« オールスター内閣 | トップページ | 浜岡原発停止は政治判断 »

2011年5月 6日 (金)

電力融通はどうなるの?

浜岡原発停止、電力不足対策には「最大限の対策取る」

 菅直人首相は6日夜の緊急記者会見で、浜岡原発の停止に伴う電力不足について「電力需給バランスに大きな支障が生じないように、政府としても最大限の対策を講じる」と述べた上で、「一層、省エネルギーの工夫をしていだけることで乗り越えていけると確信している。国民のみなさんのご理解とご協力を心からお願いする」と国民に協力を求めた。
(Yahoo!ニュース-産経新聞5月6日(金)22時24分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000583-san-pol

菅首相、中部電力の電力不足分は関西電力から融通してもらえばいいとおっしゃっていましたね。
そうなるとこれはどうなるのでしょうか?

中部電力は23日、同社の東清水変電所(静岡市)構内の周波数変換装置を増強すると発表した。変換可能な電力を現在の10万キロワットから13万キロワットにする。東日本大震災で被災し、供給力不足に陥っている東京電力に少しでも多くの電力を融通するため。
 システムの設計や製造に1カ月程度かかる見込みで、5月中の実施を予定している。
(時事通信3月23日(水))

3月にこういうニュースがあったのですが、この時点では当然浜岡原発が稼働しているという前提で東京電力管内に電気を融通するということだったはずです。
中部電力自体に余裕が無くなるということは、当然この電力融通の話は無しですよね。13万キロワットだって東電にとってはありがたいものですから、無くなったら困ります。

いやそうじゃない。これはそのままで、中電は関電から融通してもらえばいいんだということになると、今度は関電に送電している福井県の原発がどうなるかが問題になります。
原発を止めろという声がドミノのように広がるならば、電力融通の話も連鎖するわけで、代替エネルギーが簡単に見つからない中、浜岡だけ停めれば終わりという話ではないと思います。

|

« オールスター内閣 | トップページ | 浜岡原発停止は政治判断 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51599309

この記事へのトラックバック一覧です: 電力融通はどうなるの?:

» 電力不足解消について [太陽光発電価格]
化学や石油などに素材メーカーを中心に自家発電能力を持つ企業は多い。その能力を持つ企業は多い。その規模は想像以上に大きく、関東地区には875の自家発電設備があり、合計の発電能力は1639万キロワットに達する。... [続きを読む]

受信: 2011年5月17日 (火) 10時30分

« オールスター内閣 | トップページ | 浜岡原発停止は政治判断 »