« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

原発から自然エネルギーへ

「原発の安全性過信」原子力政策で小泉純一郎元首相が自戒の弁/横須賀

 小泉純一郎元首相は28日、横須賀市内で特別講演し、福島第1原発事故に関連して「自民党政権時代も原発の安全性を信用して推進してきた。過ちがあったと思う」と自戒の弁を述べた。
 29日まで開催している「日本食育学会・学術大会」で、「日本の進むべき道」と題して特別講演をした。
 小泉元首相は「原発は安全かといえば必ずしもそうではない」との認識を示し、今後の原子力政策については「これからはもう原発をさらに増やすのは無理。原発への依存度を下げ、自然エネルギーの開発促進をしていくべきだ」と持論を展開した。
 「日本は終戦後、いろいろな困難を克服してきた」と振り返りながら、「東日本大震災は大ピンチだが、世界は日本の状況を注目している。発想を変えてこのピンチを乗り越えていくんだという姿勢を見せ、チャンスに変えなければならない」と強調した。
(カナロコ -- 神奈川新聞社-2011年5月28日)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1105280035/

小泉さんの自戒の弁は、自民党の総裁であり政権与党の総理であった立場からすればごく自然な発言だと思います。
『原発は安全ではなかった』
正直、3.11の震災が起こらなければ政治家の皆さんには予測がつかなかったことばかりだったでしょう。民主党でさえエネルギー政策は自民党以上の原発推進政策でした。
ただ単に「原発反対」と叫んでいた方たちは、「過ちを認めるのが当然」と言うのかもしれませんが、原発が事故以前までの日本の経済産業を支えてきたことは事実なのですから、それは素直に認めるべきだと思います。大事なのはこれからのことです。

私は2002年初めの小泉政権時代に、経済産業省資源エネルギー庁主催のエネルギーの会合に出席したことがあります。会議には当時の経済産業大臣、平沼赳夫氏も出席されていました。
その時いただいた資料の中に原発立地市町村在住の住民1000人と政令指定都市及び東京23区在住の住民5000人合計6000人規模の世論調査がありました。今見ると非常に興味深い調査結果が出ているのでほんの一部ですが紹介します。

【質問】
あなたが今後のエネルギー政策で何が重要だと思いますか。特に重要だと思うものについて、三つまで選び、その番号に○印を付けて下さい。

【結果】
1位:省エネルギーの推進
  (政令指定都市64%、原発立地地域80.7%)
2位:太陽光発電、風力発電などの新エネルギー導入推進
  (政令指定都市48%、原発立地地域72.8%)
原子力発電の推進と答えた人は
(政令指定都市17.9%、原発立地地域14.6%)

【質問】
あなたは、将来の電源としてどれが主力になると期待していますか。特に期待が高いものを三つまで選び、その番号に○印を付けて下さい。
【結果】
1位:太陽光発電
  (政令指定都市64.3%、原発立地地域88.5%)
2位:原子力発電
(政令指定都市38.4%、原発立地地域51.0%)

調査項目は沢山あったのですが、この二つの結果だけ見ても太陽光発電、風力発電などの新エネルギーに期待していることがわかります。11年前の調査ですが、立地地域の方たちにとっても将来的に原発を積極的に受け入れたいという気持ちはそれほど高くはなかったようです。

省エネルギーと自然エネルギーへの期待がこの頃からこれだけ高かったというのは改めて驚きました。電気を供給している原発立地地域の方たちの方が都会の人たちよりも数値が高いという結果は、都市部の住民に対して「もっと電気を大切にしてほしい」という気持ちの表れではないでしょうか。これまで、私たちはエネルギーを贅沢に使い過ぎていたのかもしれません。

しかし、現実問題として今すぐすべての原発を廃炉にするのは無理です。日本のような自然災害が多い国では、小泉さんのおっしゃるように「原発への依存度を下げ、自然エネルギーの開発促進をしていくべき」という方向へと向かって行かざるを得ないと思います。長い時間がかかるでしょうがこれは地震国日本の宿命だと思います。
小泉さんは環境問題にも非常に関心が高いそうなので、何か良いアイデアを出していただけないかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月28日 (土)

ミシェル夫人のファッション、ヘアスタイル

最近楽しい話題が無いので、久しぶりにオバマ大統領夫人のミシェルさんのファッションを取り上げてみたいと思います。
アイルランドとイギリスを公式訪問していたオバマ大統領夫妻ですが、その時のミシェル夫人のファッションはこんな感じです。

Michelle19_2 

Michelle25

イギリスでは先月末に結婚した英王室の長男ウィリアム王子とキャサリン妃と面会し、二人のファッションが注目されました。

Michelle21

キャサリン妃きれいですね~
ダイアナ妃も素敵だったけどキャサリン妃も(・∀・)イイ!
何と彼女がお召しのワンピースは175ポンド(約2万3000円)なのだそうです。
彼女が着ているとそんな風には見えませんが・・・

