« 強気の民主党と自民党の作戦 | トップページ | 外相辞任は当然 »

2011年3月 5日 (土)

閣僚の身体検査はやっているの?

前原氏の献金問題、進退に発展か…外国人と認識

 前原外相は4日の参院予算委員会で、政治資金規正法で禁じられている外国人からの政治献金を受け取っていたことを明らかにした。
 前原氏は「返金し、政治資金収支報告書を訂正する」と述べるとともに、全容を調査する考えを示した。野党は辞任を要求する構えで、進退問題に発展する可能性も出てきた。公明党の山口代表は同日、「しかるべき責任が問われる。菅首相の任命責任も問われることになる」と述べた。
 自民党の西田昌司氏の質問に答えた。西田氏は前原氏に対し、「京都市内で飲食店を経営している在日外国人から、少なくとも過去4年間で毎年5万円ずつ、20万円の献金を受けていたのではないか」と指摘した。献金をしていたのは在日韓国人の女性。前原氏は答弁で「(献金者は)在日の方だ」と述べ、在日外国人と認識していたことを認めた。
(Yahoo!ニュース-読売新聞3月4日(金)23時4分)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00001027-yom-pol

政治資金規正法では外国人からの政治献金が禁じられています。これは私でも知っていましたが、前原さんは知らなかったのでしょうか。

しかも、少なくとも過去4年間で毎年5万円ずつ、20万円の献金を受けていた可能性を追求されていますからそれほど前のことではありません。

前原さんは、「献金をいただいている認識はなかった」と故意ではないことを強調していますが、ベテラン政治家としてこの規定を知らなかったでは済まされませんし、外務大臣としての立場を考えると責任は免れないでしょう。

前原さんは先月も予算委員会で、よど号乗っ取り犯と一緒に写真を撮ったことを自民党の稲田議員に追及されていますが、その時も「高麗ホテルの玄関で偶然お会いした」と「偶然」を強調していました。

仮に「うっかり」とか「偶然」であったとしたら、それはそれで国会議員としてあまりに軽率だったと言わざるを得ません。
前原さんは、永田メール事件での対応もまずかったですし、追い込まれると逆ギレするところなど問題が多すぎます。そんな方が世間では次期総理候補としてナンバーワンの人気があることに驚きます。しかし、これでもう総理の目は無くなったでしょう。

ところで、前原さんに献金をしていた在日外国人とはどこの国の方なのでしょうか。
あくまで想像ですが、朝鮮籍の方ではないかと思っています。前原さんがよど号犯と写真を撮ったこと、北朝鮮で工場を展開していた地元・京都市の織物会社経営者の誘いで「国情視察のため」に訪朝していたことなどを考えて想像しました。

また彼は、在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟に所属し、在日外国人の参政権付与問題では賛成派に属しています。そうしたことからも朝鮮半島に縁の深い政治家なのではないかと思っています。

それは政治家としての姿勢なので構わないのですが、法律違反を犯したのであれば潔く大臣は辞任すべきでしょう。前原さんの安全保障問題についての姿勢は、非常に共感するところが多かったので残念ですが仕方がありません。

ところで、朝鮮といえば気になったのが自民党の山本一太議員のブログでの発言です。

>追伸:質問した後はいつもそうだけど、民主党支持者から「山ほどのクレーム電話」がかかって来ているはずだ。
>毎回、丁寧に対応している東京事務所のスタッフには、ちょっと申し訳ない、な。

と、3月4日のブログにあります。
山本議員は4日、参院予算委員会で、韓国が占拠中の島根県・竹島について前原外相らに「不法占拠」かどうかを執拗に聞き、約20分間で審議が10回以上中断したとのことです。
これに対して、前原氏と枝野幸男官房長官が「法的根拠のない形で支配されている」と答弁。同じ答弁が計15回繰り返され、山本氏は「自民党政権は不法占拠と言っていた」と非難したそうです。

恐らく山本議員のブログでのひと言は、この質疑について言っているのだと思いますが、「山ほどのクレーム電話をかける民主党支持者」とは日本人でしょうか?
まともな日本人の「民主党支持者」であれば、竹島が韓国によって不法占拠されている事実は否定できないでしょう。もしかしたらこの支持者は、韓国籍あるいは朝鮮籍の民主党サポーターかもしれません。民主党では代表選に一票を投じることのできるサポーターに国籍要件を設けていませんから可能性としてはありえます。

民主党を取り巻く、こうしたいろいろな出来事をつなぎ合わせてみると、民主党と朝鮮半島がいかに特別な関係であるかが想像できます。日本と朝鮮半島には拉致問題、竹島問題など外交的に非常に困難な問題があり、そうしたことを考えると今の民主党政権の外交はあまりにも危うく不安です。

前原大臣の献金問題は今後も広がりを見せるかもしれませんし、蓮舫大臣、野田大臣の政治とカネ問題も浮上してきましたので、もう菅政権は終わりかもしれません。

以前、小泉元首相の秘書官だった飯島勲さんが入閣候補者の身元調査(いわゆる身体検査)を徹底的にしていたことを考えると、民主党政権の閣僚たちの身体検査はどうなっていたのだろうと思います。(あ、菅首相自らが怪しいんでしたっけ…)

今の状態は自民党政権だったら内閣が吹き飛ぶレベルでしょう。マスコミの追及があまりにも民主党に甘いと、心ある国民は本気で怒りますよ。

|

« 強気の民主党と自民党の作戦 | トップページ | 外相辞任は当然 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51034298

この記事へのトラックバック一覧です: 閣僚の身体検査はやっているの?:

« 強気の民主党と自民党の作戦 | トップページ | 外相辞任は当然 »