼らの投票行動が読みにくいと言われるのです。
インターネットは若者や無党派層の利用者が多いため、自民党がそこに目を付けたのは悪くは無いと思うのですが、テレビと違い、インターネットは積極的に自分から情報を取りに行く姿勢が無いと、情報発信者側の一方通行のまま終わってしまう可能性があります。

また、未だに選挙活動のネット利用を可能にする法律が成立していないことも問題です。
昨年の参院選前、総理大臣が不人気の鳩山氏から当時は人気の高かった菅氏に変わり、支持率が高い状況のまま選挙に突入したかった参院民主党の意向で国会が早々に閉じられました。
その結果、成立しなかった法律も多く、選挙活動のネット利用を可能にする法律も未成立のままです。自民党に限らず、どの政党も最終的には選挙で投票してもらうのが目的ですから、ネットで広報活動するのも良いですが、法律を通すことも必要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

若者はそんなにバカじゃない

「居座り」、若者にも悪影響=首相に早期退陣迫る―経団連会長

 経団連の米倉弘昌会長は20日、退陣を表明しながら時期を明言せず、「居座り」を図っている印象が強い菅直人首相の姿勢について、「自分の言ったことをきちんと実行しないと、若い人たちの教育上も具合が悪い」と述べた。指導者が出処進退を潔くしないと教育的な観点からも問題を招きかねないとして、首相の早期退陣を強く求めた発言だ。
 米倉会長は、東日本大震災の復興基本法の成立に震災発生から3カ月以上を要したことに「何と悠長なことをやっているのか」と改めて批判。「被災地の方々の生活を考えると、一刻の猶予も許されない。政治の実行力や判断力、全て物足りない」と述べ、政府や与野党に自覚と猛省を促した。
 さらに、太陽光や風力など再生可能(自然)エネルギーの普及のため、発電した全電力を電力会社に買い取らせる制度を盛り込んだ「再生可能エネルギー促進法案」には、「唐突で理解できない」と否定的な見解を表明した。
(Yahoo!ニュース-時事通信6月20日(月)17時44分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110620-00000090-jij-pol

しばらく情報断食のような状態でほとんどニュースを見ていなかったのですが、政治の状況は変わっていないようですね。菅さんって、じめじめじとじと居座っている梅雨前線のような人だなと思ってしまいました。
これならあと一週間くらい無視していても良いくらいです。

「菅さん辞めろ」、「いや辞めない」の綱引き状態で、国民生活や被災地の方々はそっちのけ。米倉会長が怒るのも当たり前で、全く呑気な人たちです。
菅さんは辞めないどころか、ますます元気になるばかり。とんでもない人が総理大臣になったものです。

ただし、米倉会長が心配しているように『若い人たちの教育上も具合が悪い』というご意見に関してはちょっと心配し過ぎかなとも思います。
若い人たちがあの悪知恵ばかりが働く総理大臣を手本にするわけもなく、逆に『あのようにはなりたくない』と思うのではありませんか。
若者はそんなにバカじゃない。

さて、梅雨が明けるころ、菅さんは辞めているでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

得票差4倍で民主惨敗

青森知事選は得票差「4倍」、民主惨敗

 5日投開票された青森県知事選は、自民、公明推薦の無所属現職、三村氏が35万票近い得票を集め、8万票にとどまった民主など推薦の山内氏に4倍もの大差で勝利した。民主党はまたも地方選で勝利できなかった。
▽青森県知事選開票結果
当 349274三村 申吾 無現
    83374山内  崇 無新
        35972吉俣  洋 共新
      (選管最終)
(Yahoo!ニュース-産経新聞 6月6日(月)1時21分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000504-san-pol

青森県知事選のニュース、ほとんど報道されていないように思いますが気のせいでしょうか。あまりの大差での敗北にマスコミも民主党に気を使ったのかと思いました。
実際に選挙を行うとこれだけの差で民主党が負けているのに、マスコミの報道する民主党の支持率は自民党と大差ないのですよね。とても不思議に思います。
朝日新聞のように露骨に民主党びいきの新聞はあるとしても、もはや民主党政権のひどさは隠しきれないレベルに達していると思うのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