Kate1

ところが、キャサリン妃、国賓相手の会談にジャケットも着ていなかったことで「場をわきまえていない」と批判されているとか。
そんなことを言うなら、ミシェル夫人だってエリザベス女王と初めてお会いした際にはノースリーブのドレスにカーディガンを羽織っただけ。あの時もずいぶん批判されましたよね。(下の画像がその時のもの)

Michelle16

ミシェル夫人についてはファッションも注目されますが、私は髪の毛がものすごく気になります。くせ毛だから髪型に制約があるとは思うのですが、以前から前髪を盛るのは止めた方が良いと思っています。
案の定こんな感じで爆発しちゃいました。

Michelle26

こちらは突然の突風で女王陛下も帽子を押さえていらっしゃいますが、ミシェル夫人の爆発ぶりは飛び抜けていると思いませんか?
髪の毛の爆発ぶりもすごいけど、スカートも大変なことになってます。
ごめんなさい、思わず笑ってしまいました。
でも、そんなミシェルさんが好きです♪

Michelle23

そういえば、我らが菅首相もG8でフランスに行ってらっしゃったのですね。
今回は震災と原発事故のせいで思いがけず注目されました。
お陰様で今回は最前列を颯爽と歩いていらっしゃいましたよ。
よかったね、菅首相♪

Kan49

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月26日 (木)

日仏首脳が会談

原発安全性向上へ協力=菅首相、福島事故の徹底検証を約束―日仏首脳が会談

【パリ時事】菅直人首相は25日午後(日本時間同日夜)、フランスのサルコジ大統領とパリの大統領府で会談した。東京電力福島第1原発事故を受け、両首脳は、原発の安全性を向上させるため日仏が協力することで一致。菅首相は、政府の第三者機関が原因究明に着手することを踏まえ「事故原因を徹底検証し、情報と教訓を国際社会と共有する」と、調査結果の公表を約束した。
 原子力に関して菅首相が「安全性を確保し、活用する」として、継続利用する考えを示したのに対し、大統領も「より安全性を高めるパートナーとして協力したい」と応じた。また、菅首相は中部電力浜岡原発の停止に触れ「かなりの高い確率で地震が起きるという状況を考慮した」と説明した。
 26日から同国のドービルで始まる主要国首脳会議(サミット)について、菅首相は「大統領のリーダーシップに期待し、協力したい」と伝達。両首脳は、サミット成功へ協力することで一致した。 
 (Yahoo!ニュース-時事通信5月26日(木)0時32分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110526-00000001-jij-pol

近年の首相でサミットへ複数回行った首相は小泉さんくらいですよね。菅さんはそういう意味でも運が良いのかもしれません。
26日からのサミットを前に、日仏首脳会談は何とか無事に終わったようです。
画像を見る限りサルコジ大統領とは良い感じに見えますね。
昨年のサミットでは一人ぼっちで寂しそうな菅首相でしたが、今年はどうなりますか・・・
ちょっと楽しみです。

Kan44

Kan45

Kan46

Kan47

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

いつまでも野党気分の民主党

国会も機能不全? 民主が採決をドタキャン 衆院決算行政監視委

 衆院決算行政監視委員会は23日、民主党が福島第1原発事故に関する決議案の採決を開会直前にキャンセルしたため、野党の反発で流会となった。
 与野党はこの日に決議案と平成20年度決算の質疑を行うことで合意していた。しかし、委員会開会前の理事会で民主党側が突然、「決議案について、政調や政府の了承が今日中に得られない」と通告。民主党理事の連絡不足が混乱の原因といい、与党内からも「民主党は首相官邸も国会対策も機能不全だ」とのため息が漏れた。
(産経新聞2011.5.23 22:14)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110523/plc11052322150015-n1.htm

12 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 22:43:34.75 ID:92PGlUSZ0
普通は与党の強行採決、野党の抵抗なんだけどな
逃亡する与党ってもうわけわかんねーな

17 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 22:43:57.05 ID:8uClk+s80
もう解散しろよぉ・・・何だよ与党側の党がドタキャンって・・・

31 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 22:46:56.09 ID:NT/diXz/0
あれ民主っていつ野党に戻ったんだっけ?

