« 外相辞任は当然 | トップページ | 日本は自然災害国 »

2011年3月10日 (木)

土肥氏はどこの国の議員なのか?

民主・渡辺周氏「土肥氏は公の場で説明を」 竹島領有権否定問題で

 韓国で日本政府に竹島の領有権主張の中止を求めた民主党の土肥隆一衆院議員(衆院政治倫理審査会長)に対して、与党内からも批判が相次いだ。
 民主党の渡辺周国民運動委員長は9日夜、BSフジの番組で「政府としても民主党としても、竹島は日本固有の領土だと一致している。(土肥氏は)まったくの見当違いで撤回すべきだ。放置してしまうと、党として黙認したことになりかねない。公の場で説明していただきたい」と指弾した。斎藤勁民主党国対委員長代理も同じ番組で「信じられない」と語った。
 また、別の民主党の旧民社党系グループに所属する中堅議員は「こいつは死刑だ。死刑!」と、土肥氏を非難した。
 また、竹島がある島根県選出の国民新党の亀井亜紀子政務調査会長(参院議員)は産経新聞の取材に対し、「日本の国会議員とは思えない発言で考えられない。与党の議員なので責任は重い」と述べた。
(Yahoo!ニュース-産経新聞3月9日(水)21時45分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110309-00000614-san-pol

前原さんに続いてまたこんな問題が・・・
土肥隆一衆院議員は本当に日本の国会議員なのでしょうか?
そう疑いたくなるほど信じられない発言です。
しかも、彼は菅首相が主宰するグループに所属しているそうですね。
菅さん、次から次へと問題が出てきてどうするのでしょう。

民主党政権になってから毎日のように外交安保関係の問題が出てきてうんざりします。民主党政権が続けば続くほど国益が損なわれていきます。任期満了まで民主党政権が続けば日本は無くなっているのではないかとさえ思います。

本当はこの手の話題を書きたくないのですが、楽しいこと、希望が持てることが無い政権なので他に話題がありません。
菅さん、たまには楽しい話題を提供して下さいよ・・・

日本以外の国では、内政では与野党対立していても、「外交安保の問題をめぐる党利党略は水際でとどめよ」という言葉があるように、国益のためには超党派で結束します。
外交安保に関しては、国家として政策の一貫性が無ければ外国から信頼されませんが、その点菅首相はどうお考えでしょうか。

特に領土に関して与党議員からこうした発言が堂々と出てくるのは深刻な問題です。そもそも、政府として「韓国が竹島を不法占拠している」という表現を絶対に認めないことなどをみれば、民主党は韓国から何らかの圧力をかけられているのではないかと疑われても仕方がないでしょう。

先日テレビで青山繁晴さんが「韓国が竹島を絶対に手放さないのは、あの近辺の海底に石油に代わる次世代の資源が眠っているからだ」とおっしゃっていました。
それが本当のことかどうかはわかりませんが、竹島は日本にとって大切な領土です。与党の幹部議員の発言は「日本政府が韓国の領有権を認めた」と受け止められる可能性も大きく、土肥議員に対して菅首相がどのような処分を下すのか注目しています。

それにしても、民主党政権がここまでひどいとは思いませんでした・・・

Kan42_2
FNNニュース2011/03/09 20:59

|

« 外相辞任は当然 | トップページ | 日本は自然災害国 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51079375

この記事へのトラックバック一覧です: 土肥氏はどこの国の議員なのか?:

« 外相辞任は当然 | トップページ | 日本は自然災害国 »