休日変更とサマータイム

鋼材・鉄鋼各社「休みなくなる」 自動車休日変更で対応に苦慮

 自動車メーカーが木、金曜日の一斉休業を決定したことで、鋼材メーカーや鉄鋼流通業者など取引先が休日設定に苦慮するケースが相次いでいる。自動車以外にも取引がある企業は「休日がなくなる」との悲鳴が上がる。休日を合わせる企業もある一方、調整が難しい企業も多く、生産、流通現場の混乱につながる恐れも指摘されている。
 「自動車業界にあわせて休業したいのが本音。だが他の業界のお客さまもおり、実際に休みは取れないのではないか」。都内の鋼材流通加工業者はこう指摘する。
 自動車メーカーによる木、金の休日シフトが始まる7月以降は、業界や企業によって休業日がバラバラになりそうだ。受発注作業が煩雑になり、納期遅れにつながる可能性もある。取引先各社は在庫を増やすなどの対応を検討するが、需要動向を見極めきれず「在庫がかさむと、コストを圧迫しかねない」との懸念が先立っている。
 一方、エンジン部品向け特殊鋼などを生産する愛知製鋼は7~9月、自動車業界に合わせ、木金に一部稼働を停止する。
 自動車業界とは別の日に稼働率を落とす特殊鋼メーカーもある。中部電力の節電要請を受け、電力消費の分散化を図るためだ。大同特殊鋼は主力の知多工場(愛知県東海市)で火水曜日の稼働を抑制。鋼管生産を手がけるJFEスチール知多製造所(同半田市)でも7~8月にかけ、火水の休業を検討する。ただ、営業部門では「取引先に応じて個別対応する」(大同特殊鋼)という。
 ただ、自動車メーカーと休日が異なると、人員割り振りなど「事務コストも上がる」(流通加工業者)ケースも増えそうで、取引先の多くは頭を痛めている。
(Yahoo!ニュース-フジサンケイ ビジネスアイ6月4日(土)9時41分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000006-fsi-bus_all

何かこの記事を読んでいたら観光庁が行おうとしている休暇分散化のデメリットを思い出してしまいました。一斉にやるから効果のあるものと、分散化するから効果があるものは、長所短所を十分考えなければなりませんが、電力消費の分散化はなかなか難しい問題があります。

休日変更は電力使用のピークをずらすという意味ではサマータイムと似ていますので、この記事を参考に再度サマータイムについて考えてみたいと思います。
私は、以前からサマータイムには様々な問題があると指摘していましたが、一番まずいのは各企業がバラバラに実施することです。

枝野官房長官は、国全体で時計の針を進めるサマータイムの導入について「(電力使用の)ピークがずれるだけにとどまる可能性がある。時計の針を動かすこと自体にも相当なコストがかかり、個別の企業や業種で影響の少ないやり方を判断いただく方が現実的で効果的だ」と慎重な考えを示しています。

政府がこうした考えなので企業が個別に対応しているわけですが、日本全国一斉に実施しないと、取引先の都合によっては休日に指定した曜日や就業時間後にも働くことになり労働者は休めなくなります。

いくら節電が目的とはいえ、取引先の要請を無視してまで実施できるとは思えません。制度を実施しない競合他社に顧客を奪われる可能性もあるでしょう。私自身も7月からサマータイムなのですが、『節電効果はほとんど見込めないだろう』と疑問に思いつつ実施する予定です。

以前このブログにも書いたのですが、『サマータイム導入に反対の人たちは、決して省エネ推進自体に異議を唱えているわけではない』ということはもう一度書いておきます。
『サマータイム制度が、省エネ上本当にベストの選択であるのか又はそうでないのか、という議論がなされていないから反対なのだ』ということなのです。

今回のサマータイム導入は、大震災という突発的な事項によって議論も経ずに始まってしまいましたが、実施後に結果を検証して国民的な議論をするべきでしょう。
参考までに、2007年5月のエントリから当時の反対理由を転記しておきます。当時は特定の業界全体で休日をずらすという考えは無かったので、今後はそういった観点からも議論すべきだと思います。

~サマータイム反対の主な理由~

◇サマータイムは元々緯度の高いヨーロッパで導入されたもので、緯度が低く、夏は高温多湿の日本の気候にはなじまない。(北海道とイタリアの北半分が同じくらいの緯度)
さらに日本列島は南北に長く、緯度にすると22度もの差がある。北海道と沖縄の日の出、日没の時間差をみればよくわかります。ヨーロッパ諸国はこのような緯度の差は無い。

◇まだ日の高い蒸し暑い中帰宅しても、自宅でクーラーを使用する時間が増えるだけで省エネ効果は思ったほど見込めない。同じく蒸し暑い日中にレジャーに行く人がそれほど増えるとは思えず、経済効果は未知数。

◇時間の有効利用というが、一時間繰り上げた定時で帰宅できる保証はない。サービス残業が増えるだけではないのか。
 日本の特殊な労働環境を考えれば、欧米人のように定時で仕事を終われない。日本の企業風土に配慮すべき。
余暇の充実やゆとり生活のことを考えるのであれば、残業を減らす、フレックスタイムの拡大、通勤時間を短縮させる、有給休暇の取得率アップなどに取り組むのが先ではないのか。