33 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2011/05/23(月) 22:47:14.86 ID:PHFoFMJo0
どこも報道しねえな

38 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2011/05/23(月) 22:48:48.83 ID:QtyM6ZHz0
さっさと野党に戻れアホ

46 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 22:49:32.98 ID:9C77oXXJ0
与党がドタキャンって
マジキチすぎて話にならん

54 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 22:51:00.41 ID:2NMPZKl10
自民党が悪い

104 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2011/05/23(月) 23:01:13.32 ID:Hx1Yc4Bw0
「思い」は見えないけれど、「思いやり」はだれにでも見える
「思い」だけしか見えないけれど、「思い付き」だとだれにでも分かる

114 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 23:02:58.49 ID:V2PaLUDp0
もう2年与党やってるのになあ

162 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 23:12:24.73 ID:5Hqpic+j0
いつまでも野党気分

173 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2011/05/23(月) 23:15:00.29 ID:WhXc77AU0
左翼の連中のよくやる手だ。
自分らは、下らない議論をふっかけてくるのに、
自分らにとって分が悪くなると、今はそういう話をしている場合じゃないって
平然と議論を打ち切る。
まさに、ドタキャンはバカ左翼の常套手段です。

190 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2011/05/23(月) 23:20:21.25 ID:igaldk6k0
>>173
今のテレビ局も全部そうだな
民主が政権取ったとたんに、一斉に野党を叩きだした

208 名前: 名無しさん@十一周年 [sage] 投稿日: 2011/05/23(月) 23:24:59.72 ID:x3e3xA000
テレビじゃ全然言わないということは
民主党にとってマズい話だってことだわな

215 名前: 名無しさん@十一周年 投稿日: 2011/05/23(月) 23:26:57.34 ID:Te/Iemyt0
当然テレビはスルーです ^-^v

☆――――――――――――---------‐‐‐
まぁ結論としては民主党もマスコミも
『ジミンガー』なんでしょうね。
民主党の正体があまりにひどすぎて、そう言うしかないでしょう。

ところで、民主党はこういうみっともないことを野党時代からよくやっていました。野党だったからまだ許されたのかもしれませんが、いい加減与党として国会運営に責任を持っていただきたいです。
【参考記事】
<民主党>審議拒否、不安の声 国対幹部「国会活動はする」

 首相問責決議案可決から一夜明けた12日、民主党は内閣信任決議案採決の衆院本会議を欠席し審議拒否戦術を明確にした。しかし、自ら主導してきた後期高齢者医療制度廃止法案で共産党が衆院審議入りに積極的に動いたことから、党内には「これで本当にいいのか」との不安も。小沢一郎代表も本会議前の代議士会に出張日程を一部取りやめて顔を出し結束をアピールするなど、審議拒否戦術は多難の様相だ。
 代議士会では、鳩山由紀夫幹事長が「『一内閣一問責』という重い決断をした。国民に理解いただけるよう動きを強めていきたい」と呼び掛けた。国対幹部は「小沢代表に急きょ出席してもらったのは信任決議への対抗措置。審議拒否しても国会活動はするということだ」と解説する。
 一方、後期高齢者医療制度廃止法案の衆院審議入りでは、共産党が自民党に「単独で趣旨説明したい」と申し入れたことから、民主、社民、国民3党はあわてて国対委員長会談を開催。法案の趣旨説明も含めた「審議拒否」の方針を確認し、共産党に「野党として一任しない」ことで一致した。
 結局法案は審議入りできなかったが、共産党の志位和夫委員長からは「(民主党が)自ら提案した法案を自らボイコットするのは無責任」と痛烈な批判を浴びた。【田中成之】
(Yahoo!ニュース-毎日新聞2008年6月12日21時19分)

民主党は「自ら提案した法案を自らボイコットする」という無責任なことをやっているのに、一方では「審議拒否しても国会活動はする」という矛盾したことをやっていました。
民主党という政党はこの頃から成長していませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

民主・横粂議員が離党意向

小泉進次郎氏と対決、民主・横粂議員が離党意向

 菅首相の政権運営を不服として、横粂勝仁衆院議員(29)(比例南関東ブロック)が民主党を離党する意向であることが22日、わかった。
 横粂事務所によると、横粂氏は20日、離党届を提出するため岡田幹事長と面会したが、岡田氏は慰留し、離党届を受け取らなかったという。横粂氏はすでに、後援会員に「党利党略、私利私欲の政治に耐えられない。新しい政治スタイルを作り出す使命を感じた」などと離党の意向を伝える文書を送付。23日には地元の神奈川県横須賀市で説明会を開く。離党後は「若い国会議員5人ぐらいで新しいグループを作る」と地元関係者に話しているという。
 横粂氏は2009年衆院選に神奈川11区から民主党公認で出馬。小選挙区選では自民党の小泉進次郎衆院議員に敗れたが、比例選で復活当選した。東日本大震災後は自身のブログで、政府・民主党の対応を批判していた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞5月22日(日)18時27分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110522-00000436-yom-pol

あの神奈川11区から出馬して落選せずに比例復活という事実を見ても、あの時民主党に吹いていた追い風のすさまじさがわかります。2009年の選挙は、民主党という看板を背負っていただけで簡単に当選できました。

そうして大量に当選した民主党新人議員の中でも、横粂氏は小泉進次郎氏と戦ったということで何かと注目されました。取り立てて何か実績があったわけではありませんが、結構マスコミに取り上げられることも多かったと思います。

