« 土肥氏はどこの国の議員なのか? | トップページ | 不安でテレビのスイッチを切った »

2011年3月13日 (日)

日本は自然災害国

このたびの東北地方太平洋沖地震により、被災されました皆様に対しまして心からお見舞い申し上げます。

テレビに映し出される被災地の状況には言葉もありません。一人でも多くの方々が救出されることを祈っております。
あまりの悲惨さにブログを書く気力も失せていましたが、その間色々なことを考えていました。
今回の災害は千年に一度ともいわれるものだそうですが、元々日本は台風、地震、洪水など自然災害が多い国ですよね。そのため、今回のような大規模なものは別として、ある程度の規模の災害への備えは他国に比べれば相当できていますし、国民も少しくらいのことでは動揺しません。
それが当たり前のようになっていたかもしれませんが、実は長い間かけて築かれていたものだったということが今回の災害で気づかされました。防災ダム、防潮堤、耐震補強等々、日本全国に作られた防災施設は、過去の災害の教訓を活かしたものです。
防災工事のおかげでその後の災害を完全に防げた場合、あるいは、完全とまではいかなくても被害を最小限にとどめることができた場合など、その効果は様々だとは思いますが、安全度が向上する毎に、国民の意識としてそれが当たり前のようになってしまったのかもしれません。どうも民主党はその安全が当たり前のように存在すると思っていたところに落とし穴があったようです。
今、民主党を批判するよりも、しっかりと今回の災害対策に取り組んでいただきたいと思っていますが、『コンクリートから人へ』の『コンクリート』の部分は当たり前のように存在しているものではないことだけは学んでいただきたいと思います。
先ごろ行われた行政刷新会議で「スーパー堤防」の事業が廃止判定になりました。各種耐震補強関連の予算も減らされたようです。もちろん、どう見ても無駄な公共事業は廃止する必要があります。また、千年に一度しか起こりえない災害のために百年、二百年かけて莫大な予算を費やす必要があるのか等、様々な意見があると思います。「スーパー堤防廃止」の議事録は全文読みましたが、なかなか難しい問題だということは理解できました。
確かに、諸外国に比べて日本の公共事業費の割合は高いでしょう。しかし、日本はこれだけ自然災害の多い国です。岩盤の上に立っている地震も津波も無い国と比べれば、必然的に防災に関する公共事業費の割合は高くなります。すべてを費用対効果で割り切ってしまってよいものかどうか、政府は考え直すいい機会ではないでしょうか。
と、今そんなことを言っても仕方ないですね。政府もかなりパニックになっているようですが、日本人ならこの困難をきっと乗り越えられます。菅首相はそんな国民を信じて気力を振り絞って頑張っていただきたいです。

|

« 土肥氏はどこの国の議員なのか? | トップページ | 不安でテレビのスイッチを切った »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お久しぶりです。

宮城県と福島県に住んでいる知人から、無事とのメールが来て、安堵しました。
一人でも多くの方が助かるようにお祈りしています。

投稿: M・M | 2011年3月15日 (火) 18時29分

>M・Mさま
こんばんは、お久しぶりですね!
M・Mさまもお知り合いの方々もご無事で何よりです。
私は祈ることしかできませんが、日本人はこの国難を必ず乗り越えられると信じています。

投稿: minori | 2011年3月15日 (火) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176106/51112386

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は自然災害国:

» 福島第一原発、放射能漏れ [虎哲徒然日記]
「チェルノブイリにはならない」という意味では最悪ではないが、それを除けば過去最悪レベルの事例になるのは確実なようだ。 いまだに、福島第一原発では原子炉が制御できていな ... [続きを読む]

受信: 2011年3月15日 (火) 19時37分

« 土肥氏はどこの国の議員なのか? | トップページ | 不安でテレビのスイッチを切った »