« 被災工場と日常生活への影響 | トップページ | 夏の生活習慣を見直す »

2011年4月12日 (火)

支持と期待の違い

民主、首都圏で議席率減少 衆院選にも影響必至

 統一地方選前半戦で惨敗した民主党は、特に首都圏をはじめ都市部での退潮が著しかった。民主党は結党以来、「都市型政党」として都市部を中心に勢力を拡大してきただけに、今回の敗北を受けて、次期衆院選に向けて選挙戦略の抜本的な練り直しを迫られそうだ。(中略)
 民主党が従来、強いとされてきた都市部での退潮傾向が浮き彫りとなった格好だけに、党内では「このままでは、次期衆院選は壊滅的な事態になりかねない」(中堅)との見方が強まっている。
(Yahoo!ニュース-産経新聞4月11日(月)23時55分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110411-00000667-san-pol

『民主党は都市部で強い』とは、何の根拠があって言われていたのでしょうか。
もしも、積極的に支持する理由があるのであれば教えてほしいです。
しかし、答えられない方が多いのではないでしょうか。
なぜなら、『自民党よりもましだから』という消極的理由しか無いから。
民主党は積極的に『支持』されていたのではなく、『期待』されていただけだったのではありませんか。『支持』と『期待』とでは言葉の持つ意味が全く異なります。

民主党は野党時代キラキラと輝いていました。ところが与党になった途端、光が消えてしまいました。自民党が自滅した後、自らの魅力で輝くことができなくなったということですね。
そうした民主党の本質に気がついていた人たちが一定の割合存在していたのも事実。
しかし、彼らが『自民党にお灸をすえる』ために前回の総選挙で民主党に入れてしまった。今回の統一地方選では、それが元に戻っただけでしょう。
そして彼らは二度と民主党を支持しないということです。

|

« 被災工場と日常生活への影響 | トップページ | 夏の生活習慣を見直す »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51366352

この記事へのトラックバック一覧です: 支持と期待の違い:

« 被災工場と日常生活への影響 | トップページ | 夏の生活習慣を見直す »