しかし、時は移り今や民主党の看板を背負った候補者では勝てません。4月の統一地方選では民主党の看板を返上する動きが相次ぎました。横粂氏も次の選挙が危ないと焦ったのでしょうか。離党後は「若い国会議員5人ぐらいで新しいグループを作る」との考えのようですが、当面は無所属で活動するのでしょう。

法律では比例代表選出議員が他の政党に移動した場合は当選を失いますが、離党し無所属になった場合や新党に移る場合は議席を失いません。そのため、無所属になる議員が時々います。

本来、比例選出議員は、所属していた政党を支持する有権者の票で当選してきているので、離党するのではなく議員辞職をするのが筋です。しかし、法律がその矛盾した制度を認めているので仕方ないですね。

最近では経済財政政策担当大臣の与謝野馨氏が有名です。
彼は、自民党比例代表で当選→たちあがれ日本→無所属となり現政権の大臣になりました。
こんなことが許される比例制度はいずれ改革する必要があるでしょう。

横粂氏は新しいグループを作ると言っていますが、無所属では比例復活もできませんから次期総選挙を神奈川11区で戦うのはかなり厳しいと思います。新党の比例代表で当選できる見込みも限りなく薄いでしょう。

なぜ彼は民主党に留まり内部から改革する道を選ばなかったのでしょうか。民主党の看板を下ろすことばかり考えずに、民主党改革派として戦った方がまだ見込みがあったと思います。単に保身のための離党であるならば、彼に一票を投じた有権者の理解は到底得られないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

平田参与が発言撤回

福島第1原発 「米要請で汚染水」平田参与が発言撤回

 【ソウル西脇真一】平田オリザ内閣官房参与は17日、ソウル市での講演で、東京電力福島第1原発の事故で汚染水を海に放出したことについて「米国からの強い要請があった」と発言した。平田氏は18日、ソウルで毎日新聞の取材に応じ「不用意な発言で、大変申し訳なく思っている」と述べ、発言を撤回して陳謝した。
 劇作家でもある平田氏は17日、ソウル市内で韓国の日韓問題専門家らを前に「震災と日本再生」について講演。質疑応答の中で「汚染水の処理問題では韓国の方々にも大変な迷惑をかけた。流された水は非常に低濃度で、量も少ない。米国政府からの強い要請で(海に)流れた」と述べた。
 発言について平田氏は「内閣官房参与であるが、この問題には全くかかわっておらず、事実関係を確認できる立場でもない」と語り、事実誤認であることを強調した。18日朝、東京からの電子メールで報道を知り、仙谷由人官房副長官に電話で「申し訳なかった」と謝罪したという。
 平田氏は内閣官房参与として日本政府の対外広報などを担当。今回の講演も、風評被害防止や復興に向けた政府の取り組みを知ってもらう狙いだった。平田氏は「起きてしまったことは戻せない。地道に説明していくしかない」と語った。
 この問題について、枝野幸男官房長官は18日の記者会見で「(内容を)承知していないし、放出前に米国に通告したことも聞いていない」と述べた。(以下略)
(Yahoo!ニュース-毎日新聞5月19日(木)0時0分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110518-00000048-maip-pol

もう民主党政府のやっていることにはだんだん驚かなくなってきましたが、平田さんの話も民主党のいつものパターンですね。
日本国内の正式な会見で述べず、外国(それも韓国や中国が多い)へ行った時にぺらぺらと持論を展開する。ことが大きくなると慌てて撤回し謝罪するといったパターンです。

「民主党政権は結論に至る思考の過程がブラックボックス」と言ったのは経団連会長ですが、とにかく民主党政権は思慮が浅い。「こういうことを言ったらどういう反応が起こるか」というごく単純な考えが無いのですね。

そういえば、『民主党は思慮が浅く長期的な戦略に基づいた行動ができない』と言ったのは小沢元代表でした。彼は『神輿は軽くてパーがいい』というのが持論ですから、思慮が浅いお馬鹿な民主党の方が彼にとっては都合がいいのでしょう。

それにしても、かれこれ2年政権についているというのに全く学んでいない人たちです。平田さんの発言は謝ればいいというレベルの問題ではありません。一度国会に呼んで厳しく追及した方が良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

超党派議連、結成相次ぐ

超党派議連、結成相次ぐ…民自連に109人

 民主、自民両党の中堅・若手議員らが超党派の議員連盟を結成する動きが相次いでいる。
 17日には民主党の樽床伸二衆院国家基本政策委員長や自民党の菅義偉元総務相らが議連の初会合を国会内で開き、両党から109人が参加した。両党議員の接近の背景には、「菅降ろし」への決め手を欠く現状への閉塞感があるが、起爆剤になるかどうかは不透明だ。
 同議連の名称は「国難対処のために行動する『民主・自民』中堅若手議員連合」(民自連)。民主党の松野頼久元官房副長官や自民党の河野太郎元幹事長代理ら両党から5人ずつが呼び掛け人を務め、初会合には民主党87人、自民党22人が参加。6月22日までの国会会期の延長を求めていくことを決めた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞5月17日(火)22時59分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110517-00001032-yom-pol