◇コンピュータや関連機器のプログラムの修正経費がかかるうえ、交通機関で予想もできないトラブルが発生する可能性がある。国民の生命と安全を守ることのほうが大事なのではないか。

◇クールビスの推進、冷房の設定温度を高める等、できることをやるだけでも十分なのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

最低な人たち

総理を辞めたくない菅さんと、民主党を壊したくない鳩山さんが談合したということなのかと思ったら、鳩山さんも菅さんに騙されたってことですか。
被災者を盾に平気でうそをつき人を裏切る。
それで平然としている菅さんが恐ろしい。
こんな人が我が国の総理大臣だなんて考えたくもないです。

しかし、不信任決議案は否決されてよかったと思います。
残り2年、政権党の苦しみをもっと味わって欲しいから。
今回のことでさすがに民主党の本質に気がついた方たちが多かったのではないでしょうか。
菅さんをはじめ、原口さんなどの本性を見た気がします。
本当に最低な人たちだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

スーパー&ウルトラクールビズ

スーパークールビズ始まる=歴代環境相もPR

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を受けた夏場の節電対策として、ポロシャツやジーンズの着用を認めるなど従来のクールビズより職場での軽装化をさらに進めた「スーパークールビズ」が1日、環境省で始まった。この日は肌寒い天気となったが、東京・霞が関の同省内では、上着を脱いでポロシャツや沖縄県で夏に着用するシャツのかりゆし姿で仕事をする職員が多く見られた。
 植田明浩国民生活対策室長は「これから暑くなれば、こうした光景がどんどん広がるのではないか」と話した。午後には東京都内のデパートで、松本龍環境相や小池百合子元環境相ら歴代の環境相4人が参加し、スーパークールビズのPRイベントが開催された。
(Yahoo!ニュース-時事通信6月1日(水)14時7分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000049-jij-pol

今日からクールビズを超えたスーパークールビズ。さらにそれを超えたウルトラクールビズが始まったそうです。
それにしても今日は涼しい。というより寒い!
さすがに短パンでは寒かったでしょうね。

クールビズもすっかり定着しましたね。
そもそも、日本の夏は蒸し暑いのですから、私は昔から開襟シャツで良いと思っていました。ネクタイに上着というスタイルはクーラーが効いている部屋でこそ成り立つもの。今年はいくら寒がりの方でもクーラーが効いていない場所が増えますから、クールビズじゃないと苦しいと思います。

ちょっと気になるのは女性だけに制服のある会社のことです。男性の方たちがスーパー、またはウルトラクールビズで過ごす期間、女性も制服無しでTシャツや短パンになるのでしょうか。もしも、女性だけ制服を強制されたら気の毒ですよね。

私は私服で仕事をしているので夏は快適です。節度ある服装は求められますが基本的に自由なので、半袖シャツにカーディガンといったような温度調節しやすい服が多いです。
ところでクロップドパンツはどうなのでしょうか。これまでは絶対にダメだと考えていたので仕事では着て行ったことは無いのですが、今年は良いのかなぁ…
営業の方は取引先の反応が気になりますから、あまり極端なクールビズはできないでしょうね。

Coolbiz3

Coolbiz4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相の言葉の軽さ

浜岡以外の原発、稼働させるべき…首相

 菅首相は31日、都内で開かれた全国知事会議で、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県)の停止要請について、「地震の専門家が、高い確率での地震発生を見解として出しているので、特別な場所だ」と述べた。
 他の原発については「基本的には安全性が確認されているものは、稼働して電力供給にあたってもらうという姿勢で国は臨んでいく」として、稼働させるべきだとの考えを示した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞5月31日(火)22時40分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110531-00001114-yom-pol

今さら何を言ってるんでしょうね。
恐らく、次々と定期点検で原発が止まっていくと、1基も稼働しない状態になることを誰かに言われて、それはさすがにまずいと思ったのでは。
普通はそういうことも先に考えてから発言するものだと思いますが、菅さんっていつも思ったことを何も考えないで発言してしまいます。
「約1000万戸の屋根に太陽光パネルを設置」の話も同じ。大事なことを担当大臣の海江田さんに断りも無く発表してしまいました。首相の発言は世界に向けて発信されるのですから取り消しができません。
鳩山前首相のCO2の25%削減の発表や普天間問題の「最低でも県外」発言にしても突然だったでしょう。民主党って後先考えずに発言する人ばかり。後始末をする人の立場に立ってくれないと本当に迷惑します。今度選挙をやったら民主党政権ではなくなるのですから、次の政権のためにも首相はもっと言葉の重みを考えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »