« 「減税日本」は「親小沢」 | トップページ | 閣僚の身体検査はやっているの? »

2011年3月 3日 (木)

強気の民主党と自民党の作戦

予算案、参院審議入り4日以降にずれ込み

 1日に衆院通過した2011年度予算案の参院予算委員会での審議入りが4日以降にずれ込むことになった。
 与野党双方が予算委員会の質問時間配分などを理由に対立したためだ。参院での予算攻防は冒頭から荒れ模様で、影響は衆院での予算関連法案の修正協議にも影響するとの見方が出ている。
 民主、自民両党の参院国会対策委員長らは2日、予算案の参院での審議日程を断続的に協議した。
 与野党は当初、関連法案と切り離しての予算案の参院送付を「特別なことだとは思っていない」と発言した枝野官房長官から2日の参院議院運営委員会理事会で陳謝を受けることで、3日からの審議入りで合意する見通しだった。
 だが、予算委での質問時間配分をめぐり、自民党が民主党の時間短縮を求めたのに対し、同党は譲らず協議は決裂。自民党の脇雅史参院国対委員長は、2日夜の記者会見で「民主党が審議拒否している」と激しく批判した。
 民主党の強気の姿勢の背景には、予算案が衆院通過して年度内成立が確定したことによる安堵感があるようだ。参院幹部は「野党に譲歩してまで審議入りし、政府の失点を追及される必要はない」と話した。
(Yahoo!ニュース-読売新聞3月2日(水)22時10分)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110302-00000900-yom-pol

>民主党の強気の姿勢の背景には、予算案が衆院通過して年度内成立が確定したことによる安堵感があるようだ。
>参院幹部は「野党に譲歩してまで審議入りし、政府の失点を追及される必要はない」と話した。

民主党はずいぶんと強気のようですが予算案が衆院通過しただけでそんなに安心していていいのでしょうか?
最近はワイドショーでも『予算案より大事なのは予算関連法案の方ですよ』と説明しています。与党側にとって大変なのはこれからです。
実は、これまで予算案自体が割と順調に採決されてきたのは自民党側の戦略もあるそうです。

予算案はどうせ自然成立してしまうからあまり政府を追い詰めないで成立させてしまう。
しかし、予算関連法案はいずれ衆議院での再可決が必要になる。
再可決に必要な三分の二議席を確保するため、菅政権は公明党に協力を求めるだろう。
自民党としては、その際公明党が再可決で賛成させないようにする必要がある。
そのためには、まず、衆議院における関連法案の採決で公明党に反対してもらわなければならない。
公明党が衆院での法案採決にいったん反対してしまえば、その後の参院審議をへて、地方選後の5、6月に衆院での再議決の機会が来ても、公明党は賛成に回りづらい。
そのため、自民党は早く衆議院で関連法案を採決してしまいたい。

という作戦のようです。
さて、自民党の思惑通りうまくいくでしょうか?

この話については、こちらに詳しく載っていますので興味のある方は読んでみて下さい。

強気の菅首相を追い詰める自民の深謀遠慮
(Yahoo!みんなの政治-フォーサイト2011年2月25日)
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20110225-01-1501.html

|

« 「減税日本」は「親小沢」 | トップページ | 閣僚の身体検査はやっているの? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51017506

この記事へのトラックバック一覧です: 強気の民主党と自民党の作戦:

« 「減税日本」は「親小沢」 | トップページ | 閣僚の身体検査はやっているの? »