菅さんは案外長く首相をやりそうですし、といって民主党の支持率が上がるわけでもありません。現在の民主党のままでは次期総選挙では惨敗確定ですから、生き残りのための議連かもしれませんね。
自民党も震災が起こって以降、政策論議で対立軸も描けないようですし、何だか閉塞感が漂っています。だから議連でも作ろうということなのかもしれません。
私としては、ある程度国家観が一致していて安全保障、経済、社会保障政策で極端に考えが違う人たちでなければ民主党であろうが自民党であろうが支持したいです。
現在の民主党の中にいる一種社会主義的思想を持つ方たちは全く支持していません。次の選挙で消え去っていただくためにも、ある程度党内で色分けしていただければ国民にも分かりやすくなると思います。そういう意味での議連なら良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

日本は資源があっても開発しない

鹿児島湾でレアメタル発見 国内販売量の180年分

9割以上を中国からの輸入に頼る希少金属(レアメタル)の一種「アンチモン」の鉱床を、岡山大や東京大などのグループが鹿児島湾の海底で発見した。埋蔵量は、国内の年間販売量の180年分と推定される。ただし、強い毒性によって採掘の際に海洋汚染が生じる恐れがあるため、実際に採掘するには新たな技術の開発が必要という。
 研究の成果は、22日から千葉市で開かれる日本地球惑星科学連合大会で発表される。アンチモンは、繊維を燃えにくくする難燃剤や半導体などに広く使われ、日本は95%以上を中国から輸入している。
 鉱床が見つかったのは、2003年に気象庁が「活火山」に指定した若尊(わかみこ)カルデラの一部。桜島の北東約5キロの鹿児島湾内にあり、約2万5千年前に大噴火した姶良(あいら)カルデラの主要火口という。07年に約200度の熱水噴出孔を発見した山中寿朗・岡山大准教授(地球化学)らが、付近の鉱物を調べていた。
 鉱床は、水深約200メートルの海底に、厚さ5メートルで直径1.5キロの円状に広がっていた。エックス線の調査で平均約6%含まれていることがわかり、全量は約90万トンになると推定した。昨年の国内販売量は約5千トンで、180年分がまかなえる計算になる。中国では含有量約0.5%の岩石から抽出しているといい、鹿児島湾の鉱床の方が効率よく取り出せるという。
 ところが、アンチモンにはヒ素と同じ毒性があるため、海砂利と同じような方法で採掘すると海中に拡散する恐れがある。体内に蓄積した魚介類を通し人体にも害を及ぼしかねない。
 山中准教授は「海洋汚染を防ぎながら海底から取り出す技術を開発できれば、自給が可能になる」と話している。(長崎緑子)
(asahi.com(朝日新聞社)2011年5月15日19時41分)
http://www.asahi.com/science/update/0515/OSK201105150023.html?ref=rss

資源に乏しい我が国にとってはうれしいニュースですが、毒性があり採掘が難しいのは困りますね。それでも、近い将来安全に取り出せる技術が開発されると思います。そうした技術開発の研究を行うと同時に、当面は代替素材の開発に期待したいところです。

ところで、福島原発事故が起こって以来、代替エネルギー開発が急がれていますが、何かが急に無くなってしまうと、それに代わるものが求められます。レアアースは中国が価格を吊り上げたり、輸出量を削減したりして一時期大混乱しましたが、一部については代替素材の開発も地道に進んでいるようです。日本人は追い詰められると底力を発揮するところがあるので、何とかなるんじゃないかと私は楽観主義かな・・・

最近、エネルギー問題で思うのは、メタンハイドレートなどの開発をなぜ行ってこなかったのかということ。東シナ海のガス田開発も長い間放置されてきました。日本はなぜ資源開発に消極的だったのでしょうか。

どなたかが言っていましたが、「既存のエネルギー事業で利益を得ている企業等の圧力で開発できなかった」というのはもしかしたら本当かもしれません。
レアメタル等についても中国から輸入することで利益を得ている方々の存在も大きいのでしょう。もちろん、それらの関係者の中には政治家が含まれます。

資源エネルギー問題については3.11で一旦リセットしたと考えて発想の転換が必要ではないでしょうか。その点では菅首相がこれまでのエネルギー政策を白紙で見直すと明言したことを評価します。ただし、言葉だけではなく既得権益を壊すくらいの具体策を示して下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

風・林・火・山

ネットからの拾い物です。
ちょっと笑ってしまいました。
本当は笑いごとではないんですけどね・・・

菅くんと原発くん

似ているところ

・すぐにかわりになる人(物)がいない。あれば、こんな面倒なものはとっくに淘汰されている。
 候補はいないこともないが、年数をかけて育てないと今すぐは無理。
・危機的状況に非常に弱い。
・現在、みんながその扱いに困り果てている。
・平時のときは空気だが、暴走し始めるととても危険。多くの人々に多大な迷惑と甚大な被害を与える。
・仕事でなければ、誰も近づきたがらない。
・直ちに影響は無いが、後に取り返しのつかないことに・・・
・何も考えていない。

そうでないところ

・放射能さえまきちらさなければ、人の役に立つし生活を便利にしてくれる。(原発くん)

こんなもの↓もありました(AA及び一部略)

833 :名無しさん@十一周年:2011/05/09(月) 04:56:58.89 ID:54O5ddNd0

言葉の軽きこと『風』の如く

見通しなきこと『林』の如し
 
責任転嫁すること『火』の如く

何もせざること『山』の如し

カン チョクト(1946年(昭和21年)10月10日 - ?)
仙谷時代の武将。戦の天災と恐れられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

菅首相、給与返上を表明

菅首相、給与返上を表明=原発事故の責任明確化

 菅直人首相は10日夕の記者会見で、福島第1原発事故に関し「事故を防ぎ得なかった責任は東京電力と共に、原子力政策を国策として進めてきた政府にもある。政府の責任者として申し訳ない」と陳謝した。その上で、議員歳費に上乗せする形で支給されている「首相給与」を6月から返上すると表明した。
 首相は「国会議員としての歳費は受け取るが、首相として上乗せされている歳費を、ボーナスも含めて全額返上したい」と述べた。返上の期間は「原発事故が収束するめどが付くまで」とした。
 歳費や給与は公職選挙法で寄付行為が禁止されているため、特別職給与法に基づき返上する。内閣官房によると、1カ月分の首相給与は約164万円、6月に支給される夏のボーナス(上乗せ分)は約217万円。 
(Yahoo!ニュース時事通信5月10日(火)21時50分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000140-jij-pol

国会閉会後に内閣改造もやるみたいですし、この給与返上も総理大臣としての延命策のように見えます。
別に給与返上などしてもらわなくてもいいのに・・・
何か目立つことをしたいのね。
それよりも「解散します!」って言ってくれた方がみんなに喜ばれますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

電力不足のドミノ

東電への電力融通「関電にお願いしたい」 経産相

 海江田万里経済産業相は8日、東京電力福島第一原発事故による東電管内の夏の電力不足を補うため、関西電力から電力の支援を受けるとの考えを示した。東電はすでに中部電力から支援を受けているが、菅直人首相の浜岡原発停止要請に伴い、このまま東電への支援を継続することは難しいと判断したものだ。
 この日出演したテレビ番組で、「大阪から中部を経由して東京に送ってもらうことになると思う」と述べた。さらに「(関電には)ぜひお願いしたい」として協力を求めた。
 東電管内の電気の周波数は50ヘルツで、中部電の60ヘルツと異なる。両社の電気のやりとりは周波数変換施設を通す必要があり、支援能力は最大100万キロワットだ。
 東電は夏場に中部電の支援を見込んでいたが、中部電が浜岡原発を止めれば、ピーク時の余力は77万キロワットに減り、東電へ送る余裕がなくなる。政府は、中部電と周波数が同じ関電がまず中部電に供給し、さらに中部電が東電に「玉突き」で電気を送って電力不足に対応する考えだ。
(朝日新聞2011年5月8日18時37分)

http://www.asahi.com/business/update/0508/TKY201105080142.html

九電、中部電から電力融通 浜岡停止なら困難に 九州の供給懸念

 九州電力が5月に入り、電力の供給不足に対応するため中部電力から40万キロワット程度(一般家庭15万戸分相当)の電力の融通支援を受けていることが7日、分かった。中部電力は、政府による浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の全面停止要請を受け入れれば供給余力が一転して逼迫(ひっぱく)するため、九電への融通継続が難しくなることが確実。原発3基が同時停止する九州の電力不足への懸念がさらに強まることになる。
 関係者によると、福島第1原発事故を受け、九電は定期検査のため停止した玄海原発2、3号機(佐賀県玄海町)の運転再開を3-4月に予定していたが延期。一方で夏場の電力最需要期を控え、石油などの代替燃料の量的確保が見通せず、少しでも燃料の使用を抑えるため、5月初めから当面1カ月の期間で余力のある中部電力などと契約した。北陸電力からも数万キロワットの融通を受けているもよう。
 中部電力は東日本大震災後、東京電力への融通を始め、現在も続けている。だが突然の浜岡原発停止要請を受け、中部電力は「全面停止すれば供給力が不足し、一般論として他社への融通は難しくなる」(広報部)として中止する方針。九電への融通も予定通り続けるのは困難な情勢だ。
 政府は関西電力に中部電力への供給支援を要請したが、関西電力も美浜原発(福井県美浜町)などの運転再開のめどが立っておらず「むしろ需給は逼迫しており、支援する余裕はない状態」(電力業界関係者)といい、電力各社で供給不足が連鎖的に拡大する様相を呈している。
 九電は玄海2基に続き、今月10日から川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)も定期検査に入るため、原発6基中3基が停止する見通し。佐賀県などに再開の理解を求めるのと併せ、大口需要家などに大幅な節電要請を行う検討を本格化する。
=2011/05/08付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/240874

海江田大臣は東電への電力融通を関西電力にお願いしたようですが、これは簡単にはできないでしょう。周波数変換や送電ロスの問題で限度があります。実行するにしても原発をフル稼働しなければならないわけで、ものすごい矛盾を感じます。

また、これは知らなかったのですが、西日本新聞の記事を見ると中部電力は九州電力に電力融通していたのですね。浜岡原発を止めたことで電力不足のドミノがすでに全国に広がっていることがわかりました。

やはり菅さんや仙谷さんたちは根回しも計画性も無く、思いつきで浜岡を止めたんですね。海江田さんが今になってこんなことを言っているようでは、そう思われても仕方がありません。
止めるのは良しとしても、菅さんにはせめて「すべての責任は私がとります!」と言ってほしかった。総理大臣ならばそれくらいの決意を見せてほしかったです。

~菅総理の記者会見でのお言葉~

電力不足のリスクはこの地域の住民の皆様を始めとする全国民の皆様がより一層、省電力、省エネルギー、この工夫をしていただけることで必ず乗り越えていけると私は確信をいたしております。国民の皆様の御理解と御協力を心からお願いを申し上げます。
(平成23年5月6日)

国民の努力と工夫で乗り越えられるのでしょうか・・・
電力会社と国民へ丸投げかぁ・・・
あと2年、この政権が続くのは恐ろしいけれど、まだまだ覚醒していない国民が多いからこの国が焼け野原になるまで耐えるしかないのでしょうね。
その前に酷暑で焼け死んでしまうかもしれませんが。
夏が来るのが怖いです。熱中症でどれだけの高齢者が犠牲になるのでしょうか・・・
今年の夏が冷夏であることを願います。(お米が心配だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

浜岡原発停止は政治判断

震度6強が30年以内に84%…浜岡、政治判断

 細野豪志首相補佐官は7日午前のTBSの番組で、菅首相が中部電力に浜岡原子力発電所の運転停止を要請した理由について、「地震のリスクが全く違う。浜岡は30年以内に震度6強が起こる可能性が84%だが、他の原発(のある地域)はほとんどが1%未満、一番高い東北電力女川原発でも8・3%で、浜岡は、(ケタが)ひとつ、もしくは二つ違う確率だ。浜岡は最も地震の可能性が高く、津波の心配が拭いきれない。政治的に判断した」と説明した。
 浜岡以外の原発に関しては、「原子力政策全体をやめようということではない」と強調した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞5月7日(土)13時12分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000280-yom-pol

反原発、脱原発、原発推進と原発に対する考え方には様々ありますね。さらにその中でも積極的、消極的という違いもあります。

福島原発の事故を受けて、今ではさすがに積極的原発推進論者はかなりの少数派になってしまったと思われますが、日本の電力事情を考えると、今すぐ全原発を止めろという反原発派に賛成できる人も少ないのではないでしょうか。

原発事故のリスクの大きさを考えると、現在稼働中の原発に対しては安全対策を早急に整備するとともに、代替エネルギーの開発を急ぎ、徐々に脱原発を考えていくのが現実的です。その際、脱原発の手段はどうあれ、政府として電力の安定供給は第一に考えるべきです。

そうした事情の中、菅首相が今すぐ止めるべきと判断したのが浜岡原発でした。その理由が上記記事にもあるように、浜岡は地震のリスクが他の地域と比べてケタがひとつ、もしくは二つ違う確率だからということのようです。

この判断にはちょっと疑問を感じますね。もちろん、単純に数字だけを比較すれば今この瞬間に地震が起こってもおかしくない地域なのかもしれません。しかし、それでは先日の東日本大震災はどうだったのか。また、阪神大震災はどうだったのかといえば、単に予測できなかっただけでしょう。たとえ確率が一桁であったとしても、大地震はある日突然起こります。

浜岡は止めました。しかし、福井県で大地震が起きました。という順序だったらどうするのでしょう。また、東日本大震災と東海地震の順番が逆だったらどうだったのでしょうか。
菅首相は「国民の皆様の安全と安心を考えてのこと」とおっしゃっていますが、それならば全原発を止めるのが正しいのではありませんか?

それでも浜岡原発だけを止めるのであれば、少なくとも冷却施設や防波壁など安全対策に対する国としての積極的な支援体制とセットで説得して欲しかったですね。浜岡原発を廃炉にするというわけでもないようですし首相の発言は曖昧です。単に要請という形では、中部電力という民間企業の責任に丸投げすることなります。結局、菅首相は責任を問われたくないのでしょう。

「原発さえ無くせば安全」と「9条さえあれば平和」って何となく共通点があるような・・・
なすべきことをやったうえで主張するのならば説得力がありますが、将来像が見えてこない状態では不安になるだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

電力融通はどうなるの?

浜岡原発停止、電力不足対策には「最大限の対策取る」

 菅直人首相は6日夜の緊急記者会見で、浜岡原発の停止に伴う電力不足について「電力需給バランスに大きな支障が生じないように、政府としても最大限の対策を講じる」と述べた上で、「一層、省エネルギーの工夫をしていだけることで乗り越えていけると確信している。国民のみなさんのご理解とご協力を心からお願いする」と国民に協力を求めた。
(Yahoo!ニュース-産経新聞5月6日(金)22時24分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000583-san-pol

菅首相、中部電力の電力不足分は関西電力から融通してもらえばいいとおっしゃっていましたね。
そうなるとこれはどうなるのでしょうか?

中部電力は23日、同社の東清水変電所(静岡市)構内の周波数変換装置を増強すると発表した。変換可能な電力を現在の10万キロワットから13万キロワットにする。東日本大震災で被災し、供給力不足に陥っている東京電力に少しでも多くの電力を融通するため。
 システムの設計や製造に1カ月程度かかる見込みで、5月中の実施を予定している。
(時事通信3月23日(水))

3月にこういうニュースがあったのですが、この時点では当然浜岡原発が稼働しているという前提で東京電力管内に電気を融通するということだったはずです。
中部電力自体に余裕が無くなるということは、当然この電力融通の話は無しですよね。13万キロワットだって東電にとってはありがたいものですから、無くなったら困ります。

いやそうじゃない。これはそのままで、中電は関電から融通してもらえばいいんだということになると、今度は関電に送電している福井県の原発がどうなるかが問題になります。
原発を止めろという声がドミノのように広がるならば、電力融通の話も連鎖するわけで、代替エネルギーが簡単に見つからない中、浜岡だけ停めれば終わりという話ではないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年5月 3日 (火)

オールスター内閣

R25世代1000人が選ぶ「理想の内閣」はこのメンツ

東日本大震災と原発事故の対応に追われる菅内閣。報道機関の調査によれば、震災前より内閣支持率は上向いたが、往時の勢いとは程遠い。先日行われた統一地方選の結果からも、民主党政権に対する国民の厳しい評価が感じられる。
では、いったいどんな内閣ならこの事態にふさわしいというのか?
25~34歳の男性ビジネスマン1000人に、現役&元政治家から「理想の内閣」を選んでもらった。
まず内閣の要、総理大臣になって欲しい人の1位は小泉純一郎氏(30.4%)、続いて石原慎太郎氏(10.4%)という結果に。引退して2年近く経つも、いまだ小泉氏の人気は根強い模様。2位の石原氏と併せて、危機を乗り切る強いリーダーが求められているようだ。
総理の女房役、官房長官は東国原英夫氏(11.4%)が1位に。官房長官は政権の「顔」。タレント時代の親しみやすさと、県知事時代の発信力が期待されての結果だろう。
他の主要閣僚だと、外務大臣は前原誠司氏(10.4%)、財務大臣は竹中平蔵氏(19.4%)が1位に。外務大臣を辞任したばかりの前原氏の1位はやや意外だが、小泉時代にらつ腕を振るった竹中氏の人気は順当か。防衛大臣には、ここでも石原慎太郎氏の名が挙がり1位(10.7%)で「入閣」。タカ派イメージの強い石原防衛相なら、他国にナメられることなくビシビシ言ってくれそうという期待感だろう。2位には自民党の石破茂氏が10%近い支持を集めランクイン。軍事オタクとして名高い同氏はネット世論で支持が高いとされ、人気ぶりをうかがわせる結果となった。
注目は、官房長官に8位(3.8%)でランクインした枝野幸男氏。震災後、不眠不休で奔走し会見する姿には海外メディアからも称賛の声があがったといわれるが、そんな枝野氏には官房長官を続けてほしい人が結構いる模様。
R25世代が選んだオールスター内閣。でも、新鮮味を感じないのは僕だけ?
(Yahoo!ニュース-web R25:5月2日(月)10時5分)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110502-00000007-rnijugo-pol

総理大臣:小泉純一郎
官房長官:東国原英夫
外務大臣:前原誠司
財務大臣:竹中平蔵
防衛大臣:石原慎太郎

この内閣、見てみたい気がするけど、果たしてうまくいくのだろうか・・・
官房長官が東国原さんというのは案外良いかも。
小泉さんと東国原さんが閣議で並んで座っている姿を想像すると不思議な気分です。
それにしても、小泉さんの人気は根強いですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »